So-net無料ブログ作成

JEJUAIR 全羅南道 FAM TOUR -DAY2 順天~康津~木浦- [South Korea(全羅南道)]

IMG_5771.jpg

民俗村を後にし、1時間かけ、カンジン(康津)へ。

予定通り、昼食場所を目指し、走り続けたツアー・バンは小さな田舎町に到着、
信号もない素朴な大通りに止まった我々のクルマは辺りの注目を集めていた。
ドライバーいわく、韓国に5台しか入ってないらしいメルセデスなので、
ソウルのど真ん中でも大いに目立つようなクルマなのだ。

ちなみにドライバーはチャーター会社の社長、こいつを導入して一旗上げよう、との意気込みらしい。
15人乗りの真新しい車内は革張りのシートで埋め尽くされ、
壁面にはUSBソケットまで備わっていて、移動を重ねるこのツアーでも快適の一言。

IMG_5730.jpg

クルマを降り、曜日ごとに開かれるため、ひと気のない『兵営市場』抜けると、
路地の突きあたりに昼食場所の『スイン館』が現れた。

https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g2024825-d4032844-Reviews-Suingwan-Gangjin_gun_Jeollanam_do.html (Suingwan・Trip Advisor)

「カンジン・プルコギ」がメイン・メニュー、プルコギと名乗ってはいるものの、
すき焼きくずれのような安っぽい「プルコギ」とは異なり、小さな燭台に乗せられて供されている。

IMG_5741.jpg

地元名産の青磁の色鮮やかな食器に乗せられた料理が所狭しとテーブルを埋める。
それにしても全羅南道の食卓の豊かさよ、豊富な野菜とナムルで日々、健康になっていくぞ。

脇役には「ホンオ・フェ(エイの刺身)」も登場、ツアー・メンバーも恐る恐る口に運んでいる。
おお~初対決、食べないで白旗はこちらの主義に合わない、コーディネーターさんのアドバイスに従い、
ケニプ(エゴマ)にキムチを合わせ巻いて食べるとさほど臭みは感じず、無事生還。

IMG_5733.jpg

おっと、肝心の「カンジン・プルコギ」、料理でたとえるのは陳腐ですが、「テジ・カルビ」に近い味。
しっとり柔らかく、豚の旨みが甘い味噌と抱き合って芳醇、練炭で焼き上げているので燻薫が香ばしい。
ご飯が進むこと間違いナシだが、朝ご飯から4時間も経ってないので、胃袋にスペースがない。
それよりもこのメニューが一人前10,000wですと、胃よりも懐が驚かされた。

スケジュールに追われてはいるが食事時間はノンビリ、この辺はFAMツアーといえど、韓国スタイル。

IMG_5753.jpg

重くなった胃袋を積み込んでバンは田舎道を走る。
途中、色濃い新緑の斜面が広がる『康津茶園』でフォト・ストップ、ここではちょいと小雨がパラついた。

韓国では「お茶」を飲む習慣がないがかつて「茶葉」は高級品として扱われ、庶民には届かなかったとか。
お釜のおコゲを飲み物とする「ヌルンジ」や「シッケ」という飲み物が重宝され、
その後、「コーン茶」や「そば茶」(かつては店でもそば茶を出すところが多かった)などが広まる形に。

IMG_5758.jpg

昨今、茶葉はもっぱら「紅茶」として重用されるらしく、国内産はかなり値が張るらしい。
ちなみに茶葉をそのまま飲むのが日本式の「緑茶」、半発酵が烏龍茶などの「中国茶」、
完全発酵させたものが「紅茶」で葉の出所は同じものだ。

茶を飲む習慣がなかったことが、昨今の韓国のカフェ・ブームへ繋がっているともいえなくないよなあ、
なにせカフェの隣にカフェが出店する国ですからね、この国には。

IMG_5759.jpg

峠道を抜け、ツアー・バンは『ムウィサ(無為寺)』へ到着。

『月出山』に沿うように開けるこの寺は、焼失した本堂に残る壁画が有名。
カテドラルや礼拝堂ならば壁画も頷けるが、仏教寺で「壁画」とはかなりの逸物だ。

IMG_5764.jpg

それにしても全羅南道を巡っていて思うのは、静寂が保たれていること。
時折、国内旅行の団体さんに散らかされはするが、大都市に比べ、静謐な時間が続いている。
慌しく運ばれながらも、精神的には穏やかな時間が広がり、写真にも人ごみが写り込まず、ただ安堵の時。
http://www.muwisa.com/ (無為寺・公式サイト)

なあんて浸っていたら早々にお寺とお別れ、次なる目的地「モッポ(木浦)」を目指し、バンはひた走る。

#無為寺 #ムウィサ #韓国 # カンジン #康津 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



1時間弱で木浦にたどり着き、全羅南道最初の児童福祉施設『共生園』へ。
園内で児童福祉に身を捧げた日本女性・田内千鶴子と園の紹介ビデオを観覧、
日本植民地時代から戦時中、戦後と韓国に孤児たちの母親として在り続けた彼女には
1963年、韓国政府より 「文化勳章国民章」が送られている。

反日、嫌韓ばかりが取り沙汰される両国の間にこのような民間人がいたことはただただ驚き。
http://www.mksw.org/ (共生園・公式サイト)

IMG_5772.jpg

日本統治時代の名残りを残すかつての租界エリアを走り、『木浦近代歴史館』へ。
閉館間際に飛び込み、アタフタと見学、スケジュール過剰でこの辺りはちょっとドタバタ。
http://tourjp.mokpo.go.kr/ (木浦市・公式サイト)

IMG_5773.jpg

閉館後、邸館から丘を下り、キレイに区画整理されている旧租界エリアを歩き、
『木浦近代歴史館2号館(旧東洋拓殖会社)』を眺めつつ、斜向かいにある日本家屋へ。

実はココ、『ヘンボギカドゥッカンチッ(幸せがいっぱいの家)』という名の古民家カフェ。
統治時代に建てられた日本様式の家屋をそのまま生かし、
畳こそフローリングに張り替えられているが、客間も居間も当時のまま、
テラス席から二階まで雰囲気を保った状態で営業している。
https://www.konest.com/contents/gourmet_mise_detail.html?id=13192 (幸せがいっぱいの家・コネスト)

IMG_20180502_000406_560.jpg

「敷居」や「鴨居」も当時のまま、「こいつは1間(=6尺3寸)なので、コチラの頭をかすめるんです」と
コーティネーターさんに説明するとおもしろがってくれた、おれが案内してどうする。
鴨居の上には美しい「欄間」も残されている、こうなると「古民家」というより「歴史的建造物」だよね。
おまけに顔を出したウェイターがさらっと日本語で注文取り、おお~、そこまでオシャレにいきますか。

今回のFAMツアー、過密な行程の中にもカフェ立ち寄りの時間を入れてくれていて、感謝感謝。
もはや韓国ではCAFEは観光のホット・スポットでもありますからね。

木浦の観光局スタッフの方々も交えたカフェ・タイム、地元の人と話しができるのも貴重な時間。

IMG_5788.jpg

近くの夕食場所へクルマで移動、参加者が韓国料理に詳しいことから、
手配を改め「ヨンポタン」を折り込んでくれた、木浦の名産「テナガダコ」の料理だが、
ソウルで食べた釜山スタイルとは異なるようでちょっと楽しみ。
ただしこの店、予約を一切受けないことで有名なので、空いている時間に駆け込む形。
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2012-02-01 (ナクチ・チョンゴルとヨンポタン@江南)

CNujcQrUEAABXl_01.jpg

タコが丸ごと器に入っている、こいつを韓国式にざくざくと切り刻んで召し上がれ、というもの。

薄味でタコの旨みが濃い透き通ったスープがカラダに染み込んでいく、
切り刻まれたタコは新鮮そのもの、噛み切れないほどの弾力が続く。

タコを噛み下しながら「なんで『ヨンポタン』というのですか?」と料理名の謂れを尋ねると、
韓国スタッフの面々も困り顔、慌ててググってくれた。
「ヨンポタン」は漢字で書くと「軟泡湯」、かつては豆腐の入った鶏肉の水炊きのことで、
おそらくその見た目からこの名がついたのでは、ということ、すみません、由来知りたがりで。

https://www.konest.com/contents/gourmet_mise_detail.html?id=11062 (トクチョン食堂・コネスト)

IMG_5791.jpg

ああ、それにしてもこのツアーはコチュジャン味がない、いわゆる韓国らしいあの色合いがないのだ。
海産物を中心としたメニューなので、コチュジャンの強い味を必要としないのだろう。

それにしても通り一遍のあの味に飽きている自分にとっては至福の食卓が続いている。

<<全羅南道&光州公式ブログはコチラ>>
チェジュ航空なら1万円かからず韓国へ! ここから探そう!

『Shangiria Beach Hotel』はコチラから

ポチっと≪海外旅行ランキング≫をチェック!★

GSK・ 海外 変換プラグ コンセント 変換 2USB充電器付 スマホ充電 100-240V 150ケ以上対応 海外旅行

変換プラグ USB充電器 ACアダプター 4ポート折畳式 150カ国以上通用 i-Phone, Android各種対応

【急速充電・伸縮式プラグ搭載】 USB急速 4ポート付き スマホ/USB充電器 iPhone/Android対応

ORIA 4ポート USB急速充電器 22W 海外対応 海外用4種変換プラグ iPhone&Androidスマホ対応

海外旅行充電器 海外旅行用変換プラグ 3USBポートとType-Cポート付(100V~240V) 世界150カ国対応


nice!(43)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

JEJUAIR 全羅南道 FAM TOUR -DAY2 麗水~順天- [South Korea(全羅南道)]

IMG_5653.jpg

―DAY2―

8時の出発に合わせ、チェックアウト。

午後からくずれるという予報どおり、うす曇が広がり、今にも降り出しそうな空の色をしている。
ツアーを受け持っていた頃には「雨が降らない添乗員」という評判をいただいていたが、
果たしてこのツアーはどうなることやら、受け持ちのツアーじゃないけど。

朝食から「ヨス(麗水)の名産、『高菜キムチ』を食べましょう」ということで、ホテルを出て町なかで朝食を摂ることに。

IMG_5650.jpg

昨夜のホテルは5月1日の開業前のプレ営業ということを聞き、カードキーを手に部屋にあがると、
写真の通り、手付かずのキレイな未使用部屋が待っていて、窓の外には色鮮やかに煌く大橋が見える。
ところが室内が汗ばむほど暑い。

ベッドサイドのコントローラーで空調のスイッチを入れてもなんの音もしない。
バスルームの換気扇を回し、窓を開け、室内の熱を逃がすが、それでも暑い、というか熱い。

IMG_5665.jpg

韓国はTVリモコンにA/C操作を内蔵している場合もあるので、アレコレ試したが空調は返事もしない。
フロントに電話をかけようと受話器を取るが、今度は電話も返事をしてくれない。

う~ん、窓を開けておけば熱は逃げるだろうが、それもなあと思い、フロントに下りることにした。
こういうのは直接言ったほうが解決が早い、というのがホテルの常道だ。

IMG_5675.jpg

ところが唯一働いていたフロント・スタッフには英語がまったく通じなかった。

おいおい、ホテルだろココ、と思いつつも、
カタコト韓国語で「えあこんダメデス」「アツイデス」「でんわナイデス」と格闘したが、
帰ってくるのは「ナイです」という返答だけでイマイチ取り合ってくれない。

IMG_5685.jpg

そこに偶然、韓国語のわかるツアー参加者が通りかかり、軽く通訳してくれた、おお~助け舟。

結果、プレ営業なのでエアコンの電源もフロントへの電話も生きてない、ということがわかった。
プレ営業でその機能使えないってどうなの、と思いつつも抗ってもしかたないので白旗、撤退、退散。

虫もいない時季なので、窓を開ければモンダイナシ、潮風に浸りつつ、ベッドで意識を失った。

#韓国 #全羅南道 #松広寺 #ソングァンサ #順天 #スンチョン #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



少しクルマを走らせ、朝食場所に着いたが、食堂内には誰もいなかった。
コーディネーターの事前手配で予約と電話連絡も入っていたはずだが、店内には人の気配がない。
テーブルに食事あとの形跡はあるので、営業はしているようだが。

再度の電話でようやく店主アジュマが顔を出したが、「これから用意する」というオハナシ、
分刻みで動いているFAMツアー御一行にそれを待つ余裕はなく、別の店舗を目指すことに。
あ~あ、大口客を逃したね、アジュマ~。

IMG_5695.jpg

ガイドさんが知っているという2ブロックほど離れた『ケスンイネ食膳』という食堂へ。

「高菜のキムチ」がヨスの名物というハナシから、
この店のオススメ「カンジャン・ケジャン」も食べましょう、とハナシが膨らみ、
テーブルは海産物で埋め尽くされた、ステキすぎる朝食タイム開催、災い転じて、ってやつだな、コレ。

IMG_5694.jpg

「ケジャン」は醤油が薄く、カニの味が生きている、醤油を啜るようなソウルのそれとは明らかに異なっている。
「カンジャン・セウ(エビの醤油漬け)」も頭の部分まで甘くてウマイ、一生、殻を啜っていたいぐらい。
いっそくわえたままでクルマに戻ろうか。

IMG_5700.jpg

普段焼かれて出される「イシモチ」も店主のオヤジサンが、
「蒸したほうがウマイから蒸してやるよ」と特別アレンジ、おいしくウレシイ気遣い。
おおっと名産「高菜キムチ」も他では味わえない旨さ、でも朝からご飯が進んじゃうのでちょいとセーブ。

なんと「写真3」の定食セット、20,000wですぜ、やっぱり地元メシはオイシイ。
https://www.ok114.co.kr/ntnw/search/searchCompanyOfMainPh.crz?phone_number=0616418887 (ケスンイネ食膳)

IMG_5717.jpg

ドタバタ店変わりから、果報者的豪勢朝食を終え、バンはスンチョン(順天)を目指す。
約1時間の移動を経て、『ソングァンサ(松広寺)』へ到着した。(写真4)

山ひとつが寺を抱くような形で木々に覆われた長い参道が本堂まで続いている。
中央にはせせらぎが流れ、ちょっとしたハイキング・コースの趣、タップリ森林浴しながらの参拝だ。
少し前の桜や秋の紅葉時はとても美しい、とガイドさんが語るが、新緑でも充分に見ごたえアリ。

周辺の山々には趣向ある寺も多いそうで、可能ならば異なる季節に訪れてみたいものです。

IMG_5703.jpg

ここは韓国三宝寺のひとつ、「三宝」とは仏教における仏、法、僧、そのうちの「僧」を擁する寺だそう。
それにも増して、本堂を護るように流れる渓流と建物の融合がなんとも美しい。

なんて浸っていたら、バシバシと観光バス到来、
ワシワシと韓国アジュマが吐き出され、ガシガシとニギヤカな声が境内を埋め尽くしていくのでした。
https://www.konest.com/contents/spot_mise_detail.html?id=9562 (松広寺・コネスト)

IMG_5723.jpg

そんな団体客から逃げるようにバンに戻り、我がチームは次の目的を目指す、
見どころ全部紹介したい「FAMツアー」は分刻みで忙しいのだ。

それにしても一人旅と異なり、グループで動いていると人が写り込まない写真を撮るのはひと苦労。
ツアー・グループから離れつつ、地元団体客も避けつつ、時間もない、というわけで。

IMG_5705.jpg

到着したのは『ナガンウプソン民俗村(楽安邑城民俗村)』、朝鮮時代の城と家々が現存する民族村だ。

他の民族村と異なるのは今も伝統的草葺屋根に普通の人々が暮らしているということ。
広大な敷地内には遠足地として適しているのか、揃いの服を着た園児や遊具で遊ぶ子供たちの団体が多い。

IMG_5713.jpg

様々な映画やドラマのロケ地としても利用されており、広大な城壁内は興味が募る建物が軒を連ねていて、
一軒一軒、案内人の説明を聞きながら、一歩一歩、足を踏み入れたくなるのだが、
スケジュールに押される「FAMツアー」は少し駆け足見学、後ろ髪引かれつつ、城門をあとに。
http://www.suncheon.go.kr/nagan/(楽安邑城民俗村・公式サイト)

スケジュールは分刻みで盛りだくさん、まだまだ見なきゃならないものが山盛りなのだ。

#韓国 #順天 #全羅南道 #民俗村 #j城壁 #楽安邑城 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


<<全羅南道&光州公式ブログはコチラ>>
チェジュ航空なら1万円かからず韓国へ! ここから探そう!

順天松広寺

読み終わったら≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
ブログランキング・にほんブログ村へ




nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

JEJUAIR 全羅南道 FAM TOUR -DAY1 潭陽~麗水- [South Korea(全羅南道)]

IMG_5568.jpg

クルマに戻り、南側のメタセコイアの並木道に沿うように広がる『メタ・プロバンス』へ。

唐突に「プロバンス(=南フランス)」と言われても、
プロバンスを何度か巡ったことのある身としては多少の戸惑い。

IMG_5556.jpg

そんな気分を吹き飛ばしてくれるように目の前にメタ・セコイヤの並木道が現れた。
車道と区切られた形で『メタセコイヤ・カロスギル(街路樹)』が左右に広がっている。
真っ直ぐにそびえ立ち、真っ直ぐに肩を並べるメタセコイヤ杉の美しい佇まい。

タミャンに向かう道行きも並木道は連なっていたけど車窓でしたからね、やはり直に感じて歩かないと。
歩く価値ありはアリです、というより歩かないともったいぞ、この美しい並木道は。

IMG_5560.jpg

お隣の『メタ・プロバンス』にはベーカリーやカフェが軒を連ね、
上着を必要としない気の早い日差しにテラス席は心地よさそう。
週末はものすごく混むそうですよ、お店も凝った造りのものが多く、地元人気を集めているようです。

IMG_5557.jpg

傾く日差しを背に夕食場所へ、『竹緑苑』の脇にあるようなのでクルマで戻る形。
その後は『栄山江』の川沿いを歩き、『竹緑苑食堂』へ到着したのは18時を過ぎた頃。

全羅南道らしく、テーブルはバンチャンで埋め尽くされている、これが全羅流、
そういえば以前訪れたチョンジュ(全州)の食堂でも驚かされたっけ。
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2011-02-17 (全州日帰り旅)

IMG_5566.jpg

名物「竹筒飯(デトンパプ)」は小さな炭を入れ、炊き上げるそうで、ほんのり炭の薫りが。
って、そいつの写真撮り忘れてる、ニギヤカなバンチャンでご勘弁を。

IMG_5563.jpg

この店の「テジ・カルビ」は変わっていて挽肉のハンバーグ・スタイル。
それにしても野花や山菜など食べているだけで健康になりそうな品揃えに箸が止まらない。
ハナヤカなテーブル、ニギヤカな食卓、旅先でなんとも幸福な夕餉のとき。

IMG_5574.jpg

食後は南の沿岸エリア『ヨス(麗水)』を目指して、一時間半ほど走る。
ツアー・メニューはまだまだ目白押し、数々のイベントが待っているのだ。

さすがにご飯を食べたばかりの車内ではみな舟を漕いでおりましたが、
こちらは読書タイム、文庫本のページが進む進む、明るい車内がうれしいなあ。

IMG_5576.jpg

20:30、『麗水海上ケーブルカー』に到着。
http://yeosucablecar.com/?lang=ja (海上ケーブルカー・公式・日本語)

韓国初の海上ケーブルカー(日本語ではロープウェイ)だそうで、
「クリスタル・キャビン」というスケルトンのキャビンが人気を集めているそうです。

Ropeway.gif

海上ロープウェイは日本ではあまり見かけないこと、重ねて夜間も運行しているのが大きな特徴、
美しいヨスの水際を上から見下ろすことができるので見ごたえアリ、
カップルにはロマンティック満載のアクティビティです。

ぜひ行かれた方は夜間に乗り込むことをオススメします、「クリスタル~」でなくとも見ごたえ充分!

IMG_5599.jpg

心地よい夜風と夜景に染み入りながら、13分の旅路が終わると、
ヨスの町を見下ろせる展望台を散策することができます。

海辺にポカンと浮かんだ月と静かなヨスの町が印象的でした。

IMG_5605.jpg

船着場やフェリーターミナル沿いの『ロマン屋台通り』を車窓で眺めつつ、一路ホテルへ。

「ポジャンマチャ(幌馬車屋台)」とは異なり、
オープン・エアで楽しそうに飲み交わす韓国らしい情景が広がる通りでしたので、
できることならこの『屋台通り』をぶらつきたかったなあ、とツブやいてみたもののクルマは止まらない。

IMG_5608.jpg

宿泊したホテルは『麗水ホテル・ヘイブン』、22:30に到着。

5月1日から本営業ということで、ロビーはひと気が少なく、ガランとした感じでしたが、
手際よくカード・キーを出してくれ、それぞれが部屋へ。

IMG_5615.jpg

考えてみたら始発電車からの一日、よく眠くならんかったなあ、
ようやく長い一日が終わるぜと、シャワーだけでベッドに倒れ込む気満々で部屋に上がった。

ところが、新品ホテルはそうはさせてくれないのでした。

BRIGE.gif
<<全羅南道&光州公式ブログはコチラ>>
チェジュ航空なら1万円かからず韓国へ! ここから探そう!

『Hotel Haven』はコチラから

Booking.comで¥2,000の特典がもらえる!
FC2 Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行