So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

一番暑い街を離れ to Busan from Daegu [South Korea (釜山)]

20190816_192405.jpg

土曜日、週末の釜山です、大邱(テグ)を経て、バスで移動してきました。

韓国で一番暑く「Dae-frica(ダ・フリカ)」と形容されている街、第3の都市でもあるテグ、
出迎えてくれたのは38℃の気温と照りつける太陽でした。

地方空港ならではのこじんまりサイズの国際空港に降り立ち、手際よく入国も済ませ、
観光案内所で宿周辺へ行くバスの番号を教えてもらい、空港前のバス停へ。
テグ空港は市内へのアクセスがダイレクトじゃないので、ちょいとメンドくさいのですね、
なので市内を無視し、市バスで宿まで乗り込む作戦。

日差しが刺さるバス停には人がおらず、みな離れた日陰に逃げ込んでる、
この日は日差しの「ジリジリ感」がスゴかった。

「401のバスはここ?」案内所で書いてもらった韓国語の停留所の紙を日陰にいたオバサンに見せると
「あなたの行きたい方は反対車線よ」と教えてくれた。
ネット情報より生情報が大事、スマホだけでも旅できるけどなくても旅はできる。

「アリガトゴザイマス」と韓国語で礼を言い、横断歩道を渡り、
日干しになる前に来てくれた401番のバスに乗り込むとキンキンのエアコンが心地よいこと。
アジアでありがたいのは乗り物や建物に入ってしまえば、殴りつけるぐらいエアコンが効いていること。
「28度」設定ってなんなんだ?

テグの市バスもソウルに同じく、英語のアナウンス付き、有名場所だと日本語もあり、不自由ナイネ。

ドライバーに尋ねることもなく、30分ほどで教えてもらった『テグ郷校(Daegu School)』下車、
バス停から歩いて3分ほどですぐ宿発見、宿探しで彷徨わずに済んだが、すでに汗まみれ。
前回も記しましたが、今回の宿は「チムチルバンつき」のアヤシイ安宿、
実際に訪れてみるとうらぶれ感丸出しの銭湯併設のモーテル、というと伝わるかなあ。


『サミック ジャン モーテル (Samik Jang Motel)』のレビューはこちらから

1階の女性風呂、2階の男性風呂を経て、3階に上がり、チェックイン。
受付のオババは素っ気なさ100%で出迎えてくれ、部屋を開けてくれた。

そこはもう「大正ロマン」というか「昭和エレジー」というか、室内の前時代感がすんごい。
それでも冷蔵庫、ドライヤー、エアコン、TV全部揃っているのはスバラシイ世界、Wi-Fi強いし。

荷物を置くなり、2階に駆け降り、即入浴。
銭湯に毛が生えたようなこじんまりのチムチルバンでしたが、
でっかい湯船は遠慮いらずの貸し切り状態、水風呂で火照ったカラダを冷やしきれるのがウレシス。

翌日以降のテグの空は台風の影響か、雲が多く、風が強く、街歩きの背中を涼しく押してくれる。
「東城路」や「半月堂」を彷徨い「西門」の夜市(写真2)をブラつき、
疲れはデカイ風呂で洗い流すの繰り返し。
漢字の地名は助かるわあ、といいつつ、
滞在した宿の最寄り駅は「コンドルバウィ」というモンゴル語みたいな名前だったりしました。

シアワセなことになぜかフロント前に最新鋭のエスプレッソ・マシン、
ボタンを押すとガリガリと豆を挽いてくれるタイプで勝手に利用可能、テグではカフェいらずの至福で。

とまあ、あいかわらず小さなことでヨロコビを感じている小さなオトコですが、
2泊の滞在なんてものはあっという間でさーね。

移動の8月15日、韓国は祝日というのをすっかり忘れてました、バス乗れるのか。

20190814_205048.jpg

12:30チェックアウトという奇妙な時間設定を大いに生かし、
最後までコーヒーを楽しみ、モノレール~1号線を乗り継ぎ、「東大邱駅」へ。
祝日なので車内は混雑、大荷物でスミマセンスミマセンと端に寄りながら20分ほどの移動、
こちらも車内は日本語アナウンスあり、T-moneyカードも使えるので韓国の旅は不自由しませんね。

韓国らしいメガサイズの「東大邱」の駅舎のデカさにオノノキながら、チケット売り場を尋ねると、
釜山までKTX=17,100w、SRT=15,600w、約40分、とのお達し、早いけど高い。
ついでに「SRTってなんなのさ?」と疑問符、
後で調べたら「第二の高速鉄道」らしいですね、乗ればよかったかな。

倍以上違うので当初の予定通り、隣接のバスターミナルビルへ行き、13:40のバス・チケット購入。
こちらは70分、7,200w、100kmの距離でこの値段って逆に安すぎ。

バスの乗客は20名にも至らず、帰省ラッシュの心配はナシ、ソウル発じゃなくてラッキーだったかな。

走り出した途端、前が白くなるほどの雨、あらら、テグったら別れの涙雨。
きっちり70分で釜山・ノポドンのバス・ターミナルに到着すると、雨はすっかり上がり、涼しい風が。
そのまま地下鉄で南下し、『東横イン・釜山駅2』にチェックインです。

ピーク・シーズンなのか、この週末やたらと宿が高く、金土は50%増しで安宿を探しあぐねる始末。
「最悪ドミで倹約か」とあきらめていたら、上記の東横インが3泊だとすんごい安くなるので捻じ込んだ、
1泊4,000円切っていたのでね、コイツはラッキー、まあ、ドミなら1,000円ですけどね。
お金はセーブできるけど、イビキやらノイズやらエアコンやら問題も多いわけで。

20190815_133248.jpg

ということで、これまた全部揃って不自由なしの『東横イン』でこいつを記してます、しかも朝食付き。
予定はといえば週末、嫁と子供を迎えに香港に飛ぶ釜山人とその前に食事するぐらい、
あとは市場をうろつき、「剥きニンニク」でも買おうかな。

いつものように「ナニもしない」をしに来ているので、いっそホテルから出なくてもいいかなあ。



nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

いってきます! Fly to Daegu [South Korea (大邱)]

20190813_113905.jpg

3連休の翌日、成田第1ターミナル「KALラウンジ」にいます、LCCなのに。

いつもは「飛ばない夏」なのですが、今年はLCCのプロモーション・セール様々で、
先月の「エアアジア」に続き、今月は「エアプサン」で大邱(テグ)と
やたらと「飛ぶ夏」、しかも連発、しかもお盆時期というタイミングで成田に出向いてます。

GW明けにエアプサンの「成田~大邱(テグ)便新就航セール」のプロモーションがはじまり、
テグ便を片道2,000円でゲット。
テグにそんなにいても仕方ないということで、帰りのフライトは釜山でアレンジ、
両都市はバスで70分&700円の道のりですからね。
こちらは3,000円でゲットし、1万円ちょっとの夏旅が完成デス。

航空券代金    5,000JPY(NRT-TAE 2,000+PUS-NRT 3,000)
燃油サーチャージ 1,000JPY
空港使用料    4,810JPY
日本出国税    1,000JPY
-----------------------------
合計     11,810JPY

【c】【公式】トリップアドバイザー

台風と嫌韓の隙間風を縫うようにして、普段寄り付かないお盆時期に空港へ。

3連休に4,4,6時間とたっぷりテニスに打ち込み、
シコタマ疲れた状態で早朝の赤い電車に乗って、成田空港に運ばれてきました。

3連休に連発するかもと言っていた台風はやってくることなく、相変わらずの出発運の良さ、
それよりも今回は「韓国、大丈夫?」といつも以上に周りに囃された、ナニガダイジョウブ?
空港閉鎖の香港じゃないんだから、なんなら「反日運動」そのものを見てみたいものです、アタチ。

みなさんダメヨ、TVのニュース丸呑みしちゃあ、
大使館前の「反日デモ」っていっても15~6人が座り込んでるだけじゃん。
というか、今回改めて、みんなTVは信用しているのね、って思いましたネ。

それよりもこちらと入れ違いで香港に嫁とベイビーを迎えに行く釜山人のほうがよっぽど心配。
週末ごとに空港でモメてますから、ってアッチのニュースは全然やらない日本のTV、
どちら方面に気を使ってるんでしょうね。
香港はかなりシリアス、「香港」がなくなるぐらいシリアス。

20190814_202057.jpg

ピークは過ぎたもののお盆時期ということで、成田空港はワサワサと混んでます。
普段、空港にあまり来ないような人たちでごった返しているので、
通路は塞ぐは右往左往してるわで、歩きづらいことこの上ない。
ぼーっと生きてんじゃねえよ、とバカデカイ頭で叫びたくなるところをグッとおさえ。

楽しい旅の出鼻をくじいても悪いので肩をすぼめ、小さくなって立ち尽くす人の合間を抜けて歩く。

救いだったのは、第1ターミナルのX-ray検査(手荷物検査)場がリニューアルされ、
なにやら最新式の美しいデザインのターンテーブルになっていて、これが早い速い。

じゃんじゃか荷物を流してくれるので「PC出して」とか「ポケットなにかありませんか」とか、
無感情な形式ばった問いかけもなく、人もドンドン流れていってスムーズなこと。

重ねて出国時には「顔認証システム」がやたらと普及しはじめ、
(成田ではさらに増設中、ひっそり暮らしていた「無人化ゲート」はナンだったんだろう)
こちらも列なく流れていき、出発前のストレスが一気になくなり、直でゲートに進める感が。

「出国税」とかボッタクるようになったからね、多少は改善されないとね。
もっともその金がどこに落ちているのやら、わからないけど。

エアプサンはLCCながら第1ターミナル利用、
各種ゲートをストレスなく通り抜けて、「KALラウンジ」でのんびりコーヒータイム。

20190814_164046.jpg

前回のホアヒンに続き、見知らぬ街「テグ」を目指します、「見知らぬ街を歩く夏」シリーズ。
知らない空港に降り立つのは不安と好奇心がない混ぜになり、ドキドキ感は満載。
すみません、ブログ更新はペンディングのまま、次の旅に出てしまうわけで。
https://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2019-07-06 おんたいむホアヒン

2019-08-13 11:55/14:20 BX115 NRT/TAE
2019-08-21 14:30/16:35 BX114 PUS/NRT

3連休のテニスで疲れ過ぎ、出発で早起き過ぎ、おかげで機内で気を失いそう。
事前にしたテグの安宿は宿泊者無料の「チムチルバンつき」という一風変わった宿なので、
ひとまず転がり込んで湯船に飛び込んでしまえば、疲れも洗い流せることでしょう。

国内旅行よりハゲシク安い海外旅行、「飛ばない夏」第2弾、いってきます!


【旅行用品ランキング 1位】送料無料 フットレスト 二足分けスタイル 進化版 足置き 飛行機用 オフィス 新幹線 車 夜行バス 機内持ち込み可 携帯用

【旅行用品ランキング 2位】マルチ変換プラグ 世界200ヶ国以上対応 USB2ポート付oタイプ cタイプ bf bfタイプ bタイプ USB 変圧機能なし

【旅行用品ランキング 3位】VENEX アイマスク ベネクス リカバリーウェア 睡眠用 安眠 快眠 疲労回復繊維使用 眼精疲労 旅行グッズ

【旅行用品ランキング
 4位】 変換プラグ付き 変圧機能搭載 電源タップ 延長コンセント 220V 230V 240V 海外対応 USB 充電器 大容量4.2A


nice!(19)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

Nameless Mosque @Kuta [Indonesia (Bali)]

IMG_6476.jpg

-DAY3- 8月31日

きっちり朝に起きだし、ホテルのテラス席でブレック・ファストを摂った。

インドネシア料理を中心にスクランブル・エッグやトーストが並ぶブッフェ・スタイル、
朝食にはめずらしいスープが用意されていたがジュースがない、というフシギな品揃え。
まあ、1,500円のホテルで朝食が付いているという奇跡にはなにも文句はない。(写真2)

午前中というのに太陽はやる気まんまん、尻尾を巻いてエアコンの効いた部屋に籠るのも残念なので、
貸し切り状態のプールで意欲的な水死体となって、積極的に水に浮かぶことにした。
しかし泳いでも潜っても日差しから逃げられず、熱中症でホントに水死体になりそうだったので、
やはり尻尾を巻いて逃げ出すことになった。

IMG_6606.jpg

昨日はすぐにビーチに飽き、エアコンの効いたモールに逃げ込んだ。

「クタ・ビーチ」に罪はありませぬ、
海に徒歩10分の距離に住んでいる身としてはビーチ自体にありがた味を感じないのデス、
なので、このブログもリゾートエリア情報が少ないのですね。

