So-net無料ブログ作成

Phenomenon of Surprise @Bangkok [Thailand (Bangkok)]

IMG_4503.jpg

12月7日 -Day6-

今朝も昨日と同じ「ガパオ」を食べていた。

宿の誰かが買い出しに走るので、自分でも近所で食べることができるシロモノなのだろうが、
それよりも時間も荷物も身なりも気にせず、安宿のテラスで食べられるのが大いに気楽なのだ。

結局、昨日は大型スーパー・マーケットで滞在中の飲み物やスナックを買っただけで部屋に戻っていた。

日曜日の人の多さに閉口し、シッポを巻いて帰ってきていた、もう少しでキャンキャンと鳴いていたかも。
実はバンコクに来てから悔いていた、初踏破のチェンマイにもう少しいればよかったと。
7日間の滞在日程をチェンマイx3泊、バンコクx3泊とバランスよく振り分けたのはチョト失敗、
国内線をおさえてしまったのがアダで、配分を変えることもできず、流れのまま、バンコクにいた。

IMG_4656.jpg

到着時は闇に包まれていてわからなかったが、この辺りは「サービスアパート」や「月貸し」の部屋が多い。

路地にはやたらとキロ単位で請け負う洗濯屋さんやランドリー・コーナーが軒を連ねていて、
歩いていると「部屋貸します」「ルーム・レント」の張り紙や表示が目に飛び込んで来る。
観光客は少なく、落ち着いた雰囲気で地元感があり、居心地はよかったのだが、
地元商店や食事をするような場所が少なく、ちょっと気落ちしかけていた。
ところが夕方にはその気分は霧散、いやそれどころか、高揚さえするほど印象が変わっていた。

到着時、駅から宿への位置関係がわからず、遠い出口から歩いてしまい、大回りしたようで、
住宅密集地に関わらず、不自然な空き地を過ぎたりして、結構歩くなあ、などとツブやいていた。
一夜明けるともっと手前かの路地から別の駅出口へ向かえることが分かったのだが、
実はこの遠回りはマイナスではなく、偉大なる発見を生み出すことになった

IMG_4665.jpg

巻いていたシッポを伸ばしつつ、宿に戻る途中、その空き地に差し掛かると人が集まっていた。

空き地だったはずの場所には屋台や露店が出現し、臨時のマーケットが広がっていた。
陽が落ちた頃からポツリポツリと灯りをともすように店が開きはじめ、地元の人たちが集ってくる。

揚げものの油が舞い、蒸しものの湯気が躍る、不揃いだが新鮮な野菜が買われていき、売り子の声が響く、
鍋をかき混ぜるノイズと争うように安いスピーカーからはタイの歌謡曲が流れてきている。
なにもなかった空き地がすっかりエネルギッシュなライブ会場に変貌していた。

異国のマーケットはさながら日本のお祭りの屋台や出店にも思える。
知らない食べ物は片っ端から齧りつきたくなるし、心が躍ってしまうのは自分だけだろうか。
暗くなって店が出揃うとこんなに人がいたの、というぐらい辺りは活況を帯びていた。


「写真撮らせて~」カメラを指さし、そう告げると、
「こんなもの撮ってどうするの?」とか「ほらほらモデルさん」と隣りの店主にからかわれたりとか、
笑顔のリアクションが楽しい、一眼レフを仰々しく突き出しているので、その効果かもしれない。
「店番をしな」と言いつけられていた男のコにカメラを向けると目線を外したが、その瞳は笑っていた。
切り売りのフルーツを買って帰ることに、なにせここにいると買い食い、無駄遣いが止まらないのだ。

boysmile.gif

「共用の冷蔵庫が下のロビーにあるわよ。あとコーヒーと紅茶もどうぞ」

金魚袋入りのフルーツをブラ上げ、戻ると、他の客を案内してた女性スタッフがそう教えてくれた。
残念ながらコーヒーはインスタントだったので、触手は伸びなかったが、
そんなホスピタリティがうれしい、古びた宿でも気遣いがあるだけで各段に居心地がよくなるのだ。
この宿、朝食付きでも驚きの値段なのだが、ベッドメイクもしてくれることがさらに驚きだった。
「SidaRe Bed and Breakfast」はこちらから。今ならBooking.comで¥2,000の特典がもらえる!

のんきな朝食を終え、熱い時間はエアコンの効いた部屋で凌ぎ、午後の遅い時間に出かけた。

『パンテッププラザ』や『プラティナム』を歩いたがどの店も同じ品揃えで、掘り出し物はなく
ただエアコンが恋しくなっただけだった。
この日は夕食の約束をしていた、タイのトモダチではなく、
ソウルのホステルで出会ったヴェトナム系デンマーク人となぜかバンコク。ミーティング。
MBAを勉強するため、学校に通っているらしい、バンコクはMBA関連の学費がものすごく安いという。
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2015-02-20 旧正月の鍾路

IMG_4703.jpg

「地元の友達においしいレストラン、教えてもらってきたわ。
 わたし辛いの苦手だから辛くなくておいしい店を。タイスキとヤキニクのMIXでもいい?」

「モンダイナシ」

タクシーを拾い、レストランを目指す。
彼女曰く「BEST BEEF」という店で地元では有名らしいのだが、ドライバーがその店を知らない。
店名しかわからないので友達に電話などしながらタクシーは迷い続けた。


「あ、この辺だわ」

電話口の友達に指示をもらっていた彼女が、唐突にドライバーにクルマを止めさせた。

「来たことある店なんじゃないの?」

「地元の友達に連れてきてもらったから、漠然としか覚えてないの」

IMG_4707.jpg

反対車線で降りることになったので、通りを渡り、店に入った。
タイスキ=スティームボート=寄せ鍋、ブッフェスタイルで好きな具を取る食べ放題のスタイルだ、
日本の寄せ鍋と異なるのは肉を焼く鉄板が鍋の中心にあり、鍋と焼肉の両方を楽しめるようになっている。
肉を焼いている間に鍋も煮えはじめたが、彼女はナニカが引っかかっているらしかった。

「どしたの?」

「う~ん、なんかメニューとか、店員の感じとかが違う感じなのよね」

「でもここなんでしょ?」

「うん、住所もここだし。でも鍋とかコンロの感じとかが前に来た時と違うのよ」

「まあ、いいんじゃない? こうして楽しく食べてるし」

IMG_4663.jpg

ソウルからヨーロッパまで話は膨らみ、デザートまで平らげたお腹も充分に膨らんでいた。

「食後のコーヒーでも飲みに行く? とりあえずサイアムまで戻ろっか」

そういって会計を済ませ、通りでタクシーを拾うと、オドロキの情報が目に飛び込んできた。

「あれ? ここじゃないの? 『BEST BEEF』ってカンバンに書いてあるよ?」

「あ・・・ホントだ」

「あはははは」

「え、わたし違う店、案内してたの? ヤダ、ものすごく恥ずかしい」

「あはははは。メニューが違うとか、鍋が違うとか、記憶は確かだったんだ」

IMG_4721.jpg

確かに食べた店は一人199B、WEBにあった「BEST BEEF」より安めの料金であった。
友人の指示で近くまで来ていたのだが、似たような他の店で食べていたようだ。

「えー、どうしよう、恥ずかしすぎるわ。有名店案内する、って息巻いていたのに」

「なんなら入り直そうか?」

有名店の横をタクシーは事もなげに通り過ぎていった。


読み終わったら≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(21)  コメント(0) 

Crawl into Sutthisan @Bangkok [Thailand (Bangkok)]

IMG_4725.jpg

12月6日 -Day5-

ホテルのテラスでのんびり朝ごはんを食べていた。

といってもいつもの例に漏れず、一泊1,700円の安宿。
それでも「B&B」を謳っているので朝食付き、しかも7種の中からチョイスすることができるなんて。

タイでの滞在、朝ご飯にかかわらず、一食は2~3百円もあればこと足りるのだが、
食べて部屋に戻ってくるのも、あるいは買って帰ってくるのもけっこうメンドウ、しかも汗だくになるしね。
今朝はトーストなどの洋食とタイ料理が並ぶメニューの中から、「ガパオ」をチョイス、
ただしコーヒーはインスタントしかない、というので、紅茶にしてもらった。

IMG_4557.jpg

チェンマイから到着し、ここにチェックインしたのは22時頃だっただろうか。

「バンコウ・エアウェイズ」の搭乗便は予定より10分遅れて出発、
それでも到着時は5分遅れだったので、パイロットがフライト中に少しガンバッてくれたようだ。
リュックタイプのキャスター・バッグを背中に、デイパックを前に背負い、
到着ロビーからガシガシと地下の空港鉄道=エアポート・レール・リンクの駅に降りた。
通勤客も入り混じり、混んだ車内はだったが、30分弱の乗車なので座れないことは気にならなかった。

車内で前に座っていたフランス人家族がやたらと不安そうに、繰り返し路線図を眺めていたので声をかけた。

「どこまで行くの?」

「フラポーンというのかな? 乗り換えをどこですればいいのかと」

「ああ、MRTの『Hua Lamphong(フアランポーン)』ですね。次で降りればOKですよ。
 わたしもMRTに乗り換えるので、一緒に行きましょう」

「あ、ありがとう」

でっぷりとしたお父さんは不安が少し和らいだのか、笑顔で席に戻ると奥さんに事情を説明した。
小学生低学年ぐらいの女のコは車内に飽きていて、退屈そうにママをつついている。

IMG_4575.jpg

「ここで乗り換えですよ」

『Makkasan(マッカサン)』駅で下車すると彼らを伴い、改札からMRTへの連絡通路に進んだ。
「案内する」と言っておきながら目の前には見たことがない連絡通路が伸びていた。
この駅、以前はガチャボコの歩道を歩かされたのに、しばらく来ない間にキレイな通路ができていた。
ひとまずそのことはおくびにも出さず、フランス人家族を引き連れ、MRTに向かった。

「今日着いたんですか?」

「いや、チェンマイから着いたのでニギヤカなバンコクに戸惑って。タイの言葉もわからないし」

「え? チェンマイからですか? わたしもチェンマイから着いたところですよ」

奥さんの口から出た偶然に少し驚いた、あるいはチェンマイのどこかで擦れ違っていたかもしれない。
タイではLCCが活況を得ているので、別のフライトでやって来たとしても不思議ではなかった。
キャスター・バッグを引っ張り、他愛のないハナシをしながら、MRTのホームまで導いた。

☆Hotels.com☆いつでもお得なホテルはここ!

「そちらは『フアランポーン』なので南、わたしは『スティサン』なので反対方向、ここで別々です」

「あら、残念だわ。でも行き先が違うなら仕方ないわね」

「Merci、あ、こっぷんかー、でしたっけ?、いや、ありがとう。助かったよ」

「De rien. Bon voyage! (いえいえ、いい旅を!)」

フランス語でそう返すと終始、退屈そうにしていた女のコがママの後ろからこちらに手を振ってくれた。

IMG_4620.jpg

バンコクはこのサイズの大都市にも関わらず、供給過剰により、アコモデーションの安さは世界屈指。

2000円も出せばバスルームやエアコンが付いたダブルルームがゴロゴロとダブついているので、
日本人のサイフ事情からするとドミトリーに泊まる必要性を感じさせない。
もちろん500円もせずに泊まれてしまうドミトリーは、長期滞在者のサイフの助けになるが、
ホテルには差額以上の快適さがあることは火を見るより明らかだ。

安くて快適なホテル探しはちょっとした潮干狩り気分、あるいは釣りかくじ引きのような感覚だ。
かつては気に入ったホテルをリピートしていたが、毎回通うそのエリアにも飽きて、
最近は毎回、知らない街、知らない駅、知らない宿を掘り探ることにしている。
市内はBTS沿いの方が動きやすいのだが、行きたい場所も見当たらなかったので、
今回はショッピングモールが多いMRT沿いの『Sutthisan(スティサン)』駅に狙いを定めてみた。

「エアコン」「Wi-Fi」完備で2000円前後、こんな条件でネット検索、
出発前のチェンマイで、『SidaRe Bed and Breakfast』を掘り当てたというワケ。

IMG_4650.jpg

21時過ぎ、初めて降りた『スティサン』の駅前はすっかり暗く、しっかり戸惑うことになった。

駅前通りの店々はすでにシャッターを下ろしていて、コンビニだけが光を放っている。
ところどころ車輪付きの屋台が明かりを灯し、客を集めていた。
チェンマイからネット予約を入れたため、地図をプリントアウトすることもできず、
ざっくり書き取った地図と脳内地図だけを頼りに歩く、ノー・グーグル、ノーライフ。
闇に覆われた路地を進むとほどなく民家のような建物に掲げられた宿のカンバンを見つけ出した。

フロントにいたおばちゃんにこちらの名前と予約サイトの名を告げ、パスポートを差し出す。

カンタンに設備の説明をしてくれると「ついておいで」と身振りで示した、どうやら英語がニガテらしい。
こちらが予約した最安値の部屋は別棟にあるらしく、民家が並ぶ中を3軒ほど先まで歩かされた。
大きな空き家にも見える敷地に入り、中に進むと1階の居室からは家族の笑い声が聞こえてくる。
2階に上がり、個室の扉を開けるとそこには小奇麗な部屋が整っていた。(写真6)

「これ、エアコンのリモコン、これTVリモコン、シャワーとトイレは共同でここ」

おばちゃんは慣れた感じで、カタコト英語で説明していく。
エアコンはバカデカく旧式ではあったが、きっちり仕事をしてくれていた。
2階には外に出られるテラスもあり、使った形跡のあるビーチベッドが置かれている、
宿泊客が日光浴でもするのか、あるいは横たわって夕涼みでもするのだろうか。

いつものように荷物だけ置いて、すぐに出かけることにした。

LCCながら機内食が供されはしたが、きっちりはっきりとした夕飯を食べたかった。
駅方面に戻ればコンビニや屋台があったので、なにかにありつけるだろうと思い、部屋を後にした。

IMG_4714.jpg

バイクの音とともに「ガパオ」が到着したようだ。(写真1)
サニーサイドアップやスクランブルエッグなどここで作れる洋食メニュー以外は買い出しに走るらしい、
家族経営らしく、他の宿泊客がタイ料理をオーダーするたび、掛け声とバイクの音が響いた。

キレイなお皿に盛られ、新鮮な野菜と目玉焼きが添えられた「ガパオ・ライス」のご登場、こういう朝も悪くない。


「SidaRe Bed and Breakfast」はこの場所↓ ★こちらにレビューあります
 TripAdvisorで投稿写真が施設のメインフォトに採用されました!

Booking.comで¥2,000の特典がもらえる!
FC2 Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★

旅行用小物売れ筋ランキング1位 立体型睡眠アイマスク 軽量・究極の柔らかシルク質感 (フリーサイズ)

旅行用小物売れ筋ランキング2位 【Amazon.co.jp限定】 掃除機不要! 衣類圧縮袋 M・L 各5枚 10枚組

旅行用小物売れ筋ランキング3位 Luxebell・ベルト式吊り下げデジタルスケール LCC、宅配便に便利!

旅行用小物売れ筋ランキング4位 海外旅行用変換プラグ 150国通用 USB充電ポート付き(US / UK / EU / AU)

旅行用小物売れ筋ランキング5位 米アマゾン人気 ネックピロー 機内でラクチン インフレータブルクッション


nice!(22)  コメント(0) 

Domestic Flite to BKK @Chain-Mai [Thailand (Chiang-Mai)]

IMG_4518.jpg

午後の遅い時間になってもやる気の衰えない日差しに抗いながら、さらに東へ。

チェンマイの最新スポットができた、という話を聞いていた。
東の郊外へ向かう道沿いに巨大なショッピング・モールがオープンしたらしい、
暑さから逃げ、そこでエアコンに浸るのもいいかも、と思い、バイクを走らせた。

『Mae Ping(ピン川)』にかかる『Nakon Phin(ナコーン・ピン橋)』を渡り、郊外方面へ。

広い大学の敷地沿いを走ると路地に人が行き来していた。
気になってバイクを止めるとその道は封鎖されていて、その先にはオープン・マーケットが伸びていた。
週末だけフリー・マーケットが催されていることはネットの情報で知っていたが、それに出会うとは。

IMG_4591.jpg

バイクを止め、歩いてみるとそこはまさに「Frea Market」、(写真2)
路面にガラクタや骨董品が並び、時折、手作りのお菓子や飲み物が売られていた。

そういえば今日は土曜日だ、地元の人も散歩がてらブラブラ、のどかな場所ののどかな時間。
手作りレモネードを買い求め、水分補給しつつ、端から端まで歩きつくしてはみたものの、出物はナシ。
エアコンが恋しくなるばかりでバイクに戻り、エンジンをかけた。

郊外へ続く広い道の途中、巨大なショッピングモール『セントラル・フェスティバル』が現れた。

それまで寺や市場を眺めていたせいか、煌びやかなモールは異質に思え、まさに「現れた」という感じだ。
有名スポーツショップなどをヒヤカして歩いたが収穫はゼロ、
目に留まったマンゴ・シェイク30Bで熱を冷ましただけで、バイクに戻った。

IMG_4602.jpg

『ピン川』の東岸沿いの道を南下して行く。

「適当なところで右折すれば元に戻るよな」と南下を続けていたら、川を横切る橋が一向に現れない。
少しばかりムムム、なるもまだまだ時間に余裕はあり、
マズければUターンして来た道を戻ればいいやと積極的に迷い、走り続けることにした。

さすがの橋の無さ加減に不安になりかけた頃、大きな交差点から川への橋、右折して川を渡った。
手持ちの市内地図からはとっくにはみ出ていて、その交差点がどこに当たるのかもわからなかったが、
近くにあったホテル名で後から調べると、どうやら『Mangrai(マンラーイ橋』だったらしい。

今度は川の西岸を走る形で北上を続けた。

IMG_4615.jpg

途中、門前で人を下ろすクルマがちょっとした混雑を巻き起こし、人の往来が多い寺院に出会った。
バイクを止め、中に進むと行き交う参拝客が多く、境内は賑わっていた。
廃寺がある一方で多くの参拝客を集める寺がある、これも信心深く熱心なタイの人たちの生活の一幕だ。

奥に進むと川に面した敷地から魚を放流できる一角に人が集っていた。(写真4)

これはタイでよく見る風習、宗教的な行為で捕らわれた鳥や魚を逃がすことで「徳を積む」というやつだ。
ここでは小さなバケツに入った魚を人々が祈りながら、川に放していた。
カゴに入った小鳥を逃がすシーンはよく見かけるが「魚バージョン」を見たのは初めて。
余所者にはわかりづらい宗教的な慣習、同じ仏教徒でも日本とはかなり色合いが異なるわけですね。

Booking.comで¥2,000の特典がもらえる!

城郭エリアに戻り着き、預けてあったバゲージをピックアップするため、宿を目指した。

「バゲージ、取りに来たよ~」

そう声をかけると子供にお菓子を食べさせていたミットさんが奥からバゲージを持ってきてくれた。
17時前、12月だというのに日はまだ高く、19時のフライトにはまだ早かったが、
オフィスを閉められてはかなわないので早めのピックアップ、ただしそのことは言わないでおいた。

「また来てよね、待っているよ。バンコクまで気をつけて」

そんな言葉をもらい、彼とその奥さんと握手をして別れた。
キャスターバッグをスクーターのフロアに置き、ナイト・マーケット近くにあるバイク屋を目指す。
途中、連日通ったジュース屋でスイカ・ジュースを購入、「毎日スイカジュース」でシアワセ過ぎる。

IMG_4587.jpg

「戻しに来たよ~」

店先にバイクを並べ、なかに進むと店のオバチャンが「ここにお座り」とイスを差し出してくれた。

「お茶、飲むかい?」

子供にご飯を食べさせる支度をしていた別のおばちゃんがそう問いかけてきた。
買ったばかりのスイカジュースを持ち上げて見せると、頷いてくれた。
このバイク店はどういうわけか女性しか働いていない、まあ、東南アジアではよくあることか。
手際よくデポジット(保証金)代わりのパスポートを戻してくれ、領収書代わりの書面も出してくれた。
旅先ではこういう手際のいい人たちに大いに頼ったほうがいい。(写真6)

「空港まで、ラクに行く手立てあります?」

時間があったので通りでソンテウ(乗合トラック)でも拾うつもりでいたが、なんの気なしに尋ねてみた。

IMG_4626.jpg

「安いのはソンテウだけど。メンドウじゃないのはトゥクトゥクね」

そう言いながら店先に腰かけ、テイクアウトのご飯をかきこんでいた男性にタイ語で呼びかけた。
「アンタ空港まで行ける?」おそらくそんなことを言ったのだろう。

「150バーツで行く、って言ってるわよ」

観光客はあまり知らないがトゥクトゥクは意外と安くない、なので空港への選択肢には入れていなかった。
なにせ到着時のタクシーが150バーツ、距離があるとはいえ、やはり割高な感じがした。

「う~ん、100バーツならお願いするけど??」

ダメモトで大幅値切りをしたうえで英語のわかるおばちゃんに伝えると、すぐに答えが返ってきた。

IMG_4639.jpg

「あの人、それで行くみたい」

100バーツでアッサリ商談成立、荷物抱えてソンテウ乗り場を探すことを考えれば、悪くないか。
男性は小さなレンゲを置き、プラスティックの器にフタをし、イスの上に置くと「乗れ」と促した。

「え? 時間あるから、ソレ、食べ終わってからでもいいぜ?」

こちらの問いかけを待つまでもなく、男性はトゥクトゥクのエンジンをかけた。
空港への道は意外と混んでいて、トゥクトゥク・ドライバーの彼はイラつきながら運転していた。
時間帯からすると夕方の通勤ラッシュだろうか、それでも15分で『チェンマイ空港』に到着した。

IMG_4648.jpg

「ばんこくえあ、アッチダヨ」

航空会社名を言うとと一番近いドアの真ん前で止めてくれ、カウンターを指差し、教えてくれた。

バンコク・エアのチェックイン・カウンターは空いていて、ボーディング・パスはすぐにやってきた。
出発までは1時間半ほど、ラウンジにシャワーはないだろうが汗を拭き、シャツを着替え、
ゆっくりコーヒー傾け、メール・チェックするぐらいの余裕がありそうだ。

夕食はバンコクに着いたら、食べるとするか。


blogramランキング参加中!
blogramによるブログ分析


nice!(38)  コメント(0)