So-net無料ブログ作成
検索選択

St. Colomb's Cathedral @Derry [Northern Ireland (UK)]

IMG_3984.jpg

―DAY7― 10月3日

ここの朝食もホステルにしてはご機嫌な品揃えだった。

長テーブルの上にはトースト用のパンの他にベーグル、シリアルが数種置かれ、ジャムは5種類ほど並び、
バスケットにはフルーツ、冷蔵庫にはヨーグルトとホテルに負けないラインナップが用意されていた。
惜しいことにどういうわけかコーヒーがなくて、ティーバッグの紅茶で「お茶を濁す」しかなかったが、
そこにはタップリのミルクを注ぐことができ、「英国式」を堪能できたのでそれはそれで悪くはなかった。

IMG_3947.jpg

オフ・シーズンということもあり、ホステルはガラ空きのようだった。

5つの3段ベッドが置かれた部屋には後からドイツ人男性がチェックインしてきただけ、
その彼も一緒にいた地元っ子らしいガールフレンドと出ていったかと思うと、
そのまま朝までというか、こちらがチェックアウトする時間になっても帰ってくることがなかった。
荷物沖にチェックインしたのかよ、とツッコんでみても誰もいないし、愛の行方は誰にもわからないのだろう。

結局、ドミトリー独り占めの奇妙な滞在、広過ぎるシングル・ルームだぜ、これじゃあ。

朝食のため、キッチンに来ても誰もおらず、ここも貸し切りのご様子。
夕食のパスタを調理した時にはキッチンを使う夫婦がいたり、シャワールームで男性と擦れ違ったり、
どうやら他の部屋には客がいるようだったが、なにしろ宿泊者と顔を合わせないみごとなオフシーズン滞在だ。

IMG_3939.jpg

しばらくするとキッチンにアジア系の女のコが一人で入って来て、ミルクやヨーグルトの在り処を尋ねられた。

香港人の彼女はこちらに留学中、そこに香港から母親が訪ねてきて、一緒に小旅行をしているらしい。
「母さんは朝食を摂らないから旅のリズムが合わないのよ」と嘆いているのが可笑しかった。

「こちらの生活はどう?」

「香港と物価が変わらないから意外と暮らしやすいかな」

彼女は10時のバスで次の街へ向かうため、慌ただしく朝食を詰め込んで、旅立っていった。
入れ替わりで二日酔いだか寝不足だか、ゲンナリした顔の若い男の子がやって来た。

IMG_3978.jpg

「クラブで朝まで騒いでいたんだ、反動でテンション上がっちゃって寝れなくて」

インド系ニュージーランド人で学生だという彼は表情とは違って明るい口調で申し訳なさそうにそう説明した。

「そういう顔をしているよ。お茶でも飲めば?」

「ありがと、そうする。タバコ吸ってもいいですか?」

「ここが禁煙じゃないなら、かまわないよ」

そういうと丁寧に礼を言い、缶のケースを取り出すとタバコを巻きはじめた。

IMG_3979.jpg

「こっちの人って、巻き煙草を自分で作る人、多いよね?」

カフェなどでもよく見かけたので、そんな質問を投げかけてみた。

「こっちじゃタバコ高いんですよ、手巻きだとちょっと安いんです。吸います?」

「ありがと、でも吸わないから、気にしないで」

「あ、僕が寝れないのはジョイント(大麻)のせいじゃないですよ。
 こうやって巻き煙草作っていると『ハッパか』っていわれるけど僕はクラブでもハッパはやらないんで」

「ダイジョウブだよ、疑ってないから」

その後は日本のマンガやアニメのハナシが大いに膨らみ、
紅茶やフルーツを楽しみながら、キッチンでゆったりした午前を過ごした。

IMG_3968.jpg

しばらくしてチェックアウト、といってもデイパックひとつの身なので、
事務所のスタッフに「じゃあね」といって声をかけただけで出かけることになった。

ゲール語で「樫の森」を意味する名がついたこの街はアイルランドで唯一、城壁が完全な形で残っている。
その城壁には7つの門があるというのでそこを辿るように小さな城砦都市のなかを歩いた。(写真3)

IMG_3975.jpg

南側のビショップ門のそばの大きな『St. Colomb's Cathedral(聖コロンブズ大聖堂)』に戻ってきた。(写真4)
昨日は閉館時間に間に合わず、見学することができなかったので、あらためての訪問で中に進んだ。

ここにも美しいステンドグラスがあり、かつてこのこの街が包囲された経緯などが刻み込まれている。
この街に来てからステンドグラス三昧、ちょっとシアワセな「三昧」、これなら毎日でも歓迎だ。

IMG_3971.jpg

城壁内はアパートがあり、商店があり、食堂があり、普通の生活が営まれている。
通りを普通にクルマが走っていくが、城門部分は狭くなっていて、譲り合う形で擦れ違っていく。
大聖堂から2ブロックほど歩いた城砦の東側にはショッピング・モールが2つ3つ肩を並べていて、
馴染みのあるブランド・ショップのロゴがあちらこちらにあふれ、
チェーンのファストフードやカフェは家族連れや学生たちで混んでいて、ニギヤカだ。

石造りの城壁や不便な城門とモールやショップのハデな看板との時間軸の乖離を感じる、というと大げさかな。
普通に暮らしている人や働いている人がいるのは当たり前のことなのだが、
17世紀と21世紀の同居は余所者にとっては不思議な感覚に囚われたような気分になる。
週末のニギヤカな人出がそのギャップを余計に色濃くしているようだった。

そう、今日は土曜日、週末の混雑というわけね、のんきな旅行者に曜日はないからなあ。



FC2 Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★






nice!(40)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Free Derry Corner @Derry [Northern Ireland (UK)]

IMG_3859.jpg

煌めくステンドグラスに魅入られ、『ギルドホール』で予想外の長居をしてしまっていた。

といっても急ぐ旅ではなし、消化しなければならない予定があるわけでもなし。
旅、特に一人旅には「しなくてはならないこと」や「行かなければならない場所」なんてものはないのだ、
ただ知らない街を歩いている、そのことだけで旅の意義は充分なはず。

『ギルドホール』でもらった地図を広げ、ホステルを目指し、街の北に向かって歩いた。

IMG_3888.jpg

小さな商店やPUB、食堂が連なる通りを歩くと「ランチメニュー」と書かれた黒板が目に留まる。
コーヒー・ショップのテラス席ではビジネスマンが大きめのビア・グラスを傾け、
ビストロ風の小奇麗な店の中ではランチ・プレートを前に女性同士がおしゃべりに花を咲かせている。
ランチには遅い時間だったが、安宿でガッツリ朝食を食べてきたので宿探しの燃料はまだ残っていた。

番地を頼りに歩くが、目的のホステルのカンバンが見当たらない。

いつもの旅の悪いクセでガシガシと無手勝流に歩き過ぎ、お門違いの場所にまで歩みを進めてしまっていた。
思い留まり、ひょっこりあった両替店でレートを確認するついでに住所を告げ、教えを乞うことにした。

IMG_3935.jpg

「この宿のことは知らないけどこの番地ならずっと手前だよ。スーパーマーケットのそばじゃないかな?」

「ありがとうございます。チェックインしたら後で両替に来ます、何時までやってますか?」

「ここは街の外れだから15時で閉めちゃうんだ。
 バス・ターミナルのそばに系列店があるから、気を遣わず、そっちの方に行った方が便利だよ」

重ね重ね礼を言い、来た道を折り返した。
歩き出すと止まらない悪癖、今回もがっつり通り過ぎた様子でスーパーはとうの昔に通り過ぎていた。
スマホ片手にGPS頼りに歩けば、こんな風に迷うこともないのだろうが、
それだと地元の人との交流が激減してしまうので痛し痒し、なんてもっともらしい理由をつけて、
未だスマホを持っていないのです、この旅人は。

IMG_3944.jpg

さきほど通り過ぎたバカデカイ『TESCO』まで戻ってきた。

その辺りで一軒一軒、番地を探りつつ、カンバンを見落としてないか上部を見上げつつ、彷徨う。
明らかに迷っている風体とわかるのだろう、スーパー帰りの買い物客が時折、声をかけてくれる。
宿の名を知る人はおらず、解決にはいたらなかったが、
通り名と番地はこの辺りで間違っていないようで犯人には近づいているが尻尾を掴めないそんな状況が続いた。

アメリカなら通りの片側が奇数ならもう片方は偶数、下っていけば番地が増え上れば減り、と話は早い。
アイルランドの片田舎ではそう機能的にはいかないらしく、番地の法則に従ってはいるが、
なにせ番地表示、数字が書かれていなくて、なかなか事件解決の糸口を見出せないでいた。

IMG_3929.jpg

『TESCO』の前をうろつくアヤシイ人になりかけていたので、店のガードマンに番地を見せて尋ねてみたりしたが、
要領得ないまま、手がかりも得られずだった。
すると通りの向こうで真っ赤な扉を押し開け、女性が出ていった。
急にその扉が気になり、吸い寄せられるように通りを渡り、
その扉を見ると、そこには『Hostel Connect』のネームプレートが貼られていた。

「え~、ここなの? カンバンもなにもないじゃん、ホステルなのに」そう声に出しながら、ブザーを押した。

「扉を開けて入って来て」

インターフォンの向こうからあっさりと声が返ってくると、続いてドアのロックが解除される音がした。
狭い階段を上がると事務所があり、太っちょの若いスタッフがスナック菓子をつまみながら招き入れてくれた。

IMG_3932.jpg

「チェックイン、オネガイシマス、これ、リファレンス・ナンバー」

Webでブッキングした予約番号とパスポートを差し出し、名前も告げた。

「支払いはどうします? キャッシュ? カード?」

「あ、カードで」

1泊13,5ポンド(≒2600円)、ドミトリーで共同シャワー、朝食がついていてこの値段。(写真5)
散々迷った時間はなんだったんだ、というぐらいチェックインは手際よく進み、すぐに部屋を案内してくれた、

「今、シーツと枕カバー、持ってくるね。シャワーは掃除中だから今は使えないよ。
 ベッドは空いているから、好きなところを使ってもらってかまわない」

IMG_3931.jpg

案内されたドミトリーはめずらしい3段ベッドで木製のベッド・フレームが真新しく、部屋も清潔だった。
他のベッドに荷物はなく、まだ誰もチェックインしてないようで、迷わずコンセントに近い下段を確保。
PCの入ったデイパックをロッカーに押し込み、カメラバッグだけを手にしてすぐに出かけることにした。

まずはこの街へやって来た主題でもある『Free Derry Corner』を目指す、さいわい宿から近いサイドにある。

ベルファストよりも北上してきたこともあるだろうが、空はどんよりしたままで肌寒い。
街角のデジタル気温計は「7℃」と表示している、おいおい、10月初旬だぜ。
街外れの通りは観光客も地元の人も行き交うクルマも少なく、街の外郭というのにノイズがない空間が続いた。
それが寒さを際立たせているのかもしれなかったが、見知らぬ街の静かな空間を歩いているだけで気分がいい。

IMG_3930.jpg

10分も歩かないで『フリー・デリー・コーナー』の大きなモニュメントに出会ってしまった。(写真8)

忘れた頃に観光客がやって来てはなにかの競技のように写真を撮り、そそくさと去っていく。
空はあいかわらず寂しそうな色をしていて、「Sunday Bloody Sunday」が奏でられてもおかしくない情景だ。
ボタンを押すと曲が流れる歌碑などが置かれていたらあるいは彼らも長居したかもしれない。

どうやらこの場所は貸し切りになったらしい、しばらく腰を下ろして、寒空に浸っていた。


「Hostel Connect」はこの場所↓ ★こちらに宿泊体験レビューあります

読み終わったら≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
ブログランキング・にほんブログ村へ




nice!(94)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Guildhall @Derry [Northern Ireland (UK)]

IMG_3876.jpg

街歩きを忘れて、しばらく『ギルドホール』のステンドグラスにシビれていた。

雰囲気を盛り上げるかのようにパイプ・オルガンの調べが流れている。
建物の性質としては街の中心にある「市民ホール」のような感じなのだろうが、
ステンドグラスとパイプ・オルガンが特別な空気を作り出していた。

「いつも演奏は行われているのですか?」

演奏を終え、演壇から降りてきたパイプ・オルガン奏者にそう尋ねた。

「いや、今日だけだよ。メインテナンスのために演奏していたんだ」

「それはラッキーでした。歓迎の演奏を受けたみたいで楽しめました」

「あはは、それはよかった。デリーへようこそ。キミは幸運に恵まれているのかもね」

IMG_3891.jpg

奏者が去り、奏でられた調べもなくなったので他のホールを巡り、展示室などを眺め歩いた。
ステンドグラスは広間の大きなものだけでなく、扉の上の部分や階段の踊り場にもあり、こちらを楽しませてくれる。

かつて爆弾テロなどで打ち壊されたこの建物は2013年に改修が完了、
ステンドグラスなどは新しいものだろうが、出迎えてもらうには充分の彩りと輝きを見せてくれていた。

宿を確認し、チェックインしたあとで街歩きに向かうつもりだったが、もう少し見とれることにした。

IMG_3873.jpg

IMG_3900.jpg

IMG_3870.jpg

IMG_3885.jpg

IMG_3897.jpg

IMG_3903.jpg

IMG_3918.jpg

IMG_3921.jpg


ポチっと≪海外旅行ランキング≫をチェック!★




nice!(93)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行