「クタ・ビーチ」に沿うように建つ『ビーチ・ウォーク・ショッピング・センター』、
このエリアで人気のショッピング・モールは2012年開業でまだキレイさを保っている。
おお~、観光客のみなさんはここにいらしたのね、というぐらい人が多い。

IMG_6582.jpg

エアコンの効いたモールは魅力的だったが、ショッピングには魅力を感じず、
見慣れたカンバンの既成の味にも触手を動かされず、汗が冷えたところで立ち去ることに。

その後も「バイク探し」の亡霊となりつつ、路地を歩いたが、
救いの手が差し伸べられることはないまま、夜は暮れていった。

IMG_6585.jpg

一番熱い時間帯、人のいないプールと部屋を備え付けのサンダル履きで行ったり来たり、
プールで煮えかけると、部屋で冷やして・・・、を繰り返した。

日差しが和らいだ頃、遅めのランチに出かけた。

ホテルの北側、歩いてほど近いの場所に「ワルン(屋台)」が連なるスポットがあるとのネット情報、
「ホーカーズ」みたいな感じなら楽しめるかな、と向かってみたが、
地図が示したその場所はスッカリ平らげられ、キレイにコンクリートが打たれていた。
ネットの情報なんてそんなものさ、って訪れたタイミングが遅きに失したか。

目標を失い、またまた空腹を抱えることになった、どうも喰いっぱぐれる旅だな、今回は。

IMG_6588.jpg

そのまま足を延ばし、さらに北側にある『カルフール』を目指すことにした。
ご存じアジアの各所でも有名なフランス系大型スーパーです。

道行きの途中、モスクの前でたくさんの女性が立ち話をしていた。
ああ、こんなところにモスクか、それにしても彼女たちはなにをと思い、歩みを進める。

インドネシアは90%近くがモスリム(イスラム教徒)、
ただしここバリ島はちょっと異質で、約90%がバリ・ヒンドゥーという宗教分布になる。
そのため、モスクの数もやや少なめ、貴重なモスクに出会ったことになる。(写真5)

IMG_6492.jpg

そんなことを考えていると、少しして建物から吐き出されるように子供たちが駆け出してきた。

それぞれの子供が吸い寄せられるようにそれぞれの女性に駆け寄っていく。
どうやらモスクの中に学校や保育所があるらしく、様々な年齢層の子供たちで一気にニギヤカになった。
どうやら時間帯的にお出迎えの時間らしいね。

モスク前にはお菓子の出店や饅頭売りのバイクがいる、どこの国も学校前の風景は同じだ。(写真6)

オモシロがって眺めていたが、サングラス姿に一眼レフ片手のこちらは明らかに異質な存在で、
子供たちは奇異と好奇心が入り混じった警戒心タップリの眼でこちらをうかがっていた。
こういう場合、気さくにアイサツして手でも振れば、多少警戒心を解いてくれるのだが、
インドネシア語で「こんにちは」がわからなかった、「Selamat Pagi」は「おはよう」だよな、確か。

IMG_6498.jpg

「コンニチハ」

サングラスを外し、おかまいなしに日本語でそう告げると、
お母さんの足にしがみつきながら、こちらを伺っている表情に少しの笑みがこぼれた。
お母さんは「ダイジョウブ、ただのヘンな観光客よ」と子供を前に出そうとするが、子供は動かない。

「Hello~」

試しに英語でアイサツしても、お母さんの足という安全地帯からは離れそうにもない。
お母さんと子供の日常を乱しても仕方ないので、お礼と会釈をしながら立ち去ることにした。
子供たちの写真を撮るのも気が引けるしね。
遠ざかりながら振り返って手を振ると、何人かの子供が手を振り返してくれる、邪魔してゴメンネ~。

IMG_6511.jpg

「カルフール」は中国人旅行者に占領されていた。

昨今、シンガポールやバンコクといった東南アジアの大型スーパーは、
大陸系旅行者御用達の土産売り場と化している。
ここも例外でなく、無秩序な行動と無節操な会話にうんざりするだけなので、
フードコートでランチを済ませただけで、早々の撤退を決意した。

足に任せ、レギャンまで出向いて、ふたたびバイク屋探しでもしますか。


スカイスキャナー
nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | -