So-net無料ブログ作成
検索選択

Dazzling Temple @Chain-Mai [Thailand(Chiang-Mai)]

IMG_4524.jpg

12月5日 -Day4-

きっぱりと晴れて、タイらしい熱さが戻ってきた、もはや「暑さ」でなく「熱さ」だ。

チェンマイはバンコクよりも北にあって標高も高いから涼しい、なんていったのはダレ、
と怒鳴り込みたくなるぐらい陽射しが「熱い」、暦が12月を示しているのにおかまいなしだ。

この日はバンコクに移動する日、つまりはチャンマイの最終日。
まずは近所で軽めの朝ご飯を食べ、部屋に戻った、なにせ午前中だというのにすでにエアコンが恋しい。
11時までのんびりと部屋で過ごし、バゲージをまとめ、チェックアウトへ。

IMG_4521.jpg

「お世話になりました、これ、夜まで預かってくれます?」

オフィスでキャスタータイプのリュックを差し出した。

「かまわないよ、何時頃にピックアップ?」

「フライトが19時だから、17時過ぎで間に合うでしょ」

「そうだね。18時までオフィスは閉めないからダイジョウブ。また誰も居ないと悪いからね」

チェックインの際のことを覚えていたらしい、バゲージを受け取りながらミットさんはジョークで返した。

「じゃあ、またあとで戻ってくるね」

これで出発まで荷物ナシ、身軽になったのはいいが居場所もナシになった。
それよりも今宵発つというのにまだ数ヶ所の市場しか出向いていない。
バイクを借り出したくせに疲れと雨に引きずられ、ろくすぽ観光スポットを巡っていない。
サングラス越しに空の青さを確かめ、日没までバイクで走り回ることにした。

IMG_4464.jpg

昨夜は屋台のオンボロ椅子でノンビリ夜の時間を過ごしていたが、
ポツポツと雨が落ちはじめたため、急き立てられるように宿への道のりを飛ばすことになった。
雨脚との追いかけっこに競り勝ち、部屋の中から激しい雨音を聞いている間に眠りに落ちてしまった。

しかし日付が変わった頃、胃袋に起こされた、空腹とのせめぎあいがはじまり、すっかり寝つけない。
おもむろにバイクのキーをひねり、空いている屋台を探し、走った。
夕食を食べたチャンマイ門市場の屋台は暗闇に閉ざされていたが、
外れにポツリポツリと屋台の灯り、そこで雨上りの涼しい風に吹かれながら、麺をすすった。
カメラバッグも置いてきていたのでホントに気楽、「センヤイ・ナーム」30バーツの夜食タイム。

それにしても部屋でゴロゴロして、オナカ空いたらバイクで出かけって、
これじゃあ日本の生活と同じじゃねえか、チェンマイまで来てナニやってんだか。

やる気全開の青空に負けないよう、こちらもやる気を振り絞り、
地図にある城郭外の寺をシラミ潰しに巡ってみることにした、なにせこちらには相棒がいる。(写真2)

IMG_4483.jpg

まずは宿に近い『スアン・プルン門』の南、城壁の外側にある小さな寺を巡ってみることに。
ところが地図にあるはずの寺々はそこにはなく、
住宅が軒を連ねる合間に朽ちた遺跡のような石積みの寺らしきものがあるだけだった。
いわゆる「廃寺」だ、どういう事情で「廃された」かはわからないが、
すでに寺としての役目を終えたそれは生活に埋もれ、情感に満ちていた。

チェンマイの中心地は四角い城壁に囲まれ、その周囲を堀が巡っている。
その水路に沿うように広い車道が走り、行き交う交通量も激しい。
その流れに従い、城郭の西側に進み、チェンマイ大学の方面へ走った。

途中、白に煌めく寺に吸い寄せられ、バイクを止める。
白で覆われた仏塔が並ぶ寺『Wat Suan Dok(ワット・スアン・ドーク)』(写真3)、
あまりに仏塔がキレイな白に輝いていたので、てっきり新造の寺かと思いきや、
案内版によると500年前(!)に建てられたという、見くびってしまいすみません。
それにしても直射日光の下だと、目を開けているのがシンドイほどの白だ。

IMG_4512.jpg

眩い白さを後に走り出すと大学のキャンパスの向かいにはバイクが溜まっていた、
てっきり通学の学生が停めているとかと思いきや、学生とは異なる風体の人たちが停めていく。
気配を感じ、バイクを停め、人の流れを追うと奥には小さな市場が開けていた。(写真8)
小規模な地元市場は昼を前にしていたが、客は少なく、店の人たちもやる気が薄く、お昼寝モード。

この天気、この暑さじゃ、シエスタに限るよね。

IMG_4473.jpg

IMG_4501.jpg

IMG_4534.jpg


Wat Suan Dok

読み終わったら≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
ブログランキング・にほんブログ村へ



nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

Moderest Rainy Day @Chain-Mai [Thailand(Chiang-Mai)]

IMG_4430.jpg

12月4日 -Day3-

朝から雲行きがアヤシイ、空は今にも降り出しそうな顔色をしていた。

どうも疲れがカラダの芯まで染み渡っているようで、朝も昼も食事を摂らずに寝入っていた。
時折、屋根や地面を叩く雨音に起こされはしたが、空模様を言い訳にベッドを離れずにいた。
バイクを借りたというの出かける気力が沸かないとは。

昼飯時を過ぎたあたりで、さすがに起き出し、シャワーを浴びたが、
空はバイクで出かけられるような状態ではなく、買ってきたパンと文庫本に齧りついていた。
ナマケモノ旅行者全開、エアコンの効いた部屋での読書はこれはこれでシアワセでもあるのだが。

IMG_4434.jpg

夕方になった頃、降り飽きた空のご機嫌を伺い、出かけることにした。

宿に近い『スアン・プルン門』を水路沿いに東に進むと『Pralu Chaing Mai(チェンマイ門)』がある。
そのそばに小さな市場が広がっていることを昨夜の帰り道に見つけていて、そこを目指すことに。
バイクで走る距離ではないが、歩くとチョット遠いのだ。

小さな市場は『チェンマイ門』前の道路に沿うように伸びている。

仕事帰りにご飯を食べていく会社員、家族にオカズを買って帰る主婦、暑さしのぎにブラ着く家族連れ、夕食前の時間帯に雨上りの間隙を狙ってか、市場は混み合っていた。
歩道の半分はバイク置き場と化していて、車道にまで及んでいるので大いに歩きづらい。
それでも行き交う人たちは馴れた感じで巧みに肩を交わしながら、店々を眺め歩いていた。

国内激安航空券は『トラベリスト』で!!


オネエサンが手作りしていた「ソム・タム」がフレッシュでおいしそうだったので迷わず注文。

「1つ、お願い! アッチに座ってます」

「スパイシーにする?」

「ノー・スパイシー&ノー・パクチー!」

「OKカー」

タイの人の言葉に乗って、「スパイシー(=辛く)」に乗っかるとトンでもないことになる。
いくら辛いモノに慣れているといっても、こちらの辛さは普通じゃないのだ。
ついでに思い出したので、パクチーも抜いてもらうことにした。

IMG_4443.jpg

ちなみにツアコン時代は「納豆以外なんでも食べられる添乗員」を自負していて、
中国のヘビだろうが、オージーのワニだろうが、ペルーのクイだろうが、率先して食べました。
ツアーではまずはツアコンさんが食べないとお客さんが手を出さなかったりするんですね、
その部分ではスキキライがないのは仕事の助けになってたかな。

「ニホン出れば、キライなモノな~いデス」なんつってましたが、
実は納豆同様、「香りモノ」がニガテ。
ミョウガやセロリ、それにパクチー、シャンツァイ(香草)などニオイ立つものが好みじゃないのですが、
炒め物やサラダなどに刻んで入っていたら、避けるのがイヤなので食べちゃう程度の「キライ」レベル。
ちなみにシソやパセリは大好物、ブルーチーズも大好き、境界線が自分でもよくわからん。

IMG_4349.jpg

事前に頼めるなら「シャンツァイ、プイヤオ(香草、没有)」なんて言いますけどね、
大概は忘れて「あ~あ、言い忘れた」ってナガレで食べちゃいます。

ちなみに「パクチー」は解毒効果があるので、旅先では食べたほうがいいようですよ。
こっちでは日本でのブームのように「増し増し」では食べませんけどね、アレはどうかと思うぜ。

Booking.comで¥2,000の特典がもらえる!


市場の中心部には屋台が並び、その背後にテーブルが置かれていたのでそこを陣取った。
座りはしたが「ソム・タム」だけで夕食に足りるはずもなく、目の前の麺の店と炒め物の店を検分。
作りはじめた炒飯がおいしそうだったのでそれに飛びついた。

「こっちにも『カオ・パット(タイ式炒飯)』ひとつね~」

中華鍋を振るオジサンにそう声をかけ、座っていたテーブルを指さした。
席に戻ると「ソム・タム」が登場、迷わず頬張った。

見た目通り、フレッシュでうまい。(写真6)
スパイシーにしなくて正解だったが、刻んだパクチーは入っているようで、それもうまかった。

IMG_4335.jpg

「はい、『カオ・パット』」

おばちゃんが持って来た炒飯=「カオ・パット」に期待が募ったが、
こちらはハズレ、家で作ったチャーハンというかヤキメシ状態、油べっちゃり残念無念。

屋台の向こうを行き交う人を眺め、のんびり夕食の時間。
なにもしない旅先の一日を反省しつつも、こういう小さなひと時で一日が充実した気分になっていた。

「ねえ、帰るよ~」

席を立ち、声をかけるとそれぞれの店からお金を取りに来てくれた。

IMG_4445.jpg

屋台では料理を持って来た際に支払うパターンと帰り際に払うパターンのどちらでもOK、
先に払うのも後で払うのも、客の好きなように対応してくれる。
メンドくさかったり、不安ならば注文時に店先で払ってしまうのもアリだ。

食い逃げが発生しそうなやり方だが、フシギとそんなシーンは見かけたこともない。
「ソム・タム」40B、「カオ・パット」50Bの安上がりな夕食、帰りにスイカ・ジュースでも買おう。

『Talat Pralu Chaing Mai(チェンマイ門市場)』の夜が更けていく。


Talat Pralu Chaing Mai

FC2 Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★

BESTEK 海外旅行用変圧器 変換プラグ付き 90V-240V to 100V

MOCREO・安全旅行充電器 変換プラグ 常夜灯付きが便利! 軽量

ワールドマルチプラグ 海外旅行必携品世界各国のコンセントに対応

多機能旅行充電器 ユニバーサルACアダプタ 世界150カ国に対応

ATiC 2ポートUSB(2.1A)付き ヒューズ付き 世界対応マルチプラグ


nice!(54)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

Modest Happiness @Chain-Mai [Thailand(Chiang-Mai)]

IMG_4265.jpg

12月3日 -Day2-

窓の外に見える空は少し曇っていて、気温は昨日よりも落ちているようだった。

そんな外気に関係ないエアコンが効いた快適な部屋で、昼前までノンストップで目覚めなかった。
昨日の移動の疲れに加え、深夜の街歩きの疲労が重なったのだろう、
あるいはベッドに細工がしてあって、一定の時間まで縛りつけられていたのかもしれない。
腹が減ったことでようやく起き出すことに成功し、熱いシャワーでしっかり目を覚ますことにした。

昨夜はローカル・マーケットを堪能したことで、切れかけた気力を充電することができ、
混沌の『ナイト・バザール』への再突入を試みることができた。
滞在中の足を確保するべく、数軒のレンタル・バイク店を回り、相場を確かめ、
乾いてはスイカ・ジュースで補い、香りに誘われては串焼きを屠り、見知らぬ街を歩き回った。

「それ、ウマイの?」

タイでお気に入りのイカの串焼きを路肩の屋台で頼んでいるとヨーロッパ系の男性に話しかけられた。

IMG_4272.jpg

「イカですよ、好きなんです、コレ。頼んでみます? こっちのフィシュボールも美味しいですよ」

屋台のニイチャンは寡黙に徹し、焼き鳥スタイルのゲソ焼きとイカ焼きを焼いてくれている。(写真2)
ウイーンから今日着いた、という彼の代わりに注文するとニイチャンはニヤリと笑って見せた。
これじゃあまるでサクラみたいだなあ、と思ったが、口には出さないでおいた。

「辛いのは平気? 今日来たばかりなら控えめがいいかな?」

「わからないなあ、この国で初めて口にするものだから」

屋台の串焼きは目の前で焼き直し温めると、串から具材を外し、「金魚袋」に落とし込み、
そこに刻んだチリやパクチー、ナンプラーなどが混ざったタレをまぶし、新しく刺した串で食べる。
形こそ日本の焼き鳥に似ているが、仕上がりはまったく別モノ、食べ方も大いに異なるのだ。

「こういう気軽さがこの国の楽しさだね。ありがとう」

IMG_4296.jpg

焼けるのを待つ間、互いの旅程などを語り合う、彼はいきなりチェンマイに乗り込んで来たらしく、
初めての「タイ」に戸惑いながらも楽しくて仕方がないようだった。
オーストリアからの道のりと比べると日本からの乗継便などカワイイもの、こちらの話しはどうでもいい。

最後に金額を伝え、立ち去ろうとすると、英語がニガテな屋台のニイチャンは親指を立て、笑顔をくれた。
旅先のこういう瞬間がオモシロイ、おそらくそれに出会いたくて旅を続けているのだ、きっと。

地図も持たないまま、暗闇にぶつかっては戻り、行き過ぎたと感じたら迂回し、夜の街を歩き続けた。
ホテルに辿り着いたのは日付が変わってからだった。
歩き過ぎたせいでフライトで硬くなったカラダはすっかり解れていたが、両足はしっかり固くなっていた。

Booking.comで¥2,000の特典がもらえる!


バンコクよりも北にあり、標高が高いのでチェンマイは冷える、と聞いていたのだが、
昼過ぎの外気は東南アジアの表情丸出しで遠慮なしでまとわりついてくる。

近所の出店でオカズ数品目をご飯に乗っけてくれる「ぶっかけご飯」をテイクアウト、大盛りで45B。
暑さにすっかり尻尾を巻いてしまい、おとなしくエアコンの効いた部屋で食べることにした。
食後は耳も垂らしたまま、この「外気隔離室」で読書にふけることにした、持参のコーヒーを淹れて。

合間に思い出したチェックインをしに降りた、といってもこの宿にはフロントがなかった。
正面が旅行代理店のオフィスになっており、合わせてホステルも経営している形なのだ。

「昨日は悪かったね。僕はミット、ヨロシク」

「いや、部屋に入れたからかまわないよ」

IMG_4419.jpg

握手を交わし、吹き抜けのオフィスでチェックインの手続きをしながら、他愛のないハナシをする。
彼の英語が流暢なのは嫁さんがフランス人らしい、奥の間ではその奥様が赤ちゃんをあやしていた。

「夜はお客が来ないからここは閉めちゃうんだ」

「このバイクはレンタル用? あと支払いは両替に行ってからでもいいかな?」

「チェックアウトの時でもかまわないよ。バイクは必要なら言ってくれればOK、200バーツだよ」

店先に置かれたスクーターは残念ながら相場価格、ただ返却が楽なので候補に入れておくことに。
市内の地図をもらい、スーパーや市場の場所、オススメの両替店を印してもらい、部屋に戻った。

初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール




陽が落ち、「隔離室」から一時外出の許可を出しても安全そうだったので『ナイト・バザール』へ向かう。

滞在の安宿は『Pratu Suan Prung(スアン・プルン門)』のそば、そこから北に上がり、
メインの『Ratchamnoen Rd.(ラチャダムヌーン通り)』を東に抜けていく。
時折、「バイク」「レンタル」の表示を見つけては値段を尋ねるが200~300Bと思わしくない。

『ターペー門』を抜け、『ターペー通り』を歩き、『Chang Klang Rd.(チャン・クラン通り)』へ。

チェンマイ名物の『ナイト・バザール』はこの『チャン・クラン通り』を中心に広がっている。
レートのいい店で6,000円を両替、1,780Bを確保。(1B≒2,97と円レートはイマイチ)
キャッシュもできたので昨夜、目星をつけていたバイク店へ、ここは1日レンタルで150Bだったのだ。

IMG_4389.jpg

「バイク1台、一番安いやつをお願い」

「OK、何日?」

「2日間。5日の夜まで」

「ガスは1Lぐらいしか入ってないから、自分で入れてね。2日間で300Bよ」

店のおばちゃんはそういういうと手慣れた感じで書類を作成し、ヘルメットを選ぶように言ってきた。
国際免許は持参していたがチェックはナシ、無免だろうがなんだろうが自分の責任の範疇だ。
ひとまず30分ぐらいの道のりを歩かず、宿に帰れることで気も足もラクになった。

まずはガソリンを補給、2Lで50B、バイクの差額分でガス代が出た、歩いた価値があるってもんだ。

IMG_4374.jpg

あてもなくバイクで走り、街の形を掴んだところで宿に戻った。

シャワーを浴びて、晩飯に出るかと思い、ふたたびバイクにまたがったのだが、
宿の目の前の通りに出ていた出店が気になった。
「カオ・カー・ムー」の屋台が地元の人を集めている。(写真5)

タイ定番の豚の煮込み料理、ホロホロに煮崩れた豚肉に脂と甘辛いタレが絡みつき、ご飯が進むのだ。
カオ=ご飯、カー=足、ムー=豚で「豚足飯」、タイの料理名は分解するとわかりやすい、
トム=煮る、ヤム (=混ぜる、クン=エビの如く。

こういう時は旅の定理に従うべき「地元の人で混んでいる店にハズレなし」、
あ、これ、自分だけの定理ですので、アテにしないように。
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2011-01-03 (「カオ・カー・ムー」@ルンピニ)

地元の人と肩を並べ、テーブルにつく、40バーツのシアワセ、宿の目の前だし、明日も食べようかな。



blogramランキング参加中!
blogramによるブログ分析

nice!(56)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行