So-net無料ブログ作成

JEJUAIR 全羅南道 FAM TOUR -DAY2 麗水~順天- [South Korea(全羅南道)]

IMG_5653.jpg

―DAY2―

8時の出発に合わせ、チェックアウト。

午後からくずれるという予報どおり、うす曇が広がり、今にも降り出しそうな空の色をしている。
ツアーを受け持っていた頃には「雨が降らない添乗員」という評判をいただいていたが、
果たしてこのツアーはどうなることやら、受け持ちのツアーじゃないけど。

朝食から「ヨス(麗水)の名産、『高菜キムチ』を食べましょう」ということで、ホテルを出て町なかで朝食を摂ることに。

IMG_5650.jpg

昨夜のホテルは5月1日の開業前のプレ営業ということを聞き、カードキーを手に部屋にあがると、
写真の通り、手付かずのキレイな未使用部屋が待っていて、窓の外には色鮮やかに煌く大橋が見える。
ところが室内が汗ばむほど暑い。

ベッドサイドのコントローラーで空調のスイッチを入れてもなんの音もしない。
バスルームの換気扇を回し、窓を開け、室内の熱を逃がすが、それでも暑い、というか熱い。

IMG_5665.jpg

韓国はTVリモコンにA/C操作を内蔵している場合もあるので、アレコレ試したが空調は返事もしない。
フロントに電話をかけようと受話器を取るが、今度は電話も返事をしてくれない。

う~ん、窓を開けておけば熱は逃げるだろうが、それもなあと思い、フロントに下りることにした。
こういうのは直接言ったほうが解決が早い、というのがホテルの常道だ。

IMG_5675.jpg

ところが唯一働いていたフロント・スタッフには英語がまったく通じなかった。

おいおい、ホテルだろココ、と思いつつも、
カタコト韓国語で「えあこんダメデス」「アツイデス」「でんわナイデス」と格闘したが、
帰ってくるのは「ナイです」という返答だけでイマイチ取り合ってくれない。

IMG_5685.jpg

そこに偶然、韓国語のわかるツアー参加者が通りかかり、軽く通訳してくれた、おお~助け舟。

結果、プレ営業なのでエアコンの電源もフロントへの電話も生きてない、ということがわかった。
プレ営業でその機能使えないってどうなの、と思いつつも抗ってもしかたないので白旗、撤退、退散。

虫もいない時季なので、窓を開ければモンダイナシ、潮風に浸りつつ、ベッドで意識を失った。

#韓国 #全羅南道 #松広寺 #ソングァンサ #順天 #スンチョン #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



少しクルマを走らせ、朝食場所に着いたが、食堂内には誰もいなかった。
コーディネーターの事前手配で予約と電話連絡も入っていたはずだが、店内には人の気配がない。
テーブルに食事あとの形跡はあるので、営業はしているようだが。

再度の電話でようやく店主アジュマが顔を出したが、「これから用意する」というオハナシ、
分刻みで動いているFAMツアー御一行にそれを待つ余裕はなく、別の店舗を目指すことに。
あ~あ、大口客を逃したね、アジュマ~。

IMG_5695.jpg

ガイドさんが知っているという2ブロックほど離れた『ケスンイネ食膳』という食堂へ。

「高菜のキムチ」がヨスの名物というハナシから、
この店のオススメ「カンジャン・ケジャン」も食べましょう、とハナシが膨らみ、
テーブルは海産物で埋め尽くされた、ステキすぎる朝食タイム開催、災い転じて、ってやつだな、コレ。

IMG_5694.jpg

「ケジャン」は醤油が薄く、カニの味が生きている、醤油を啜るようなソウルのそれとは明らかに異なっている。
「カンジャン・セウ(エビの醤油漬け)」も頭の部分まで甘くてウマイ、一生、殻を啜っていたいぐらい。
いっそくわえたままでクルマに戻ろうか。

IMG_5700.jpg

普段焼かれて出される「イシモチ」も店主のオヤジサンが、
「蒸したほうがウマイから蒸してやるよ」と特別アレンジ、おいしくウレシイ気遣い。
おおっと名産「高菜キムチ」も他では味わえない旨さ、でも朝からご飯が進んじゃうのでちょいとセーブ。

なんと「写真3」の定食セット、20,000wですぜ、やっぱり地元メシはオイシイ。
https://www.ok114.co.kr/ntnw/search/searchCompanyOfMainPh.crz?phone_number=0616418887 (ケスンイネ食膳)
IMG_5717.jpg

ドタバタ店変わりから、果報者的豪勢朝食を終え、バンはスンチョン(順天)を目指す。
約1時間の移動を経て、『ソングァンサ(松広寺)』へ到着した。(写真4)

山ひとつが寺を抱くような形で木々に覆われた長い参道が本堂まで続いている。
中央にはせせらぎが流れ、ちょっとしたハイキング・コースの趣、タップリ森林浴しながらの参拝だ。
少し前の桜や秋の紅葉時はとても美しい、とガイドさんが語るが、新緑でも充分に見ごたえアリ。

周辺の山々には趣向ある寺も多いそうで、可能ならば異なる季節に訪れてみたいものです。

IMG_5703.jpg

ここは韓国三宝寺のひとつ、「三宝」とは仏教における仏、法、僧、そのうちの「僧」を擁する寺だそう。
それにも増して、本堂を護るように流れる渓流と建物の融合がなんとも美しい。

なんて浸っていたら、バシバシと観光バス到来、
ワシワシと韓国アジュマが吐き出され、ガシガシとニギヤカな声が境内を埋め尽くしていくのでした。
https://www.konest.com/contents/spot_mise_detail.html?id=9562 (松広寺・コネスト)

IMG_5723.jpg

そんな団体客から逃げるようにバンに戻り、我がチームは次の目的を目指す、
見どころ全部紹介したい「FAMツアー」は分刻みで忙しいのだ。

それにしても一人旅と異なり、グループで動いていると人が写り込まない写真を撮るのはひと苦労。
ツアー・グループから離れつつ、地元団体客も避けつつ、時間もない、というわけで。

IMG_5705.jpg

到着したのは『ナガンウプソン民俗村(楽安邑城民俗村)』、朝鮮時代の城と家々が現存する民族村だ。

他の民族村と異なるのは今も伝統的草葺屋根に普通の人々が暮らしているということ。
広大な敷地内には遠足地として適しているのか、揃いの服を着た園児や遊具で遊ぶ子供たちの団体が多い。

IMG_5713.jpg

様々な映画やドラマのロケ地としても利用されており、広大な城壁内は興味が募る建物が軒を連ねていて、
一軒一軒、案内人の説明を聞きながら、一歩一歩、足を踏み入れたくなるのだが、
スケジュールに押される「FAMツアー」は少し駆け足見学、後ろ髪引かれつつ、城門をあとに。
http://www.suncheon.go.kr/nagan/(楽安邑城民俗村・公式サイト)

スケジュールは分刻みで盛りだくさん、まだまだ見なきゃならないものが山盛りなのだ。

#韓国 #順天 #全羅南道 #民俗村 #j城壁 #楽安邑城 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


<<全羅南道&光州公式ブログはコチラ>>
チェジュ航空なら1万円かからず韓国へ! ここから探そう!

順天松広寺

読み終わったら≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
ブログランキング・にほんブログ村へ




nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

JEJUAIR 全羅南道 FAM TOUR -DAY1 潭陽~麗水- [South Korea(全羅南道)]

IMG_5568.jpg

クルマに戻り、南側のメタセコイアの並木道に沿うように広がる『メタ・プロバンス』へ。

唐突に「プロバンス(=南フランス)」と言われても、
プロバンスを何度か巡ったことのある身としては多少の戸惑い。

IMG_5556.jpg

そんな気分を吹き飛ばしてくれるように目の前にメタ・セコイヤの並木道が現れた。
車道と区切られた形で『メタセコイヤ・カロスギル(街路樹)』が左右に広がっている。
真っ直ぐにそびえ立ち、真っ直ぐに肩を並べるメタセコイヤ杉の美しい佇まい。

タミャンに向かう道行きも並木道は連なっていたけど車窓でしたからね、やはり直に感じて歩かないと。
歩く価値ありはアリです、というより歩かないともったいぞ、この美しい並木道は。

IMG_5560.jpg

お隣の『メタ・プロバンス』にはベーカリーやカフェが軒を連ね、
上着を必要としない気の早い日差しにテラス席は心地よさそう。
週末はものすごく混むそうですよ、お店も凝った造りのものが多く、地元人気を集めているようです。

IMG_5557.jpg

傾く日差しを背に夕食場所へ、『竹緑苑』の脇にあるようなのでクルマで戻る形。
その後は『栄山江』の川沿いを歩き、『竹緑苑食堂』へ到着したのは18時を過ぎた頃。

全羅南道らしく、テーブルはバンチャンで埋め尽くされている、これが全羅流、
そういえば以前訪れたチョンジュ(全州)の食堂でも驚かされたっけ。
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2011-02-17 (全州日帰り旅)

IMG_5566.jpg

名物「竹筒飯(デトンパプ)」は小さな炭を入れ、炊き上げるそうで、ほんのり炭の薫りが。
って、そいつの写真撮り忘れてる、ニギヤカなバンチャンでご勘弁を。

IMG_5563.jpg

この店の「テジ・カルビ」は変わっていて挽肉のハンバーグ・スタイル。
それにしても野花や山菜など食べているだけで健康になりそうな品揃えに箸が止まらない。
ハナヤカなテーブル、ニギヤカな食卓、旅先でなんとも幸福な夕餉のとき。

IMG_5574.jpg

食後は南の沿岸エリア『ヨス(麗水)』を目指して、一時間半ほど走る。
ツアー・メニューはまだまだ目白押し、数々のイベントが待っているのだ。

さすがにご飯を食べたばかりの車内ではみな舟を漕いでおりましたが、
こちらは読書タイム、文庫本のページが進む進む、明るい車内がうれしいなあ。

IMG_5576.jpg

20:30、『麗水海上ケーブルカー』に到着。
http://yeosucablecar.com/?lang=ja (海上ケーブルカー・公式・日本語)

韓国初の海上ケーブルカー(日本語ではロープウェイ)だそうで、
「クリスタル・キャビン」というスケルトンのキャビンが人気を集めているそうです。

Ropeway.gif

海上ロープウェイは日本ではあまり見かけないこと、重ねて夜間も運行しているのが大きな特徴、
美しいヨスの水際を上から見下ろすことができるので見ごたえアリ、
カップルにはロマンティック満載のアクティビティです。

ぜひ行かれた方は夜間に乗り込むことをオススメします、「クリスタル~」でなくとも見ごたえ充分!

IMG_5599.jpg

心地よい夜風と夜景に染み入りながら、13分の旅路が終わると、
ヨスの町を見下ろせる展望台を散策することができます。

海辺にポカンと浮かんだ月と静かなヨスの町が印象的でした。

IMG_5605.jpg

船着場やフェリーターミナル沿いの『ロマン屋台通り』を車窓で眺めつつ、一路ホテルへ。

「ポジャンマチャ(幌馬車屋台)」とは異なり、
オープン・エアで楽しそうに飲み交わす韓国らしい情景が広がる通りでしたので、
できることならこの『屋台通り』をぶらつきたかったなあ、とツブやいてみたもののクルマは止まらない。

IMG_5608.jpg

宿泊したホテルは『麗水ホテル・ヘイブン』、22:30に到着。

5月1日から本営業ということで、ロビーはひと気が少なく、ガランとした感じでしたが、
手際よくカード・キーを出してくれ、それぞれが部屋へ。

IMG_5615.jpg

考えてみたら始発電車からの一日、よく眠くならんかったなあ、
ようやく長い一日が終わるぜと、シャワーだけでベッドに倒れ込む気満々で部屋に上がった。

ところが、新品ホテルはそうはさせてくれないのでした。

BRIGE.gif
<<全羅南道&光州公式ブログはコチラ>>
チェジュ航空なら1万円かからず韓国へ! ここから探そう!

『Hotel Haven』はコチラから

Booking.comで¥2,000の特典がもらえる!
FC2 Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

JEJUAIR 全羅南道 FAM TOUR -DAY1 関空~務安~潭陽- [South Korea(全羅南道)]

IMG_5499.jpg

―DAY1―

いつも空いているテニスコートで過ごすGWなのですが、唐突に出国の途に着くことに。

赤い電車の始発は「羽田空港直通」、座ったままで出発ターミナルまでたどり着けるのはラクでいい。
といっても今回利用するのは「国内線ターミナル」、
まずは国内線で関西国際空港(KIX)へ赴き、そこから出国という、ややこしいルートを踏みます。

年間10本前後利用する国際線と異なり、国内線の利用は数年に一度あるかないかなので、
心なしか落ち着かないまま、搭乗ゲートへ。
QRコードがあれば、チェックイン・カウンターに出向かないで済むのはいいですねえ。

IMG_5474.jpg

国内線を利用するのは2014年のコタ・キナバル渡航以来、
このときはマイレージ発券でマイルが変わらないので、仁川経由で福岡乗り継ぎを織り込んでみたんだっけ。
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2014-10-10 (コタ・キナバル紀行)

なので、不慣れな国内線の流れにイマイチついていけず、ちょっとドキドキ。

IMG_5472.jpg

さてさて、急にGWの旅に出ることになったのは「チェジュ航空(JEJU AIR)」のお招きに預かったから。
4月30日に新就航する「関西~務安(ムアン)便」に乗り、3日間の日程で「全羅南道」を巡り、
その現地のリポートを記す「FAMツアー」参加のお話しをいただいたのですね。

というわけで、そのレポートを写真タップリでお送りしていきます。

出発の5日ほど前に降って沸いた話しなので、
慌てて東京~関空の深夜バスやらなにやらアレコレ調べたが、安くないがな~。
結果、寝不足深夜バスと5千円ぐらいの差しかないなら、と国内線をブッキング、
12:30に合うようなフライトがなかったので、始発便の7:10のフライトを確保し、
赤い電車の始発に乗ることになったわけで。

IMG_5480.jpg

いただいたフライト・スケジュールに国内移動を合わせるとこんな感じ、「MWX」はムアンの3レター。

2018-04-30 07:10/08:25 ANA093 HND/KIX
2018/04/30 12:30/14:10 7C1311 KIX/MNX
2018/05/02 15:20/17:00 7C1324 MNX/KIX
2018-05-02 21:05/22:20 ANA098 KIX/HND

IMG_5518.jpg

8時半頃に到着して昼まで待つことになるけどそこは『Priority Pass』を使い、ラウンジで暮らすか、と。
なんと関空では『KALビジネスクラス・ラウンジ』の他に『ぼてじゅう』を利用できるんですね。

プライオリティパスでレストランが使えるなんて初めて、LCC利用前のランチには充分でしたわ。

IMG_5522.jpg

務安行きの搭乗ゲートでは「新就航の記念バナー」前で記念撮影会ののどかな雰囲気。
7C1311便は予定より早く出発し、1時間半のフライトで韓国・務安の地には10分早く降り立った。

日本の地方空港よりも小さな国際空港では「新就航」ということもあり、現地観光局の方々がお出迎え。
花束渡されて写真撮影などされましたが「お花は他の女性に」と譲り渡し、記念品だけいただきました。

IMG_5535.jpg

楽団の生演奏や地元のゆるキャラ、「スタチュー」の大道芸人など、到着ロビーは歓迎ムード満載、
新就航第一便はこういう楽しみがありますね。

そしてFAMツアーの参加者5名は現地観光局スタッフとガイドさんに出迎えられ、ツアーのバンへ。

IMG_5533.jpg

空港からクワンジュ(光州)を抜け、タミャン(潭陽)へ、約1時間の道のり。

高速を降り、メタセコイヤの長い並木道を経て、『チュンノグォン(竹緑苑)』へ。(写真X)
https://www.konest.com/contents/spot_mise_detail.html?id=4042 (チュンノグォン・コネスト)

#韓国 #タミャン #竹緑園 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



映画やTVドラマのロケにも使われる竹林は陽光が差し込み、静寂に包まれ、独特のムード。
時折、ローカル観光客のアジュマご一行がその静寂をぶち壊してくれますが、それもまた一興、
フライトを経た身としては清白な空気の中で「竹林浴」のひととき。

IMG_5538.jpg

そこから歩いて『栄山江』を渡り、こじんまりとした静かなタミャンの町へ。

竹林からほど近い距離にある『潭陽製菓』という名のカフェで小休止。

IMG_5539.jpg

限定販売の「テナム・ティラミス(竹ティラミス)」とボトル入り「テナム・ウユ(竹牛乳)」「パッ・ウユ(小豆牛乳)」、
これらをみなでシェアしながらカフェ・タイム。

あ、「竹牛乳」(写真中央)といっても竹のエキスが入ったミルク・ティでゴザイマス、コレ。

IMG_5547.jpg

韓国旅行者にもとても有名らしく、若いカップルが次々に訪れ、
「数量限定で売り切れです」という声に肩を落としながらも、
コーヒーを飲み、うれしそうに写真を撮っては帰っていきます。

タミャンというとても小さな町なのですが、韓国カフェ人気の本領、という感じですねえ。
ソウルにあってもおかしくないぐらいモダンなカフェです。

IMG_5550.jpg

限定販売の「テナム・ティラミス」はズッシリドッシリ、太い竹筒の中にギッシリと濃厚ティラミスが詰まっており、
食べ応え充分、カップルがシェアするとちょうどいいぐらいの量、おひとり様なら晩御飯イラナイ。

IMG_5542.jpg

LCCで乾いたカラダを竹林で癒し、竹牛乳で潤し、ほっと一息、至福の時間。

IMG_5551.jpg
<<全羅南道&光州公式ブログはコチラ>>
チェジュ航空なら1万円かからず韓国へ! ここから探そう!

務安国際空港

『海外航空券』、『海外航空券+ホテル』に使える3000円引きクーポン!
Blog Ranking ≪旅行部門≫ をチェック!★
ポチっと ≪海外一人旅ランキング≫ をチェック!★
読み終わったら ≪海外旅行ランキング≫ をチェック!★
blogramランキング参加中!

WK2 足らくらく フットレスト 足置き むくみ防止 GRAY 大きいサイズ

米アマゾン人気 ネックピロー 機内でラクチン インフレータブルクッション

ドクターショール フライトソックス M 男女兼用 足のむくみやムレ防止

Dream Therapy エアーネックピロー 洗えるカバー アイマスク 収納ポーチ付

SUREFIRE(シュアファイア) イヤーマフ ソニックデフェンダー プラス


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行