So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Malaysia-Singapore Second Link @Singapore [Singapore]

IMG_6004.jpg

―DAY5―  6月21日

赤道近くの国は6:30というのにまだ夜が明けておらず、闇に覆われたままだ。

静かに友人宅を後にし、暗い歩道を歩き、始発駅からMRTに乗り込むと車内は意外にも満席状態だった。
ガラガラを予想していたので少しばかり気後れしながら、空いている席を探し、腰を下ろすと、
駅を重ねるごとに人が増え、車内は満員電車へと変貌していった。

通勤ラッシュを嫌ってか、あるいは涼しい時間帯に通勤したい、というセンシティブな通勤者だろう。
これからオフィス近くであるいはデスクの上で、かつての自分と同じように朝食を食べるのかもしれない。

『Paya Lebar(パヤ・レバ)』駅で降り、『Tanjong Katong Rd.(タンジョン・カトン通り)』を歩く。

メールに書かれていた『Tanjong Katong Complex』はあっさり見つかり、出発前の不安は少し解消された。
JBやマラッカに行く『Queen Street Bus Terminal(クイーン・ストリート・バス・ターミナル)』と違う場所を
メールで指示されていたので、迷うことも想定して、早く出てきたのだが、
8:00出発のバスまで1時間近く余っていた、少し気合が入りすぎたようで。

ちなみにマラッカへは4時間、KLは6時間ほどのバス旅、以前、こんな感じでマラッカを訪れている。
https://delfin.blog.so-net.ne.jp/2008-06-24 (マラッカ紀行)

IMG_5847.jpg

その名の通りのコンプレックス・モールの中に進むと、小さなビルの中は休眠状態で薄暗い。
中では小さなスーパーが営業しているだけで、茶店かカフェで朝食を、という目論見はあっさり崩れ去った。
さらには辺りを見回してもバス会社らしく物影やカンバンなどがなく、
消えかけたはずの不安はふたたび首をもたげてきていた。

そのスーパーで朝食用に車内で食べられるパンと飲み物を調達し、レジのオバチャンに問いかける。

「KL行きのバスって、どこから出るの?」

「ねえ、KLのバスだって、アンタ知ってる?」

オバチャンは知らないらしく、品出ししているオヤジサンに声高に問いかける。

「ああ、アッチじゃねえか、たしか」

忙しそうに働くオヤジサンは別の出口の方向を指さし、そう答えた。

「アリガトネ、探してみる」

時間はたっぷりあったので慌てはしなかったが、小さなモールにバスの気配がないことが不安を掻き立てていた。

IMG_5853.jpg

再度メールをチェックしたものの、指定の場所も住所も間違えてはいない。
さらには早朝のモールには人影すらなく、尋ねる相手もいないので、
呆然とモールのタクシー回しでバスを待っているしかない状況になんとも落ち着かずにいた。
いてもいいはずのバス待ちの人もいないため、シビレを切らしてメールにあった電話に問い合わせを入れた。

オペレーターの女性は「そこでいいのよ、バスは時間に行くわ」と告げ、素っ気なく通話を終えた。

なにしろ出発場所の表示もなければ、バス会社のプレートもなく、バスを待つ人もいない、
あるのは不安要素だけ、という状況下で、エアコンの効いた出入口のガラス越しにバスを待った。(写真2)

IMG_6027.jpg

ショッピング・モールのムダに広い駐車場の奥には大型バスが数台止まっていて、ドライバーが休憩している。
ジッと座っていても不安が募るばかりでやりきれなくもあったので、歩み寄って教えを乞うた。(写真3)

「『KKKL』のバスってここでいいの?」

「うちの会社じゃないからわからんなあ」

ドライバーは煙草をふかしながら、悪気なくそう答えた。
その後も清掃のおじさんやキャリーバッグを引くアラブ系男性に尋ねたものの、
クリーン・ヒットの回答は得られないまま、時間だけが過ぎていった。

IMG_5859.jpg

駐車場の大通りに面した側では時折、バンやバスが停まっては誰かを乗せて走り去っていく。
現場や会社に向かう送迎バスのようでもあり、それがKL行きのバスのようにも見えてくる。

遠目でそれを見ながら、「乗り場を間違えていたら、置いていかれただけ」、
「1500円でオモシロネタを買った、と思うしかない」、
と8時を回った時計を見ながらそんな風にも考えはじめていた。

するとその時、広い駐車場の外郭に大型バスが停車した。

デイパックを肩にモールの出入口から駐車場の端まで走る、外気はすでに東南アジアの暑さ満開だ。
それらしいバスが来ているのに見過ごして置いていかれた、となると癪なので、考えることもなく走った。

IMG_5856.jpg

「これって、KL行き?」

息を切らし、バスに駆け寄りながらチケットをひらめかせて見せる。
バスにはネットで申し込んだ会社のロゴ「KKKL」が大きく記されている。

「そうだよ、乗って」

8:05にやって来たバスは汗だくの1名を乗せると、遅れたことを悪びれることもないまま、走り出した。
車内は今かいた汗が凍りつくぐらいエアコンが効いていた、乗客は6~7名おらず、エアコンの効きも格別だ。
途中、乗客を追加することもないまま、シンガポール国内を北に走り、国境に到着した。

IMG_5865.jpg

どうやら着いたのは西側の新しい国境『Malaysia-Singapore Second Link』のようだ。
今までのウッドランドとジョホールを繋いでいた『Johor-Singapore Causeway』が飽和状態となり、
西側に増設された新しい橋の国境だ、通称『セカンド・リンク』と呼ばれる。

新しく造られたため、通行料金が高く、利用者が少ないらしい。(写真5)

後で調べてみるとバス$5,6と$0,9、乗用車が$4,6と$1,2、新と旧で4倍も違うのようで。
10名も乗ってないバスで元取れるのかよ、といらぬ心配をしつつ、国境渋滞のないことに感謝した。
なにせ週末ともなるとウッドランドの渋滞はまったくヒドイ状態で、バスを降りる乗客たちとともに、
歩いて越境し、そのままバスに戻らず、2つの国を隔てる堤をJBまで歩いてしまった経験があるぐらいヒドイ。
https://delfin.blog.so-net.ne.jp/2008-06-22 (徒歩で国境越え)

8:40、一旦バスを降り、まずはシンガポールの「出国手続き」、そして先で待っているバスに戻る。
バスで国境の橋を渡った後、また下車し、今度はマレーシア「入国手続き」を行い、バスへ戻る。(写真6)
お定まりの乗り降りを繰り返し、国境を後にしたのは9:05、
旧国境に比べるとウソのような所要時間、出入国の審査場には行列すらできていなかった。

快適に国境を抜けた後、10:45のトイレ休憩までバスは休まず走り続け、優雅な睡眠を保つことができた。

11:10、郊外の大きなドライブインでトイレ・ストップをこなし、出発、(写真7)
13:50、ニョキニョキ生えた近代的なビルと激しい渋滞の出迎えでどうやらKLに着いたことが分かった。

IMG_6021.jpg

渋滞のさなか退屈そうなドライバーに「チャイナタウンのそばで降りたい」と告げると、
「もう降りちまいな」と素っ気なくアゴで示され、少し動いたところでドアを開けてくれた。

するとそれを待っていたかのように数人の客が荷物を抱えて降りていく、
そんな彼らに続いて慌ててバスを降りてみたものの、ここがどこだかまったく判らず、頭真っ白旅行者推参。
それはそうだ、KLは来たことがあるといってもバス・ターミナルしか知らないのだ。

覚えがあるらしい他の客たちは早々に消え去っていた、なんだか今日はよく戸惑う日だ。


FC2 Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★

ValourGo トラベルボトル シリコン製小分けボトル 詰替(89ml/4個入り/化粧品容器2個付)

miyoshi co.,ltd MCO 折りたためるトラベルケトル 500ml 電圧切替式 携帯便利 ホワイト

SHiZAK 3本セット アトマイザー スプレーボトル 携帯 12ml (ピンク、ブルー、シルバー)

HULISEN たためるケトル 折りたたみ 便利な携帯 1.2L  シリコンロート (レッド)

LANMU 旅行ボトル トラベルボトル 6個セット 小分けボトル 30ml 乳液 洗剤 詰め替え用


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

Water Way Point @Singapore [Singapore]

IMG_6100.jpg

―DAY4―  6月20日

友人はガイドの仕事へ、奥さんは用事があるとそれぞれ出かけて行った。

家事をするお義母さんを横目に、こちらは心地よい風が抜けるリビングで子守りを担当、
風が吹き抜けるリビングで子供とミニカー遊び、幸いオトコのコなので気を使うことないのが助かる。

クルマ遊びに飽きてくるとタブレットを取り出し、電源を入れろといわれ、
起動すると当たり前のようにお気に入りの動画を見ている、この年からタブレットもおもちゃ。
ケーブルTVのお気に入りチャンネルも彼が覚えているので、こちらはリモコンを操作するだけ、
この日本人はもっぱらベイビー・ボーイのリモコンのリモコン的存在。

実はお義母さんの家事も料理だけ、掃除や洗濯は「アマさん」と呼ばれるお手伝いさんが担当している。

古くから共働きが当たり前で、外食が通常化しているこの国では家庭に「包丁がない」ことは当たり前、
作るよりもテイクアウトがラクで片付けの手間も必要なくなるから、「包丁」自体が不用品の扱い。

IMG_5826.jpg

朝食は職場近くでトースト&コーヒー、ランチは近所のホーカーズに食べに出て、
帰りには好きなものを打包(ターパオ=テイクアウトのこと)して、家で皿に開けて食べる、
と三食すべてが外食でもシンガポリアンにとってはなんのフシギもない。
ホーカーズや屋台メシはモチロン、レストランでもテイクアウトできないメニューはない上に、
作ると片付けるの両手間が省け、自炊するよりも安いのだから、包丁がなくなるのは自明の理デスネ。

この国で働いていた時は9時にオフィスにいくと、希望する人を取りまとめ、誰かが電話。
すると数十分後に1階にある店から「カヤ・トースト」と「コピー(コーヒーのことね)」が届けられる。
確かこのセットで$3(当時210円ほど)しなかった、ツケ払いで月末に払っていたっけ。

初めの頃は上司にならって「ハム&チーズ・トースト」にしていたのだけれど、
東南アジアならではの甘ったるいコーヒーとのヘビーなコンビネーションでは「デブ満載」と思い、
「カヤ・トースト」と「コピー・コソン(コーヒー・砂糖抜き)」に変えてもらったな、ああ、懐かしい。

そういえば給与のほかに「ランチ代」が支給されてましたな、シンガはそういう会社が多いようです。

IMG_5838.jpg

共働きがホトンドのシンガポールではお手伝いさんを雇うことが当たり前。
住み込みの場合と通いの場合があり、大概はエージェントを通し、雇い入れる。
費用は月2~4万円ほどでインドネシアやフィリピンからの出稼ぎ女性がこの職に就いている。
この他国からの「出稼ぎ組」は週末となるとデパート前に陣取っている、観光中に見かけた方もいるのでは。
なにせデパート前は涼しいからね、そこでプチ・コミュニティ形成というワケ。

シンガポリアンにとっては小さいときから家にアマさんがいて・・・というのが当たり前なのだが、
日本人からするとこの「お手伝いさん」という存在がなんとも違和感タップシ。
友人宅で雇い入れているのだから、客人として同じように振舞えばいいのだが、
コーヒーひとつ頼むのもぎこちなくなってしまい、自分で淹れたほうが気楽だったりする。
元来、人に頼むより自分でやるクチなので、さらにね。

そんなこんなでお母さんが戻るまで子守りタイム、心地よい風とともに。

IMG_5813.jpg

母親が戻ってくるのを待っていたかのようにベイビー・ボーイはお昼寝タイムへ、
リビングが静かになったのを見計らって、お義母さんの手料理で我々はランチタイム。

淡い味のトマトのスープが絶妙、日本ではあまりこういう調理法でトマトを食べないものね。(写真4)

午後になり、日差しも戻って来て、暑さもやる気を出しはじめた。
高層階のリビングなので風は抜けていくのだが、出かけないことに罪を感じ、
エアコンの効いたカフェで仕事でもしようとモバイルPCを抱え、出かけることにした。
といっても駅の反対側に出向くだけだけど。

駅の反対側に「巨大ショッピング・モールができた」というハナシを友人夫婦に聞いてた。
デカイ、というショッピングモールを探索しつつ、電源もとれるカフェを探すことに。

IMG_5829.jpg

MRTノースイースト・ラインの終点でもある『ポンゴール』は、
駅前に大きなバス・インターチェンジがあるもの、小さなホーカーズとスーパーしかない郊外の住宅地駅。
そんな終着の駅に2016年1月「Water Way Point」という巨大ショッピング・モールが開業した。
http://www.waterwaypoint.com.sg/ (Water Way Point公式サイト)

シンガポールではバス・インターチェンジ(地下鉄とバスの乗り継ぎ点)があるMRT駅には、
駅ビル状態のショッピング・モールが取りついていることが多い。
世界的なファストフードのチェーン店のほかに、日本でもよく見る名前のショップのカンバンが並び、
フードコートがあり、スーパーがあり・・・、というのがある種パターン化しているのだ。

IMG_6052.jpg

MRTの駅からアンダーパス(地下道)を渡り、ウワサのショピング・モールへ。

想像していた以上にバカデカサイズでゴージャスなモールだ、366日来ない間にこんな変化があるとは。
見覚えのあるアパレルショップを眺めながら、レストラン街へ降りると、
「大阪」「北海道」・・・、見覚えのある地名が並び、
併せたように「丼」「鉄板焼き」「定食」とドコカの国でお馴染みの料理名のノボリが立てられている。
イタリアンやタイ料理店もあるのだが、半分以上は日本関連の店で明らかに「日本ブーム」を象徴していた。
しかも平日だというのにどの日本料理店もそこそこ賑わっている。

カフェを見つけては「電源が取れる?」と尋ね、いい答えを得た店でコーヒーをオーダーし、席に着いた。

IMG_5844.jpg

PCを広げ、仕事の連絡を済ませると、思いつきで浮かび上がった旅の算段をはじめた。
11日間の滞在でシンガに留まっているのもオモシロミがない、マレーシアに足を伸ばすのはどうだろう。
とはいえ、国境の町・JB(ジョホールバル)ではいつもと大差ないし、
世界遺産の町・マラッカには何度も足を運んだことがあるし、と思いつきも霧散しかけたが、
ふと「KLにでも行こうかな」というアイデアが湧いてきた。

KL(クアラルンプール)行きのバスが安い、なんてネタが、
シンガポリアンの友人との話しに上っていたことを思い出していた。

ほんじゃま、なんぼでいけますでしょ、と思って調べてみると、
曜日、時間帯によって異なるが、SIN~KLが片道$20ほど(≒1,500円)、
週末は出稼ぎや帰省客で値が上がるが、6時間の移動でこの値段とは。
https://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2016-06-22 (おんたいむKL)

IMG_5832.jpg

距離はだいぶ違うのにマラッカ行きのバスと大差がない、それだけ利用者が多いということか。
KLの安ホテルがRM60(≒1,500円)ほど、バスに合わせてKLに2泊しても悪くない。

トータル6,000円の海外旅行、ちょっとこれ、いいアイデアなんじゃない。

Water Way Point@Punggol

blogramランキング参加中!
blogramによるブログ分析

nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

こんなアタリに会うことも from Seoul [South Korea (Seoul)]

IMG_6238.JPG

水曜、帰国日のソウルです。

日曜から日差し全開、暑さも全開、日焼け大全開という真夏のソウルが続いてます。
降り注ぐ太陽は「ジリジリ」と音がしそうな感じで、街なかにありながら海水浴場モード、
道往く舗道の日向はもう鉄板上のサムギョプサル気分満開です。

こうなると地下の連絡通路、あるいはやたらと長い地下商店街にシェルターよろしく逃げ込むわけで。
もう「真夏のシェルター」、どっかのグループの新曲みたいだな。
実際にソウルの地下街には「シェルター」という表記がありますけどね。
多少の政治ショー的動きはあったものの、いまだこの国は「戦時下」であること、お忘れなく。

「韓国って、こんな暑かったっけ」と振り返ってみると、
去年の同じ時期にやはり「チェジュ航空」のプロモーション・チケットで飛んで来た際は雨だらけデシタ。
これソウルが暑いどうこうではなく、やっぱり異常気象の一端ですね。
https://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2017-07-09 (2017年7月のソウル)

そういえば「夏は惨くて、冬は厳しい」のがこの街の旅の評判だったっけ。
さながら「京都」のようだけど、さらには夏にはオイシイものも少なくなるので、
どうせキツイなら冬がオススメなのですよな、この国は。

といいつつ、シーズニングで旅している場合じゃないよね、昨今、旅の「羅針盤」は航空券次第。
500円のチケットじゃ、文句など言わない言わない。

IMG_6112.JPG
月曜の昼頃に『シンノンヒョン』の宿をチェックアウト、『カンナム』駅近くにある後半の宿に移動。

日曜深夜に「ワールドカップ決勝」をたっぷり堪能、おかげでちょっぴり寝不足状態でC/O。
リミットの11時を過ぎた頃、宿のスタッフに「マタくるネ」と韓国語で告げ、宿を離れた。

社交辞令でなく「駅から5分」「冷蔵庫」「専用シャワー・トイレ」「スツール」「ハンガー」
「デスク」「PCチェア」に「収納」もタップリという、ホトンド不足がない部屋でした。
カンナム・エリアということで警戒したけど、意外にも近所の物価は高くなく、
安食堂もたくさん掘り出し、ローカル・スーパーもきっちりチェック。

キッチンで「ご飯」と「ラーメン」「バンチャン」を好きな時に食べられるし、
2,000円のシングルルームとしては上出来上出来、あらたなる常宿発見かも。

気持ちのいい店や人に当たると少し気分が上がる、イキオイで『カンナム』駅まで歩いてみることにした。

午前中はまだ風が乾いていて心地いい。
900wの「マウル・バス」で宿の近所まで行けることは調べがついていたけど、
30分ぐらいの道のりなら歩いてしまおう、とコーヒー片手に南下街道。

蛇足だけどこの大通りを真北に上がると『ノンヒョン』、さらに進むと『シンサ』に続く、
ご飯より高いコーヒーが飲める『カロスキル』に歩いて行けるステキな距離に居たとは。

『シンノンョン』の駅をまっすぐ南に下り、『カンナム』駅から10分離れたぐらいで宿を見つけ出した。

宿が駅から離れているので、事前スタッフが画像やバス番号を送ってくれている気遣いを見せてくれていた。
「シンノンヒョンから」と書いたところ、道順をあらためて送ってきてくれたり、アドバイスくれたり、
訪問前からそういう対応をしてくれるところがありがたかったのだ。

実際に宿泊すると英語は通じないもの、こちらのカタコトともいえない酷い韓国語に付き合ってくれ、
部屋は「冷蔵庫」「スツール」「ハンガー」「デスク」「PCチェア」とほぼ同点、
「TV」だけなく「シャワー・トイレ共用」だが、2,5畳とちょっとだけ広い。
キッチンの「ご飯」と「ラーメン」「キムチ」体勢はこちらも万全、さすがコシウォン、という感じ。

金額は数十円しか変わらないので、現地ウォン払いだと同額、
駅から近い狭い部屋か、駅から遠い広めの部屋か、ど~っちだ、なんて迷うところ。
とまあ、そんな感じで見知らぬ宿選びで遊んでおります。

火曜日はこれまたSNSでソウル・ミーティングした方と数年ぶりのソウル再会。

世間は連休らしく、ちょうどソウル入りしているというのでランチ合流することに。
「某番組で紹介されていた」という「骨付きサムギョプサル」を目指し、
『ヤクス(薬水)』の駅で待ち合わせ、貴重なグルメ情報はもちろん先方の提供。(写真1)
https://www.konest.com/contents/gourmet_mise_detail.html?id=19188 (クムデジ食堂・コネスト)

お気に入りの「モクサル」も忘れず、3人で楽しい会食、おかげで一人旅では食べられないもの、イケました。

IMG_6275.JPG
食後はそれぞれの予定に分かれ、こちらは『薬水市場』を訪ね歩いた。

けど、なんにもないナンニモナイまったくなんにもナイ、
「伝統市場」に指定されたエリアなんだけど恐ろしくなにもない。

駅前で見つけた「JUICY」でキウイ・ジュース片手に歩いたもののあっさり肩透かし。
暑さと失望で気を失いそうになったので、バスに飛び乗り、『COEX』に南下したのでした。

今回は15:05の午後便なので、チェックアウトぎりぎりまで居て、
昼過ぎに仁川空港に着いて、ラウンジでのんびりランチタイムを決め込むつもりが・・・

そんなこんなで滞在日数はすぐに費やされ、帰る日まで旅はいろいろあるもので。

18, JUL. 2018@ICN


「CC ゲストハウス No.2」の口コミをチェック!

週末限定!ソウル行き航空券 2,000円引きクーポン配布!
Blog Ranking ≪旅行部門≫ をチェック!★
ポチっと ≪海外一人旅ランキング≫ をチェック!★
読み終わったら ≪海外旅行ランキング≫ をチェック!★
blogramランキング参加中!
出発前の空港、みなさんはナニして過ごしていますか?
免税店をウロウロ? カフェでセカセカ? 搭乗ゲートでイライラ?
「格安航空券」だろうが「LCC」だろうが、
各空港のある『ビジネスクラス・ラウンジ』でゆっくりビールやワインなんていかが?
【プライオリティ・パス】があればそれが可能、情報詳細は↓コチラをご覧ください。
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2010-03-17

「カードの年会費10,800円は高い!」と思うかもしれませんが、
『ビジネスクラス・ラウンジ』の利用料は1回US$30ほど。
1度の海外旅行で日本出発時に1回、帰国時の空港で1回、往復2回ラウンジを使えるわけですから、
年間2度、海外旅行に出るとすでにモトは取れてしまいます。
空港によっては国内線でもラウンジ利用可能ですから、帰省時や国内旅行でも便利!

そのほかに「トラベルコース」を選べば、年2回の『手荷物宅配サービス』が付帯しますので、
単純計算で1,500円前後x2回分が浮いちゃいます。
国内も海外も旅行にこの1枚 さらに今なら入会時にポイントプレゼント、
初年度はこれだけでも会費を補えるので、試しに使ってみるのもアリです。
カードには最高5,000万円の『海外旅行傷害保険』&『国内旅行傷害保険』が付帯するので、
不安が多い海外旅行でも安心ですね。

実際に利用した各都市空港ラウンジの報告記はこちらのリンクから!
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-05-23 バンコク・スワンナプーム(BKK)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-08-16 マニラ・ニノイ・アキノ(MNL)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-08-20 シンガポール・チャンギ(SIN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-11-09 デンバー・インターナショナル(DEN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2014-05-06 ソウル・インチョン(ICN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2015-09-29 アブダビ・インターナショナル(AUH)
http://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2016-07-21 香港・チェクラップコク(HKG)


nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行