So-net無料ブログ作成

Fly to Dublin via Abu Dhabi @Abu Dhabi [Ireland]

IMG_3479.jpg

―DAY1― 9月27日

いつものように旅のきっかけは他愛なく決まり、なにげなくアイルランドに飛ぶことにした。

ロング・フライト対策に厚めの文庫本5冊を選び、Tシャツ3枚、パンツ3枚をキャスターバッグに捻じ込んだだけで、
夕刻、それも少し早めの時間帯の赤い電車に乗り込んだ。
成田発21:20発だったのでゆっくり向かえばいいのだが、帰宅ラッシュに巻き込まれたくなかったのでね。

最近はチケットの価格が旅の行き先を決めてくれる。
今回は春先に「エティハド航空」が「就航記念プロモーション」を謡い、
ヨーロッパ便にしてはかなり安いチケットを売り出したのでそれに飛びついたことで行き先が決まった。
いつもこんな風に思いつきと衝動が旅の動機だ。

IMG_3469.jpg

昨今、LCCはEU圏では長距離バスと天秤にかける移動手段のひとつとなり、廉売は驚きにすらならない。
アジア圏では群雄割拠、FSCとのパイの奪い合いで、現れては消え、消えては現れの栄枯盛衰を繰り返している。
アメリカ圏では賢く国内線に専念したため、波を被る形でFSC陣は経営が逼迫し、
そのサービスは共産圏に迫るようなレベルに至っている。
そんなマーケットを横目にゴージャスなビジネス・クラスを引っ提げ、すべてのパイを平らげようと、
独立闊歩の中東系航空会社が世界各地にその触手を広げてきているのだ。

勢いに乗っている「エミレーツ」「カタール」などを追随する形で、「エティハド」も日本路線に名乗り上げ、
その祝いの狼煙として安いチケットを売り出すことにしたようだ。
格安のチケットを探すにあたって、「新就航」のプロモーションってのは狙い目ですぜ。

「ETIHAD」とちょっと発音しづらいこのエアラインはアラブ首長国連邦(UAE)の国営航空会社、
「連合」を意味する名称だそうで、言語は違えど「U」ではじまる米系航空会社と大差のない名称ということ。

IMG_3470.jpg

イスラム圏への渡航経験はツアコン時代に4~5回エジプトを訪れたことと、
サハラを観たくてアルヘシラスから船でモロッコに渡り、3週間過ごしたことだけ。
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2008-06-02-2 モロッコ放浪

旅先として中東にはあまり琴線に触れてこない、というのがこちらの心情。
ああ、トルコもイスラム圏ですね、ここもツアーで4~5回周遊、あ、この間、バルカンの帰りにも立ち寄ったんだっけ。
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2008-06-06  トルコ紀行
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2015-03-05  バルカン放浪

ここではマレーシア、インドネシアは外しておきます、そういえばブルネイもイスラム圏ですね。
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2014-10-02  ボルネオ紀行

WK2 足らくらく フットレスト 足置き むくみ防止 GRAY 大きいサイズ

米アマゾン人気 ネックピロー 機内でラクチン インフレータブルクッション

ドクターショール フライトソックス M 男女兼用 足のむくみやムレ防止

Dream Therapy エアーネックピロー 洗えるカバー アイマスク 収納ポーチ付

SUREFIRE(シュアファイア) イヤーマフ ソニックデフェンダー プラス


アブダビに留まらず、そこから先のEU各国へのチケットを5万円前後で売り出していることに目が止まった。
EU圏へのフライトは総額で「7万円」程度が最安値のボーダーと踏んでいるが、
このところサーチャージのせいで7万円以下なんてのはもはや遠い過去の数字になっている。
総額で5万円を切る、なんてのは驚愕の「破格」、いやいや「奇跡」かも。
南回りだろうが縦回りだろうがおかまいなし、
なにせ格安チケットの定番「アエロ・フロート」でも5万を下回ることなんてことはないのだから。

サイト上でそんな「奇跡」のなかから「未踏の地」を探していると「ダブリン」という選択肢が浮き出てきた。

成田~アブダビ~ダブリンが総額で4,7万円(愕!)、いいじゃんアイルランド。
南回りは異常に時間がかかることは経験していたが、そのまま乗り継げるなら悪くはない。
沖縄に飛ぶのと変わらない値段でヨーロッパへ飛べるのだから、南回りもなんのそのでしょ。
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2008-04-06  南回り・バンコク経由ロンドン行き

ということで迷わずクリック、カード決済も速やかに終えて、12日間の旅確定。
ヨーロッパとは時差が関係するので、実際、現地で過ごせるのは9日間ほどになるのかな。

IMG_3472.jpg

東南アジアやアメリカ便が重なるこの時間帯、成田の第1ターミナルは人であふれていた。

幸いオンライン・チェックインを済ませてきていたので、
ごみごみしたカウンターの行列を尻目にボーディング・パスだけを受け取り、X-ray検査を済ませた。
階段を降りると同じようにわさわさと出国審査のレーンも混雑していたが、
それを無視するように右端に据えつけられた「自動化ゲート」で出国を済ませた。
誰も使っていないゲートを通り抜けていくのはちょっとした特権階級の気分、安チケットの人だけどね。

ざわざわした免税店を無視し、いつものように「Priority Pass」で『KALラウンジ』に滑り込んだ。

安チケットの人ながらビジネスクラスのラウンジを使えるのでこれまた特権階級の気分。
ハードな乗継便の旅を納得させる一番の理由は「価格」に違いないが、
トランジット先や帰国空港で「ビジネスクラス・ラウンジ」を使えることも大きな理由のひとつ、
見知らぬ空港で居場所がある、というのはホントに助かるし、長旅をほんの少しだが癒してもくれる。

IMG_3471.jpg

EY871は定刻通り出発し、現地時間3:20、『Abu Dhabi International Airport』に到着した。

スケジュールでは4:35が到着予定時刻だったので、1:15も早く到着したことに。
東京とアブダビの間には5時間の時差があるので、11時間のフライトを消化したことになる、
通常の所用時間なら12時間以上かかるということか、ムムム。
北回りならラクにヨーロッパに到着している時間、地球は丸く、やっぱり南回りは遠いのだ。

5時間のトランジットにさらに+1時間、タップリ時間はあったが、この時刻では街に出てもナニも期待はできない。

あわよくば「UAE」を渡航経験国に重ねようかと思っていたが、
暗闇の中、知らない国の知らない街を歩いてもしかたがないし、写真すら撮れやしない、
現地通貨も持ち合わせていないし、そのためだけに両替するのも、ねえ。
ということで、ダブリン行きの9:30まで空港内でおとなしくしていることにした。

深夜だというのにトランジット・エリアには人が多かった。

男性は白い「カンドゥーラ」を全身にまとい、「クゥトラ」を被っている人が多い。
家族連れの女性は多くが「アバヤ」と呼ばれる黒い衣装で、髪だけでなく、顔まで覆い隠している。
モスリムの服装は信心深いほど隠す範囲は多くなり、黒が強くなるという。
トルコだとその傾向はわかりやすく、イスタンブールだと全身黒尽くめの女性を見かけることは少ないが、
東のカッパドキア辺りまで出向くと、そのスタイルが当たり前のように増えていくのだ。

髪を隠す「ヒジャブ」だけの女性もいるが、やはり黒衣装の比率は圧倒的、
空港にいるだけでイスラムの本場に乗り込んできたことを実感していた。

IMG_3477.jpg

ターミナルを移動し、『AL DHABI LOUNGE』へ。

軽食をつまみ、仕切られた仮眠室の暗闇にあったリクライニング・シートに横になった、
6時間もあるのだから寝るには充分、仮眠にはタップリの時間だ。

周りの人を起こさないよう携帯のバイブで目覚めるとシャワーを使い、リフレッシュして、搭乗口へ向かった。


blogramランキング参加中!
読み終わったら≪海外旅行ランキング≫をチェック!★
ポチっと≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
FC2 Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★
話題の商品がお得に試せる【サンプル百貨店】

出発前の空港、みなさんはナニして過ごしていますか?
免税店をウロウロ? カフェでセカセカ? 搭乗ゲートでイライラ?
「格安航空券」だろうが「LCC」だろうが各空港のある『ビジネスクラス・ラウンジ』でゆっくりビールやワインなんていかが?
【プライオリティ・パス】があればそれが可能、情報詳細は↓コチラをご覧ください。
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2010-03-17

「年会費10,800円は高い!」と思うかもしれませんが、『ビジネスクラス・ラウンジ』の利用料は1回US$30ほど。
1度の海外旅行で日本出発時に1回、帰国時の空港で1回、往復2回ラウンジを使えるわけですから、
年間2度、海外旅行に出るとすでにモトは取れてしまいます。
空港によっては国内線でもラウンジ利用可能ですから、帰省時や国内旅行でも便利!

そのほかに「トラベルコース」を選べば、年2回の『手荷物宅配サービス』が付帯しますので、
単純計算で1,500円前後x2回分が浮いちゃいます。
国内も海外も旅行にこの1枚 さらに今なら入会時にポイントプレゼント、
初年度はこれだけでも会費を補えるので、試しに使ってみるのもアリです。
カードには最高5,000万円の『海外旅行傷害保険』&『国内旅行傷害保険』が付帯するので、
不安が多い海外旅行でも安心ですね。

実際に利用した各都市空港ラウンジの報告記はこちらのリンクから!
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-05-23 バンコク・スワンナプーム(BKK)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-08-16 マニラ・ニノイ・アキノ(MNL)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-08-20 シンガポール・チャンギ(SIN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-10-13 ヒューストン・G・ブッシュ・インターコンチネンタル(IAH)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-11-09 デンバー・インターナショナル(DEN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2014-05-06 ソウル・インチョン(ICN)
http://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2016-07-21 香港・チェクラップコク(HKG)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2015-09-29 アブダビ・インターナショナル(AUH)

nice!(69)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 69

コメント 4

しゅわっち

就航記念プロモーションって凄いんですね!
次回の参考にさせていただきます♪
ビジネスラウンジ♪良いですねぇ(*^^*)
by しゅわっち (2017-02-21 07:21) 

沖田 翼

初めまして。冲田と申します。

今回は、bit日記への訪問・niceありがとうございました。
また、機会があればよろしくお願いします。
by 沖田 翼 (2017-02-21 21:13) 

delfin

>しゅわっちさん

新就航の際は異常に安いですね~

ラウンジは国内空港も使えますので、
持っていると便利ですよ!!
by delfin (2017-02-23 02:34) 

delfin

>沖田 翼さん

こちらこそ、ありがとうございます!
by delfin (2017-02-23 02:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0