So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

かえります! Fly from Busan [South Korea (釜山)]

20190108_131158.jpg

金曜夜の空港、KALラウンジ@釜山・金海空港です、帰国です。

年明け4日の金曜、衝動的にやっすいやっすいチケットを取り、3日後の7日月曜に出発、
その週の平日滞在ののち金曜に帰国便、という行程。
帰着は土曜深夜1時となるので、正確には6日間の行程ですが、正味は平日の5日間滞在。

平日ということもあり、前回見つけた釜山駅に近い気の利いたホテルに滞在しようと思い、
釜山人の友人に「7~11日で行くぜよ」と伝えると、
友人のお母さんから「無駄遣いせずにうちに泊まりなさい」とのお声がけ。

ありがたいお言葉にのっかって『チュンニョルサ(忠烈祠)』に近い友人宅の滞在へとスイッチング。

安ホテルは一泊2,500円ほど、5泊でも1、2万円ほどとエアと同等の金額、
両方併せ2,5万円の旅なら悪くないじゃん、と発作的出発を決めたんですけど、ここは甘えることに。
浮いた宿代で日本の胃薬やら肩こり薬やらサプリやらをドッチャリ買い込み、
Tシャツとパンツと文庫本しか入ってないキャスター・バッグに詰め込んで、友人宅に乗り込む形。



友人宅ながら「平日滞在」ということで、連日、仕事に行く友人とともに家を出て、
マウル・バス(村バス、100円バスのようなマイクロバス)~路線バスと乗り継ぎ、
『ソミョン(西面)』のバス停に降り立つと、アイサツ交わし、それぞれの方向へ。

おじいさんは山へ芝刈りに、じゃなくて友人は仕事へ、わたしはカフェに籠って書き仕事。

仕事なら家でやればいいじゃないか、というオハナシですが、
家に籠って仕事していると家から出ないわ、歩かないわ、人と話さないわ、でもう鬱々な状態に陥るのですね。
釜山まで行ってナニしてるんだか、家の近所のカフェでもいいじゃん、というオハナシですが、
町内、県内、国内じゃ、事情も通じているので、ダメヨ~ダメダメ、ダラけの虫が騒めくのですね。

言葉も通じない国に我が身を放り込むと制限かかり、融通利かなくなると、
脳が活性化されたような気になるし、近所のファミレスよりかは刺激的。

あいもかわらず街のカンバンは読めなくて、軒を連ねる食堂はなんの料理屋かもわからない。
メニューもわからないまま、座って料理名を告げると「それ、ないよ」と言われてみたり、
道行くカップルがなんで揉めているのかはわからないけど、ケンカしていることだけはわかったり、
車内で大声で話すアジュシも煩わしい張り紙も、意味が分からないこそストレスにならなかったり。
先日のロシアでも同じような状態、それでも少しでも情報を得ようとアレを見たりコレを見たり。

言葉がわからない環境に嵌まり込むと他の観察眼を研ぎ澄ますしかないからね、それが刺激的でもあり。

20190108_195800.jpg

そうそう、ご存知でした? 車内のケイタイがイラつくのって、片側(車内の人)の会話しかわからないため、
会話の連続性が途絶え、不快感が増すんですって。
その点、知らない外国語だと、片側の会話すらが意味不明なので、ストレスを感じないんですよね。
車内で大声で電話する韓国アジュマも微笑ましく思える寛容さが己の身についたのかと勘違いしちゃう。

昼時になるとフラリと食堂に足を向け、ビジネスマンと肩を並べ、ローカル・フードに舌鼓。
スーツ姿で混んでいる店はハズレなしの法則健在、
名物料理的なものは食べてないけど、おいしいものにはありついてます。

誰かが食べていたら、メニュー読めなくても注文できる反則技も使えるのよん。

この街はソウルのようなワサワサ感もなく、人もあまりピリピリしていない気がする、
南の風土だからか、街のサイズが小さいからか、その答えはわからないけど居心地がいいことは確か。

時にはローカル市場をうろつき、出店で地元のおばちゃんと肩を並べ、オデンに齧りつき、
ホットックが焼けるのを待って、大学生カップルと譲り合ったり、
特に特別なことをするわけでもなく、なにをするわけでもなく。

ちょっとだけ地元の生活に割り込んで暮らしてような気分、じんわり心に染み込んでいくのです。

世界遺産を見なきゃならないわけでもないし、
ガイドブックにあった名物料理を食べなきゃならないわけでもないんだよね。



あ、そうそう、マーケット・ウォッチャーとして旅のアドバイスです。

旅行商品の基本として「安いものには『理由』がある」ことをお忘れなく。
平日フライトだけ、ホテルが駅から遠い、免税店回る・・・、わかったうえで上手に使いこなしましょうね。
無理難題を言えば「値」は上がります、だってその手間賃で商売しているんだもん、代理店って。

お金かけたくなかったら、自分で探して自分で行って自分で歩く、そんな場所には思いもヒトシオ。

いい思いをしたいなら「それなりのお金を出す」か「自分で苦労する」かのドチラか。
残念ながら旅行は等価交換、払わなければ返ってこないし、動かなければ戻ってこない。
満足の度合いは「お金分」か「苦労分」の量によって決まります。
アナタにはTVカメラもついてきませんし、コーディネーターも同行していないことをお忘れなく。
TVの旅番組のような旅はできませんから。

コストはかかるけど、ガイドさんをチャーターすれば、ローカルのきっとシビれる店を教えてくれるでしょう。
自分で一つ先の路地に踏み込んだら、驚きの景色が広がるかもしれない。
お金があろうがなかろうが、自分の「旅」を探し当てて行きましょうね。

レールの上を行くのはそれは「旅行」、行程こなすために飛んでいるの? とならないことを祈ります。
今、この時間、この場所にいるんだなあ、もうそれだけで満足できる旅先の時間をもってください。
「XXしなちゃ旅」はもうやめましょうよ、あなただけの風景、空間、時間を探し当てましょ。

ってブログとしては、テーマのない旅ばかり綴っていて、失格ものですね、こいつは。

ap gif01.gif

早めの夕食を済ませ、19時半に週末でニギヤカな『ソミョン』を離れ、金海空港へ。
小一時間で空港にたどり着くと、「チェジュ航空」のチェックイン・カウンターはガラガラ、
こちらがアセるぐらい人がいない、どうやらこのこの空港ラストのフライトに近いらしい。
と思ったら、手荷物検査と出国審査はちょっと混雑、
どうやらセブやらグアムやら南の島行きの便が重なるようで。

人混みを避けるように「KALラウンジ」に滑り込み、コーヒータイムと決め込んだ。
「なにもしないをしにいく」旅もこの辺でエンディング、静かなラウンジで旅を噛みしめるひと時。

着いた頃には日付が変わり、あとは平和島の湯舟に沈んで土曜の朝を待つだけです。



nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

いってきます! Fly to Busan [South Korea (釜山)]

20190107_140931.jpg

2019年初の月曜日、成田空港ターミナル3です、出発です。

4日金曜にチケットを取り、7日月曜に出発するというあいかわらずの発作的病的旅行者です。
2019年、一発目の旅はかなり衝動的に決めてしまいました。

みなさんは初売りでいいデモノを掴み取りましたか??
https://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2019-01-01 (各社初売り情報)

1月7日以降の発券から「出国税」がかかることは周知の事実、
まあ、1,000円ほどなので人生や旅が変わるほどの金額ではありませんが、
ウラジオストクなら2回ご飯が食える金額なので、節約できるものならしておきたい。

ということで、1月に飛べるチケットはないかなあと、
年末の〆切との格闘の合間のはけ口にアレヤコレヤとチケットを検索しておると
するとどうでしょう、7~11日というみごとな平日日程で、
チェジュ航空の安いチケットがドンブラコドンブラコと流れておりました。



こいつを紐でくくっておき、あとは年明けの「初売り」の状況を待つばかり。
するとどうでしょう、今年も初売りは「ツアー」ばかりで「航空券」はサッパリスッカリ、梨の飛礫。

正月の初売りチケットの値打ちものははるか遠く、2016年の正月以降、出会いはありません。
https://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2016-01-19 (初売りチケット)

4日の各社初売りを眺め、ため息をつききったところで、
一番安かった某代理店のサイトからこれを持ち帰り、ポチっと購入。
するとどうでしょう、総額1,2万円の旅が生まれました。

11月に訪れたばかりのプサンでしたが、安さには抗えず、購入を決断、
なぜかソウル行きは高いのです、いまだ韓国からの日本旅行者が多いのでしょうね。
おかげで「毎月ソウル」から「毎月プサン」に鞍替えしつつあります。

このところチェジュ航空のプロモーション・チケットも「700円」に上がり(笑)、
年明けの売り出しなんてリターン便は通常の値段設定、という惨いものでしたからね、
往復500円の味を知ってしまったので、それぐらいじゃあ、LCCのメリットを感じられませぬ。

20190107_221037.jpg

年末年始はテニスコートも休止状態で、家に籠っているしかない状態。
このままだと鬱々に拍車がかかりそうなので、おかしくなる前に自立して出立することに。

持ち帰った桃の中身はこんな感じ。

国際航空券 (大人)   5,500 円
国内空港施設使用料  1,540 円
海外空港税 (大人)   2,240 円
燃油付加料金 (大人)  2,600 円
取扱手数料 (大人)     0 円
=================
合計        11,880円

7日ともなると空港も平静を取り戻し、重ねて14時過ぎの便なので空港は極めて静かな情景です。

混んでいる空港には来たことない。
GW、盆、暮れ正月には出国しない性質、というか高くて飛べない。
この時期はツアコン時代から縁遠く、値が上がるので添乗員付きのツアーそのものも設定がないんですね。
なので、行列の空港ってTV画面でしか見たことない、そこしかお休み取れない方ごめんなさい。

2タミはヨーロッパ便が多いので、午前中が混み合います。
その2タミを経て3タミに向かうわけですが、ターミナル・バスのルートがちょっと変わってました。
一旦、空港の外に出ていたのがなくなり、移動距離短く、スパンも短く、回転よくなった。
前はバス移動よりも通路歩いたほうが早いときもありましたから、2ヶ月ぶりですがうれしい変化です。

20190108_130039.jpg

フライト・スケジュールはこんな感じ。

2019-01-07 14:25/16:55  7C1153 NRT/PUS
2019-01-11 22:10/01:00+1 7C1106 PUS/HND

+1で夜中の1時に到着する厄介なフライトですが、
リターンは羽田着、そこもちょっとオモシロイので挑んでみることに。
着後は平和島のサウナへ、空港送迎付きで3,500円、早朝深夜便の常道のようですぜ。
誰かあ~、この日に平和島温泉にいる旅人いない?? いたら声かけてね。

3タミは14時となるとほとんどのLCCが出切っているらしく、
X-ray無人、出国審査無人、免税店無人、とスルスル~っと搭乗ゲートまで来てしまいました。
いいなあ、スカスカ無人ターミナル、「行列嫌い」としては常用しようかな、このフライト。

サウナ込みでも1,5万円、あいかわらず安上がりな海外旅行、いってきます!



nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

С Новым счатьем! 2019 [日記]

IMG_8724.jpg

恒例の他国語での新年のアイサツですが、
久々の未踏国訪問となったをロシアの地・ウラジオストクにちなみ、ロシア語で飾ってみました。
「新しい幸せが来ますように」という言葉、キリル文字、まったく読めません、OK,Google.

このところ、チケットというかサーチャージの高騰でヨーロッパ方面はすっかり遠く、
2015年のアイルランド以来、サボっていた未踏国歴訪ですが、
久々に極東ながらロシアの地を踏みしめ、これで訪問国は57ヶ国を数えました。
https://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2018-11-26 (おんたいむウラジオストク)

そういえばいつから「ウラジオスとく」になったのでしょう、
長年「ウラジオスとっく」って表記していた気がするけど、「バングラでしゅ」と一緒かな。

外来地名ってけっこういい加減ですものね、「イギリス」「ドイツ」ってドコだ、って話。
日本だって「ジャパン」に留まらず、「ヤパン」「ハポン」「イープン」・・・、所変われば呼び方変わるデスネ。

昨今、海外旅行客は奮わない、といわれますが、渡航客自体は増加傾向、
若年層は海外に行かず、リピーターの頻度が上がるという状況のようで、
「卒業旅行」も過去の遺物になりつつあるようです。
LCCも一般化してきて、国内旅行よりも手軽になってきていることが常態化してきたかな。
使う人は過剰に、乗らない人は未だ「ダイジョウブなの?」なんていい続けてる。
JALやANAがどうして安心だといえるのだろう。

行かない人はまったく、行く人は頻繁に、という旅行愛好者層に乖離が生じているのでしょうね。
その「頻繁派」の2018年の旅の足跡はというと、

                    現地おんたいむブログURL
3月 ソウル&釜山           https://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2018-03-28
4月 務安(FAMツアー)        https://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2018-04-30
6月 釜山                 https://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2018-06-19
7月 ソウル                https://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2018-07-11
8月 チェンライ&バンコク        https://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2018-08-05
8月 ハノイ&ハロン湾(FAMツアー) https://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2018-08-20
9月 ソウル&釜山            https://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2018-09-04
11月 釜山                 https://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2018-11-13
11月 ウラジオストク           https://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2018-11-26
12月 シンガポール            https://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2018-12-10

という感じの2018年デシタ。
2019年、みなさんの行きたい国、土地、場所はどこでしょう、
書き綴ってくれるとウレシイです、情報提供ならお任せあれ。

IMG_8993.jpg

それを後押しするのが、恒例各旅行会社の「初売りセール」です。
ツアーは国内、海外ともに目玉商品がゴロゴロ、狙い時でしょう、
なにせ1月7日からは「出国税」1,000円が徴収されますが、
6日までの「航空券発券」ならこれを支払わなくて済むんですね。
10連休が見込まれるGWの旅も今のうちに決めちゃいましょう!

【HIS】 1月3日初夢フェア第2弾 3,000円引クーポン大放出

【JTB】 福春セール第2弾! 1月4日スタート!おみくじあり!

【エアトリ】1月4日より超新春キャンペーン第二弾スタート!お得なクーポン配布中!

【日本旅行】 1月4日発売! 海外目玉商品・国内目玉商品も!

【じゃらん】 1月8日スタート! あの人気ホテル・旅館が7日間限定でタイムセール!

【楽天トラベル】 スーパーGW

【クラブツーリズム】 新春初売り福袋企画! 海外も国内も!

【阪急交通社】 福たびフェア2019 初売り旅行・ツアー!

【ena(イーナ)】 新春初売りセール! 7日まで最大6,000円クーポン配布中!
海外格安航空券ena(イーナ)
【エクスペディア】 本日のお得情報=24時間限定の大特価 !

【楽天トラベル】 スーパーGW

【スカイスキャナー】 お得!簡単!格安航空券を検索比較


Booking.comで¥2,000の特典がもらえる!


初売りのお得な情報を掲示しましたが、個人的にはすでにLCCのチケットを3本購入済み。
航空券に関してはセールよりも早期購入が決め手のようで、昨年の時点で近場のアジアを確保。
初売りは国内、海外ともにツアーが狙い目ですね。

IMG_7923.jpg

さて、今年費やした航空券のコストはこんな感じ。

3月 ソウル&釜山           チェジュ航空500円プロモ+国内線=6,510円+8,000円
4月 務安(FAMツアー)       チェジュ航空・取材
6月 釜山               サプライス5000円割引クーポン利用=6,250円
7月 ソウル              チェジュ航空500円プロモ=6,510円
8月 チェンライ&バンコク       スクート9900円プロモ+国内線=24,680円+6,400円
8月 ハノイ&ハロン湾(FAMツアー) ベトナム航空・取材
9月 ソウル&釜山           チェジュ航空500円プロモ+釜山バス移動=6,510円
11月 釜山               エアプサン1,300円プロモ=10,090円
11月 ウラジオストク          オーロラ航空=33,000円
12月 シンガポール           中国国際航空=28,330円(サーチャージ値上がり前購入)

ざっくり計算すると航空券に費やした金額は136,000円、
ハワイでいいホテルに滞在するツアー並みのコストでした、バジェット・トラベルの本領かな。
繰り返し記してますが、国内線より安い金額で海外に飛べますからね、
現地のホテル代、食事代もアジアなら安いですし。
ウラジオストクなんかシングル・ルームが2000円ほど、1食500円かからないオドロキ物価、
ヨーロッパ・スタイルのカフェも200円でお釣りが来る、実は韓国より滞在費がかからない。

2018年は初売りがカラブリだったので、完全に下半期に偏ってますね、コレ。
務安、チェンライという知らない土地を訪れ、ウラジオストクで久々未踏の国をカウント、
知らない街角を歩き回る好奇心は満たしているかな。
その好奇心を満たすべく訪れたいキューバ、バルト3国、アイスランドは未だ踏み込めず、
上がる一方のサーチャージが障害になってます。

2019年、みなさんはドチラへ飛びますか。



出発前の空港、みなさんはナニして過ごしていますか?
免税店をウロウロ? カフェでセカセカ? 搭乗ゲートでイライラ?
「格安航空券」だろうが「LCC」だろうが、
各空港のある『ビジネスクラス・ラウンジ』でゆっくりビールやワインなんていかが?
【プライオリティ・パス】があればそれが可能、情報詳細は↓コチラをご覧ください。
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2010-03-17

「カードの年会費10,800円は高い!」と思うかもしれませんが、
『ビジネスクラス・ラウンジ』の利用料は1回US$30ほど。
1度の海外旅行で日本出発時に1回、帰国時の空港で1回、往復2回ラウンジを使えるわけですから、
年間2度、海外旅行に出るとすでにモトは取れてしまいます。
空港によっては国内線でもラウンジ利用可能ですから、帰省時や国内旅行でも便利!

そのほかに「トラベルコース」を選べば、年2回の『手荷物宅配サービス』が付帯しますので、
単純計算で1,500円前後x2回分が浮いちゃいます。
国内も海外も旅行にこの1枚 さらに今なら入会時にポイントプレゼント、
初年度はこれだけでも会費を補えるので、試しに使ってみるのもアリです。
カードには最高5,000万円の『海外旅行傷害保険』&『国内旅行傷害保険』が付帯するので、
不安が多い海外旅行でも安心ですね。

実際に利用した各都市空港ラウンジの報告記はこちらのリンクから!
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-05-23 バンコク・スワンナプーム(BKK)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-08-16 マニラ・ニノイ・アキノ(MNL)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-08-20 シンガポール・チャンギ(SIN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-11-09 デンバー・インターナショナル(DEN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2014-05-06 ソウル・インチョン(ICN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2015-09-29 アブダビ・インターナショナル(AUH)
http://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2016-07-21 香港・チェクラップコク(HKG)

Amazonの初売りセール、1月2日18時スタート!!

旅行用小物売れ筋ランキング1位 立体型睡眠アイマスク 軽量・究極の柔らかシルク質感 (フリーサイズ)

旅行用小物売れ筋ランキング2位 【Amazon.co.jp限定】 掃除機不要! 衣類圧縮袋 M・L 各5枚 10枚組

旅行用小物売れ筋ランキング3位 Luxebell・ベルト式吊り下げデジタルスケール LCC、宅配便に重宝!

旅行用小物売れ筋ランキング4位 海外旅行用変換プラグ 150国通用 USB充電ポート付き(US/UK/EU/AU)

旅行用小物売れ筋ランキング5位 米アマゾン人気 ネックピロー 機内ラクチン インフレータブルクッション


nice!(28)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | -