So-net無料ブログ作成

Ramadan Market @Kuala Lumpur [Malaysia (KL)]

IMG_6108.jpg

クエスチョン・マークを浮かばせたまま、飲み物片手にニギヤカな『ブキ・ビンタン』を歩く。

目的もなくブラついていると昨日夕食を共にした友人から「今夜はなんか予定ある?」と電話が入った。
「なにもない」と告げると、ナイト・マーケットに行かないか、とお誘いの言葉。
KLには有名なナイト・マーケットが数ヶ所あるらしく、そのうちの一つに行ってみないか、というハナシだ。

旅先の誘いには乗ったほうがいい、旅先では「次」はないからね、これまでの旅の経験則デス。
ただしお金が絡むような誘いにはご注意を、モチロン見ず知らずの人の誘いには乗らないように。

LRT GIF.gif

仕事場まで来てくれないか、というので最寄りの駅を教えてもらい、
LRTに乗り込み、『Wangsa Maju』という駅を目指した。

この駅、KL中心地の北側にあるのだが、『ブキ・ビンタン』からはアクセスが悪く、
チャイナタウンに近い『パサール・セニ』に戻り、そこから北上していく形をとらなければならなかった。
(お好きな方はKLの路線図など検索してみてね。空港アクセスもLRTです)

IMG_6092.jpg

聞いた駅名だけを頼りに見知らぬ駅で降りると、クルマで迎えに来てくれていた。

「ゴメンネ、変な住宅街まで来てもらって」

駅から少し離れたところに彼女が働くカフェがあるらしい。(写真9・10)

「かまわないよ、こんなところに来るチャンスはないからね。
 それに元々、予定もないし、誘ってもらえてウレシイよ」

IMG_6097.jpg

「仕事ちょっと残っているから迎えに来たわ。夜マーケット行くけど、今マーケット見る?」

ナニを言っているのかわからなかったが、少し走るとクルマを路肩に止め、歩くことに。
するとその先には広場があり、数々の出店が広がっていた。

「ナニ? コレ?」

IMG_6130.jpg

「『ラマダン・マーケット』よ。この時期だけの」

「おお~」

イスラム暦なので毎年変わるが6月のこの時期はイスラム教の「ラマダン」=断食月にあたることが多い。
「断食」というと「絶食」をイメージするが、「ラマダン」は日中はなにも口にできないが、
日没後には家族揃って、『Buka Puasa(ブカ・プアサ)』という食事をとるのが通例だ。
そういったモスリム(イスラム教の人々のこと)に向けての臨時マーケットに連れてきてくれたのだ。

IMG_6141.jpg

店先では調理の音と香しい煙がニギヤカしい、仮設テントを行き交うお客で沸いていてさらに興味が募る。
見たことない食べ物も多く、一軒一軒訪ね歩いて、食べ散らかしたくなる思いに駆られる。

「こういうローカル・マーケット好きなかなあ、と思って。でもドリアンはないけどね」

「へへへ、活気があっていいよね、食べたくなるし、写真も撮りたいし」

IMG_6139.jpg

「みんなここで買って帰って家族で食べるの。わたしたちも仕事帰りに買い食いしたりね」

彼女は中華系マレーシアンなので「ラマダン」自体は関係がない。

「へええ、シンガにはあまりないからこんなスタイルは知らなかったよ。あ! あ~あ!」

「どうしたの?」

IMG_6133.jpg

「いや、さっき『ブキ・ビンタン』でも出店が並びはじめていたんだ、これだったのか」

「夕方から」「食べ物ばかり」「イスラム系」…、店のデータはこの「ラマダン・マーケット」と同じだ。
繁華街で見た風景を説明しながら、ここにきて浮かんでいたクエスチョン・マークを消去した。

シンガポールにもモスリムはいるが少数派、「アラブ人街」に集約されているという感が強い。
しかしここマレーシアではその割合はもっと高く、色合いも濃くなるのだ。

IMG_6148.jpg

「いいねえ、今度はマレーシアンのガイド付きで見ることができるね、食べ物の説明よろしく~」

「通訳いらないでしょ! それと食べ過ぎないでよ、夜もマーケット行くんだから!」

「おっけ~ラ~(OK)、も~まんたいラ~(無問題)」

IMG_6158.jpg

こちらの軽口を聴き、ローカルのマレーシアンがマジマジと顔を見ながらすれ違っていく。

名も知らぬローカル・マーケットにカメラ片手の日本人、あるいは通報されるかもしれない。


アルク お得なキャンペーン

nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント