So-net無料ブログ作成
South Korea(Seoul) ブログトップ
前の30件 | -

コンハンの味@Seoul -完- [South Korea(Seoul)]

IMG_5255.jpgIMG_5261.jpg
IMG_5387.jpgIMG_5354.jpgIMG_5450.jpg
DAY 8 4月27日
写真1; 物音のしないホステルを物音を立てずにチェックアウト、
      7:45のフライトに合わせ、空港リムジンの始発に乗るため、静かに常宿を離れた。
写真2; 目の前徒歩3分のバス停から『清涼里』4:30出発の一般リムジン6002番を捕まえる。              まだ暗い中やって来たバスの車内はほぼビッチリでビックリ。
写真3; 鍾路を西に流していくうち、席は埋まり、光化門以降はドライバーが乗客に詫びを入れていく。
      この時間だと空港鉄道は動いていないので、バス利用者が多くなるのでしょうね。
写真4; 思いついたかのようにソウル市内にも「レンタルサイクル」のキオスクスタンドが立ちはじめた。
      ただし使っている旅行者は皆無というか、地元の人も使ってないけど普及するのか。(写真3)
写真5; 早い時間だけあって、空港のX-ray(手荷物)検査場は一部しか開いていなかったが、
      行列もストレスもなく出国へ、LCCだからか搭乗ゲートは沖のコンコースが割り当てられた。
      おかげでプライオリティ・パスで『KALラウンジ』が利用でき、ちょいとラッキー、
      ここはニギヤカな家族連れもいないので、ノンビリ朝食タイムが過ごせる。



2016年4月の「毎月ソウル」

2016年4月20日~27日 by TW202&TW201


-完-




Booking.comで¥2,000の特典がもらえる!
Blog Ranking ≪旅行部門≫ をチェック!★
ポチっと ≪海外一人旅ランキング≫ をチェック!★
読み終わったら ≪海外旅行ランキング≫ をチェック!★
blogramランキング参加中!
出発前の空港、みなさんはナニして過ごしていますか?
免税店をウロウロ? カフェでセカセカ? 搭乗ゲートでイライラ?
「格安航空券」だろうが「LCC」だろうが、
各空港のある『ビジネスクラス・ラウンジ』でゆっくりビールやワインなんていかが?
【プライオリティ・パス】があればそれが可能、情報詳細は↓コチラをご覧ください。
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2010-03-17

「カードの年会費10,800円は高い!」と思うかもしれませんが、
『ビジネスクラス・ラウンジ』の利用料は1回US$30ほど。
1度の海外旅行で日本出発時に1回、帰国時の空港で1回、往復2回ラウンジを使えるわけですから、
年間2度、海外旅行に出るとすでにモトは取れてしまいます。
空港によっては国内線でもラウンジ利用可能ですから、帰省時や国内旅行でも便利!

そのほかに「トラベルコース」を選べば、年2回の『手荷物宅配サービス』が付帯しますので、
単純計算で1,500円前後x2回分が浮いちゃいます。
国内も海外も旅行にこの1枚 さらに今なら入会時にポイントプレゼント、
初年度はこれだけでも会費を補えるので、試しに使ってみるのもアリです。
カードには最高5,000万円の『海外旅行傷害保険』&『国内旅行傷害保険』が付帯するので、
不安が多い海外旅行でも安心ですね。

実際に利用した各都市空港ラウンジの報告記はこちらのリンクから!
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-05-23 バンコク・スワンナプーム(BKK)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-08-16 マニラ・ニノイ・アキノ(MNL)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-08-20 シンガポール・チャンギ(SIN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-11-09 デンバー・インターナショナル(DEN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2014-05-06 ソウル・インチョン(ICN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2015-09-29 アブダビ・インターナショナル(AUH)
http://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2016-07-21 香港・チェクラップコク(HKG)

nice!(26)  コメント(0) 

トガニタンの味@Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_5402.jpgIMG_5411.jpg
IMG_5420.jpgIMG_5448.jpgIMG_5438.jpg
DAY 7 4月26日
写真1; 週明けとともに気温が上がり、日中には27℃を刻んだ。もはや春先ではなく初夏だぜ、これ。
      近所の焼肉店で「トガニタン」のランチ、「トガニ」=牛のヒザ軟骨を煮込んだスープですな。
写真2; 精肉店も営む店なので肉料理のクオリティが高い、重ねてランチには石釜のご飯が付いてくる。
      常連は食後に石釜のおコゲで「ヌルンジ」作り、再度フタして(写真1)大人しく待つのだ。
      あの味がスキではないのでコゲをガリガリこそいで、ポリポリと食べる荒業に。
写真3; 日本の友人に頼まれたものを買いに、ソウル駅のロッテマートへ。
      カウンターからカンタンに海外発送できるのでここでのお買い物。
写真4; 『ソウル駅旧駅舎』は陽が落ちて、ライトアップされると急に雰囲気が上がるのだ。
写真5; 東京駅に外観が似ている日帝時代の建築物であるが、新装後は内で美術展や展示会が催さていれる。


ポチっと≪海外旅行ランキング≫をチェック!★


nice!(18)  コメント(0) 

シジャンの味@Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_5393.jpgIMG_5357.jpg
IMG_5363.jpgIMG_5376.jpgIMG_5381.jpg
IMG_5384.jpgIMG_5390.jpgIMG_5400.jpg
DAY 6 4月25日
写真1; 月曜になり、ようやく晴れたので宿のスタッフの自転車を借り、『チュンブシジャン(中部市場)』へ。
写真2; 市場右手の通りは古いスタイル、屋外の乾物問屋が軒を連ねる。
写真3; バンチャンやコチュカルを眺めて歩くだけでも市場は楽しい。
写真4; 左手の問屋通りはアーケードが新装され、リニューアル、明るく通路も広いので歩きやすい。
写真5; 得体のしれないものを興味深く眺めていると気さくなアジュマが「XXヨ~」と教えてくれる。
写真6; 海産系の乾物は料理の隠し味に万能、そのまま齧って酒の肴でもOK。
写真7; 『中部市場』は海産物の乾物以外にもドライフルーツやナッツも充実、これがまた安いのだ。
写真8; 夕食はスタッフに便乗して、出前を注文。
      「ヘムル(海鮮)・チャンポン」、韓国のチャンポンは容赦なく辛い。
      ホントは辛くない「三鮮ウドン」が食べたかったが注文が通らなかったみたい。
      http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2015-06-05 サムソン・ウドン


読み終わったら≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
ブログランキング・にほんブログ村へ


nice!(14)  コメント(0) 

モクサルの味@Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_5522.jpgIMG_5318.jpg
moksal.gifIMG_5230.jpgIMG_5233.jpg
DAY 5 4月24日
写真1; 出かけない日曜ということで宿でゴロゴロって、ずっとウダウダ過ごしているが。
      この日から東大門『DDP前道路(奨忠壇路)』が歩行者天国になる、との情報を得るも、
      昨日も行ったし、と重い腰は上がらず。http://www.seoulnavi.com/special/5059781 ソウルナビ
写真2; 夕食時、香港ワーホリ組から「焼肉食べに行かない?」とのお誘い、旅先の誘いは断らない主義、
      ここはあっさり腰が上がり、みなで歩いて近所の『ユッチョン・シクタン(肉典食堂)』へ。
      地元の人で行列するこの店は「モクサル」がうまい、計り売りの肉塊(写真1)が魅力的。
写真3; 「最後に『ポックンパッ』食べる?」と同好の韓国人マネージャーが誘惑の問いかけ。
      「え、肉焼いた鉄板でどう作るの?」の質問に間髪入れず、クッキングシートが登場し、
      店の人が目の前で手際よく調理完了、仕上げのチーズがたまらん、誘いには乗るべきなのだ。
写真4; 食後の腹ごなしに宿の裏手の山の上にある『崇仁公園』へ登った。
      この辺りは住所も『崇仁洞(スンインドン)』という名称、目下に東大門の夜景が広がる。
写真5; この公園にやって来て「スピードミントン」などプレイしたことはあるが夜の景色は初めて。
      http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2011-09-29 スピードミントン・プレイ
      向かいの山に『南山タワー』、あっちもこっちを見てるかな。

崇仁公園

FC2 Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★


nice!(17)  コメント(0) 

プルコギの味@Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_5270.jpgIMG_5285.jpg
IMG_5288.jpgIMG_5303.jpg【Yahoo!ショッピング】注文した書籍をセブン-イレブンで受取れば送料0円 IMG_4829.jpg
DAY 4 4月23日
写真1; 曇り空が続く冴えない陽気に気分もカラダもどことなく冴えない。
      宿の近所の食堂で「トゥッペギ・プルコギ」のランチ、7,000w也。
写真2; 遅い時間になって東大門のテント村を目指し、出かけた。
      運動不足の塊を拐取するため、3駅分の距離を歩くことにし、『清渓川』沿いを上った。
写真3; 『東大門デザインプラザ(DDP)』にはLEDの装飾が施され、カップルたちを集めていた。
写真4; ショッピングビルの輝きとLEDの煌めき、東大門は夜になると表情が変わる。
写真5; 夕食は宿に戻り、やはり近所の食堂で「トンカス(とんかつ)」をオーダー、
      奥の「トンカス・カレー(カツカレー)」はスタッフが頼んだもの。
      韓国は一人ご飯がしやすい国、ただしガイドブックにあるような「焼肉」や「鍋」は別です。


blogramランキング参加中!
blogramによるブログ分析


nice!(18)  コメント(0) 

カルグクスの味@Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_5372.jpgIMG_5246.jpg
IMG_5249.jpgIMG_5430.jpgIMG_5085.jpg
DAY 3 4月22日
写真1; ぐずついた天気が続き、こちらの気分もイマイチ上がらない。
      と、天気をイイワケに常宿でウダウダと過ごしていたりする。
写真2; 近所にできたグクス屋さんで「メルチ・カルグクス」と「マンドゥ」のランチ。
      茹で汁がそのまま入り、とろみがあるのが韓国うどんの特徴。
写真3; 「カルグクス」の「カル」は包丁、手切りの太めの麺が食べごたえがあり、好みに合う。
      「ククス」は機械製麺の乾麺、スルっとした食感で似た名前だが、別物の麺といってもいい。
写真4; 優れない天候と気分のせいにして、部屋で原稿を書いて過ごした。
      コーヒーを淹れ、部屋で鬱々としているのも旅先の贅沢かな。
写真5; 夕食も食べず、原稿仕事をしていたら、スタッフが買い出しついでに「キムパプ」を買ってきてくれた。
      宿で食べる「キムパプ」は禁断かつ別格の味なのだ。


ポチっと≪海外旅行ランキング≫をチェック!★


nice!(18)  コメント(0) 

カルビタンの味@Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_5370.jpgIMG_5222.jpg
IMG_5252.jpgIMG_5267.jpgIMG_5228.jpg
DAY 2 4月21日
写真1; この日も到着日と同じくぐずついた天気。
      昨夜は21時過ぎにチェックイン、いつものスタッフと香港からの常連組の知り合い顔が並ぶ、
      こちらの到着を待っていたのか、チキンの出前と夜更けまでの語らいで出迎えてくれた。
写真2; たっぷり二度寝し、昼過ぎに起き出し、近所の食堂に出向して、遅めのランチ。
      「カルビタン」のやわらかいスープが疲れたカラダに染み込んでいく。
写真3; 滞在中の買出しにランチ後に『E-mart』へ向かった。
      強張ったカラダをほぐすように『チョンゲチョン(清渓川)』をブラブラ。
写真4; このところ増殖中の『JUICY』、お気に入りのスイカ・ジュースが1,500w!
      フルーツ充填で少しだけ健康になった気分。
写真5; 近所の路上にいきなり出現したバンチャン(惣菜)屋さん。
      手作りキムチやナムル、コチュカル(塩辛)がおいしそうで買いたくなるがまだ滞在日数が。


読み終わったら≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
ブログランキング・にほんブログ村へ


nice!(17)  コメント(0) 

4月の「毎月ソウル」 @Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_5195.jpgIMG_5185.jpg

IMG_5198.jpgIMG_5213.jpgIMG_5200.jpg
DAY 1 4月20日
写真1; T-way航空の「成田~仁川新就航記念¥777セール」のプロモーション・チケットで初搭乗。
      いつもの8日間日程で「毎月ソウル」へ。
      http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2016-04-20 (おんたいむブログ)
写真2; フライト・スケジュールはこんな感じ、LCCながら成田第2ターミナルからの出発。
      2016/04/20 12:55-15:35 TW202 NRT/ICN
      2016/04/27 07:45-10:25 TW201 ICN/NRT
      でもボーディング・ブリッジでなくバス搭乗、それなら空港使用料が安い3タミでいいぞ。
写真3; 仁川空港で空港鉄道に乗る前にちょい観光、2月に開通した「リニアモーター・カー」に挑戦した。
       http://www.seoulnavi.com/special/5059711 (ソウルナビ)
写真4; 前回から仁川空港の入国審査の行列が悪化しており、小一時間は行列を強いられる状態。
      LCCの渇きと行列の疲れを癒すため、コンビニで1,000wコーヒーを買い、リニア乗車。
写真5; 「Mag-Lav Train」は無料開放されていて、案内のおばちゃんが親切に説明をしてくれる。
      往復しても30分もかからない短い路線で、初のリニア体験。


FC2 Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★




nice!(17)  コメント(0) 

やっぱりチョゲチム@Seoul -完- [South Korea(Seoul)]

IMG_5168.jpgIMG_4991.jpgIMG_4828.jpg

ベルト式吊り下げデジタルスケール お土産の買いすぎもLCCでも心配なし

Danncool フットレスト 機内リラックスグッズ エコノミー症候群対策 携帯ポーチ付き

スーツケースベルト バッグとめるベルト スーツケースベルト キャリーバッグ

KINGWONG フットレスト足置き セパレート エコノミー症候群対策 収納バッグ付き

携帯用小型軽量LED液晶デジタルスケール 中に1mの卷尺付き 最大計量50kg


IMG_5023.jpgchogechim.gif
DAY 5 3月11日
写真1; 帰国便は8:10、この時間だと空港鉄道では間に合わないので空港リムジンで仁川空港へ。
      5時過ぎに『シンソルドン(新設洞)』からバスに乗り込むとほぼ満席状態でビツクリ。
写真2; 早朝だけあって80分で仁川空港へ。出国のX-ray検査がすでに混んでおり、ちょっとウンザリ。
      行列の末、6:55にラウンジへ。いつものように「プライオリティ・パス」で朝食タイム。
写真3; ジャンクなものから韓国らしいものまで食べまくり、5日間の滞在終了。
      おいしい毎日はアッという間に過ぎていくのだ。
写真4; 「MERS」騒ぎで遠のいていた間の6月に地下鉄が1,250w、市バスが1,200wに値上がりした。
      それでもどこかの国に比べると各段に安いけど、この手の値上げは市場物価に影響するからなあ。
      http://www.seoulnavi.com/special/5056530 ソウルナビ
写真5; 帰国前日の夕食はSNSで知り合った方を「チョゲチム(貝蒸し)」にご案内。
      写真のもので中サイズ40,000w、ここでもハサミは万能選手、
      そんな風にソウルの夜は更けていく。



2016年3月の「毎月ソウル」

2016年3月7日~11日 by 7C1103&7C1102


-完-




『海外航空券』、『海外航空券+ホテル』に使える3000円引きクーポン!
Blog Ranking ≪旅行部門≫ をチェック!★
ポチっと ≪海外一人旅ランキング≫ をチェック!★
読み終わったら ≪海外旅行ランキング≫ をチェック!★
blogramランキング参加中!


出発前の空港、みなさんはナニして過ごしていますか?
免税店をウロウロ? カフェでセカセカ? 搭乗ゲートでイライラ?
「格安航空券」だろうが「LCC」だろうが、
各空港のある『ビジネスクラス・ラウンジ』でゆっくりビールやワインなんていかが?
【プライオリティ・パス】があればそれが可能、情報詳細は↓コチラをご覧ください。
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2010-03-17

「カードの年会費10,800円は高い!」と思うかもしれませんが、
『ビジネスクラス・ラウンジ』の利用料は1回US$30ほど。
1度の海外旅行で日本出発時に1回、帰国時の空港で1回、往復2回ラウンジを使えるわけですから、
年間2度、海外旅行に出るとすでにモトは取れてしまいます。
空港によっては国内線でもラウンジ利用可能ですから、帰省時や国内旅行でも便利!

そのほかに「トラベルコース」を選べば、年2回の『手荷物宅配サービス』が付帯しますので、
単純計算で1,500円前後x2回分が浮いちゃいます。
国内も海外も旅行にこの1枚 さらに今なら入会時にポイントプレゼント、
初年度はこれだけでも会費を補えるので、試しに使ってみるのもアリです。
カードには最高5,000万円の『海外旅行傷害保険』&『国内旅行傷害保険』が付帯するので、
不安が多い海外旅行でも安心ですね。

実際に利用した各都市空港ラウンジの報告記はこちらのリンクから!
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-05-23 バンコク・スワンナプーム(BKK)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-08-16 マニラ・ニノイ・アキノ(MNL)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-08-20 シンガポール・チャンギ(SIN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-11-09 デンバー・インターナショナル(DEN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2014-05-06 ソウル・インチョン(ICN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2015-09-29 アブダビ・インターナショナル(AUH)
http://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2016-07-21 香港・チェクラップコク(HKG)





nice!(29)  コメント(0) 

やっぱりシジャン@Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_5084.jpgIMG_5139.jpgIMG_5141.jpg

La Ventus アレンジケース トラベルポーチ 6点セット 整理用

G4Free スーツケース アレンジケース 6点セット オーガナイザー

トラベルポーチ アレンジケース 6点セット 防水 大容量 衣類 小物収納

【バッグスマート】BAGSMART バスルームポーチ フック付き

Escobar トラベルポーチ 6点セット 軽量 防水 大容量 (ピンク)


IMG_5144.jpgIMG_5148.jpg
DAY 4 3月10日
写真1; カラリと晴れ渡り、放射冷却で寒い、最高気温は1℃、冬の寒さがガッツリ戻ってきた。
      クリーニング屋に出向いたついでにノーマル「キムパプ」1,500wを買い、部屋でランチ。
写真2; 知らない間に破れていたシャツのカギ裂きを近所のクリーニング屋で直す、2,000w。
      韓国のクリーニング屋さんはサイズ直しや縫物もしてくれる、一人暮らし男には重宝するのだ。
写真3; 両替の帰りに足を伸ばし、『ナンデムン(南大門)』エリアをウロウロ。
写真4; 物価の高い明洞からほんの少し足を伸ばすだけで屋台も食事も市場価格に。
写真5; 南大門市場にも密かなるところに地元の人で混み合う食堂があるのだ。


blogramランキング参加中!
blogramによるブログ分析

nice!(14)  コメント(2) 

やっぱりヤンパッ@Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_5117.jpgIMG_5111.jpgIMG_5130.jpg

ValourGo トラベルボトル シリコン製小分けボトル 詰替(89ml/4個入り/化粧品容器2個付)

miyoshi co.,ltd MCO 折りたためるトラベルケトル 500ml 電圧切替式 携帯便利 ホワイト

SHiZAK 3本セット アトマイザー スプレーボトル 携帯 12ml (ピンク、ブルー、シルバー)

HULISEN たためるケトル 折りたたみ 便利な携帯 1.2L  シリコンロート (レッド)

LANMU 旅行ボトル トラベルボトル 6個セット 小分けボトル 30ml 乳液 洗剤 詰め替え用


IMG_5127.jpgIMG_5132.jpg

DAY 3 3月9日
写真1; 晴れて強い日差しが煌き、暖かくなった。
      冬の韓国にやってくるのはよほどのモノズキだろうが、このパリッと乾いた空気が好きなのだ。
写真2; 『アングク(安国)』駅で待ち合わせ、SNSで知り合った人とランチの約束。
      『三清洞』へ向かい、韓定食のお店でお気に入りの「ヤンパッ(蓮の葉ご飯)」を注文。
      テーブルを埋めるほど並べられる野菜のバンチャン(おかず)がウレシイ。
写真3; 食後は別れ、それぞれの旅の時間に。
      ちょっとだけ重なる旅の時間を共有し、食事の時間を共にするのはなかなか気楽でいい。
写真4; 『チョンノ(衝路)』を東に向かって歩いて流す。
      街角で湯気を立てる屋台の誘惑に抗いつつ。
写真5; このところ流行っている屋台フードが『ハッバー』、「Hot Bar」が訛ったのが語源だがホンマかえ~。
      チーズ入りやコチュ味などバリエーション豊かな揚げカマボコ、いわば「棒状さつま揚げ」ですな。
      その場で揚げ直してもらい、アチアチを頬張るのがおいしい。


ポチっと≪海外旅行ランキング≫をチェック!★


nice!(13)  コメント(0) 

やっぱりシクタン@Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_5153.jpgIMG_5162.jpgIMG_5120.jpg

GSK・ 海外 変換プラグ コンセント 変換 2USB充電器付 スマホ充電 100-240V 150ケ以上対応 海外旅行

変換プラグ USB充電器 ACアダプター 4ポート折畳式 150カ国以上通用 i-Phone, Android各種対応

【急速充電・伸縮式プラグ搭載】 USB急速 4ポート スマホ/USB充電器 iPhone/Android対応

ORIA 4ポート USB急速充電器 22W 海外対応 海外用4種変換プラグ iPhone&Androidスマホ対応

海外旅行充電器 海外旅行用変換プラグ 3USBポートとType-Cポート付(100V~240V) 世界150カ国対応


IMG_5136.jpgIMG_5095.jpg
DAY 2 3月8日
写真1; 3月だがまだまだ冬の陽気、日本より一ヶ月ズレているような感じ。
     近所の食堂で気楽なランチ、付け合わせのモヤシスープがおいしい。
写真2; 「ポックンパッ(炒めご飯)」と「ポックンミョン(炒め麺)」、一品5,000w程度。
写真3; 『キョンボックン(景福宮)』の東門辺りをウロウロ、冬空前回だが陽射しは暖かい。
写真4; 街角で湯気を上げる「茹でトウモロコシ」にいつも気を惹かれる。
     意外にも買っていくのは若い女性が多く、その場で齧りつくのが韓国スタイル。
写真5; 夕刻に宿のスタッフの用事に同行し、『加山デジタル団地』へ向かった。
     帰りにひょっこり入った食堂で「コムタン」=8,000wを注文、肉が多く食べごたえありで満足。


読み終わったら≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
ブログランキング・にほんブログ村へ


nice!(11)  コメント(0) 

3月の「毎月ソウル」 @Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_5070.jpgIMG_5067.jpgIMG_5074.jpg

旅行用品 売れ筋ランキング1位! 【Amazon限定】 衣類圧縮袋 M・L各5枚&10枚組 (Bon Voyage Go Go)

旅行用品 売れ筋ランキング2位!  携帯ハンガーセット(携帯ハンガー5個, ハンガーストップロープ1本)

旅行用品 売れ筋ランキング3位!  収納7点 スーツケースにすっきり収まる! カラーバリエーション豊富!

旅行用品 売れ筋ランキング4位!  【日本製】便利な衣類圧縮袋●特許製法逆止弁使用●M・L各5枚 10枚組

旅行用品 売れ筋ランキング5位! Wow-Pillow (ワウピロー) 欧米で大人気! J型トラベルネックピロー


IMG_5076.jpgIMG_5079.jpg
DAY 1 3月7日
写真1; HISの初売り「割引クーポン」適用の安いチケットをゲット。
      「航空会社未定」「5日間」のフタを開けてみたら「チェジュ航空」「夜発&朝帰り」という中身。
      チケットの内訳はこちら。http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2016-03-07 3月のおんたいむソウル
写真2; 成田、第3ターミナルに初見参。
      チェジュ航空利用は2013年の8月以来なので、2015年4月利用開始の3タミは初なのだ。
      http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2014-04-15 成田就航記念¥777プロモ #1
      http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2014-04-29 成田就航記念¥777プロモ #2
写真3; 3タミ利用のおかげで空港使用料が「1,000円払い戻し」に。
      HISのプロモーションで到着時の「A’REX特急券・片道分」が無料、
      ロッテ免税店の「10,000wクーポン付き」、とチケット・コストは8、000円程度になった。
写真4; 定刻の21:05に到着、21:25に入国審査を抜け、最終21:40の特急に乗り込めだ。
      A’REXの特急利用も久々、指定席だが座り放題、普通車と異なり、Wi-Fi接続無料なのです。
写真5; 日付が変わる前に新設洞の定宿ホステルに転がり込んだ。
      LCCで夕食抜き状態だったので、「超」がつく遅めの夕食に「チャムチ・キムパプ(ツナ海苔巻き)」。
      マヨネーズ多めの禁断のテイストがたまらんのだなあ。


FC2 Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★


nice!(18)  コメント(0) 

雪がすっ飛んでいくソウルから from Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_4783.jpg

いつものように、気づけば帰国日、仁川空港「Asiana Airlines Lounge」にいます。

予約時の帰国便に空きがなかったので、いつものパターンを変え、今回は7日間、6泊の逗留。
内訳は『弘大(ホンデ)』北側のナゾのオサレ(!)エリアに4泊、
日曜に南側の『上水(サンス)』に移動し2泊、という感じで、
ドタバタ宿移動などしている間に滞在日も消化されていくわけですね。

宿移動は日曜日、初利用のゲストハウスから7月に泊まったゲストハウスへ。
再会を約束していたので義理を果たした形というと大げさかなあ、気にいったので単純にリピート、
ただし金曜土曜の週末料金(!)が高かったので、日曜にやってくるというセコい宿泊計画です。

2回目の訪問でわかったんですが、『サンス(上水)』駅周辺はなにもない住宅街と思ってましたが、
『弘大』のキャンパス沿いの広い通りを南に下ってくると『上水』駅にブチあたることが判明。
20分ほどで歩けちゃう、ほぼ南ホンデ、って感じのエリアであることを発見。

宿移動のその晩は宿の隣駅で「カンジャン・ケジャン」の食べ放題へ。

考えてみたら初体験じゃん、食ったことないことに気がついた。
どっちかというとエビ派なのですね、シンガポールやマレーシアでエビばっか食ってる海鮮党海老派所属。

IMG_4823.jpg

カンジャン・ケジャン+セウ+チゲの食べ放題が19,900wだって。
安いのでダマされたと思って挑戦したんですが、クオリティ高くておろろき。(写真3)
しょっぱくさ控えめでカニの甘みがたっぷり生きてる、醤油地獄じゃなくてえがったえがった。

ケジャンケジャンって騒ぐけど、あんなものウマ味醤油をチウチウ啜っているだけさ、
ワタリガニなんてナベのダシになるだけで食うところなんてないぜ、と批判的な立場でおりましたが、
この店は味付けも漬け方も濃くなく、カニの身の甘さそのまま、大いに反省、ワタリ君ゴメン。
という感じで、ラッキーなハツモノ体験、付け合せの「カンジャン・セウ」もウマウマでした。

ローカル・エリアのせいか、食堂のおばちゃんも気が良くって、
食べている端から「おかわり持ってくる?」なんて気軽に言ってくれる。
「セウのオカワリも~」っていったら「セウは食べ放題じゃないのよ~」って笑われたりね。
旅先のご飯は味も重要だけど、気分良く食べられる居心地も大事、
食べ放題ってどっちかというと安かれ悪かれ、勝手に食べて的ほったらかし店が多いからね。

土曜日「牡蠣」食って、日曜は「蟹」食って、韓国に居るのに回線天国、焼肉見向きもせず。
前回書いたポッサムは焼肉の範疇に入れなくてよろしかったですか、ああ、気持ち悪い日本語だ。



冷え込む夜道を歩き、宿に帰るとリビングにて夕食のお誘い、おいおい、食べて来たって。

どうやら長期滞在の日本人男性が翌日、帰国するらしく、軽くお別れ会の様相で、
長期滞在のスペイン男性&ロシア女性、一泊だけの韓国男性、若いオーナーを交えた5人に誘われた。
あれやコレヤとくっちゃべりながらビールを交わし、こっちは淹れたてコーヒーでご相伴。
ゲストハウスはこんなシーンもおもしろなのです。

前回、11月にはありえない寒さ、と書きましたが、寒さは続き、月曜午後には雪が舞い散る始末。

清渓川側沿いのカフェ、窓越しの乙支路のビジネス・ビルに雪が舞う。
あらあ、初雪? ハツモノづいているわさあ。

雪が舞う中、中部市場の馴染みの店に再訪、メルチ(ジャコ)など買い求め、帰国の準備。(写真2)
この店も特別安いとか量が多いとかではないんだけど、店のおばちゃんとおじちゃんの気がいいのだ。
そんな理由でリピートするのと向こうも顔を覚えていてくれたりね。

IMG_4797.jpg

このところの韓国人の日本旅行人気、オリンピックという市場展開、
韓国便の航空券が値崩れする要因が見当たらないので、しばらく「毎月ソウル」は遠のくかなあ。
あるいは1月の初売りでいいでモノに巡り会えるか。

2017年の旅もどうやらここで手仕舞いの様子、次の旅はまだ白紙です。

21, NOV. 2017 @ Asiana Airlines Lounge, ICN


追記;
帰国後、あっちこっちで「ブラック・フライデー」セールが取り沙汰されてますね。

アメリカで11月の第4木曜は「サンクスギビング・デイ(感謝祭)」、
神の恵みに感謝する日で、家庭では家長がターキーを切り分け家族に振舞ったりします。
おそらくこれが勘違いされ、日本のクリスマスにチキンを食べるナゾの習慣が広まったようで。

その翌日も休暇になることが多く、感謝祭の在庫一層セールとクリスマス商戦のはじまりが重なるため、
小売業界が一年でもっとも黒字(ブラック)を刻む日、というのがこの名の由来。

ということで旅行会社各社もこの波に乗っかりたいご様子、それらの情報上げておきますね。

Hotels.com Black Friday Sale 50%OFF、さらに300円引きクーポンも

【Expedia Japan】ブラックフライデーセール!参加ホテルが全て半額以下!

JALパック 海外ツアー ブラックフライデー限定企画

JALパック 国内ツアーもブラックフライデー限定企画

CTrip 割引コード入力で最大10%OFF!Ctip


話題の商品がお得に試せる【サンプル百貨店】
Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★
ポチっと≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
読み終わったら≪海外旅行ランキング≫をチェック!★
blogramランキング参加中!



nice!(22)  コメント(0) 

晩秋がすっ飛んでしまったソウルから from Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_4703.jpg

週末のソウル、土曜の夜に凍りつく「毎月ソウル」です。

到着の水曜、冷たい風が吹きすさび、最低気温はマイナスの世界でちょっと慄く。
金曜は道が濡れない程度のばらつき小雨、これで気温が緩むかと思ったのは束の間、
翌日土曜には強烈な寒波がコンニチハ、最高気温3度という冬モード、
陽が落ちると風も吹き出して、歩いていても震えがくる、キライじゃないけど寒すぎ、まだ11月だぜ。
舗道は黄色いイチョウの葉が埋め尽くしているというのに。

完全に旧正月あたりの陽気になっちゃっている、ここでも異常気象まっしぐら。

さて見知らぬ宿を掘り下げ中の「毎月ソウル」ですが、
今回はニギヤカな『ホンデ(弘大)』の反対側、静かな北側エリアで新興のゲストハウスに泊まってみました。

ヨミはみごとに当たり、水、木曜と10人ドミトリーは貸し切りに。

10月にリノベーション(改装)したばかりの部屋はまさにピカピカ、設備はモチロン寝具もサラ。
部屋にシャワーがついているタイプのドミトリーなので、
形状としては「やたらベッドが置いてあるシングルルーム」状態。
これで1泊1400円ほどなら悪くない、朝食にコーヒーも付いているし。

IMG_4728.jpg

狙い通り、辺りは閑静な住宅街、地元エリアに潜り込むのが好きな性質ですが、
どうやらこの辺はオシャレカフェとかブティックとか外国料理屋とか、新進気鋭のトレンド・エリアらしい。

歩けども歩けどもくたびれたご飯屋とかオンボロ食堂の姿はどこにもなく、
愛用の「キムパプ・チョング(海苔巻き天国)」もキムガネすら見つからない。

キムパプ買って夜食に頬張るのがソウル滞在至極の時なんですけど、そもそもキムパプ屋がネー。

週末に差しかかると韓国の「意識高い系女のコ」がどっと押し寄せ、狭い路地や通りを占拠、
オシャレ・カフェやスイーツの店に列をなし、付き添いのボーイフレンドを引きずり倒しながら近隣闊歩。確かに「きゃああ、かわいい~」と言いたくなる小洒落た店や食べ物が並んでます、あたしゃ言わないけど。
言うなれば「裏原」「奥渋」ならぬ、「裏弘大」「奥弘大」状態ですね、ホンデ、ホンデ?

キムパプ求め、歩き回るも徒手空拳、どうやら駅前のニギヤカエリアでないとありつけないご様子。

学生エリアなんだけど、オシャレ度強めの傾向、なんだか物価も割増しでかつての弘大と印象が違う。
軽くご飯難民、ソウルって5,000wで飯食える街じゃなかったっけ。
なんとか安くて美味しい店を掘り当てて食らってますが、同時に肩透かしも食らってます。

IMG_4752.jpg

今宵はSNSでの知り合いと、鍾路3街のあの辺で現地集合し、夕食へ。

一人旅だと食べられるメニューは限られますからね、
こういう機会に一人で食べられないものを攻めましょ、ということで、
季節的にも攻め時のクル・ポッサム(牡蠣と蒸し豚)を王道の「サメチッ」にて。

再会を祝しつつ、牡蠣に歓び、ポッサムに悶え、サービスのカムジャタンを啜り尽くし、
切り干し大根のキムチに箸が止まらず、夜は更けていくのでした。

ああ、やっぱりこの街は冬がおいしい、あれ、まだ冬じゃないか。

18, NOV. 2017 @ Hongik Univ., SEL


Blog Ranking ≪旅行部門≫ をチェック!★
ポチっと ≪海外一人旅ランキング≫ をチェック!★
読み終わったら ≪海外旅行ランキング≫ をチェック!★
blogramランキング参加中!

TOTO製 【いつでもどこでも】携帯ウォシュレット

加圧式シャワー 外出時の不安解消 ポーチ付き

レック 携帯用 おしり ウォッシュ ソフト (お尻洗い)

電源不要 加圧式 ウォシュレット 携帯洗浄機

パナソニック おしり洗浄器 ハンディ・トワレ 携帯用 レッド


nice!(18)  コメント(0) 

いってきます! Fly to Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_4670.jpg

成田です、第3ターミナルです、出国です。

チェジュ航空の500円チケット(片道価格ね)、第3弾でソウルに向かいます。
7、9月と重ねた総額5,200円のプロモーション・チケットのラスト・ショットですね。

10月21日、3週間に渉るラスベガス+セドナ&サンフランシスコ取材から戻ったわけですが、
ロング・ドライブと現地取材のハード・スケジュールにやられたのか、
後半はゲホゲホと咳込みながら取材を重ねておりました、というご報告は当ブログでUP済み。

持ち前の扁桃腺の弱さから、ホテル室内の乾燥には注意していたのですが、
それ以上にカラダの疲れが酷かったらしく、喉ではなく、肺の奥のほうから咳が出続ける有り様、
幸い血を吐くこともなく、沖田にも高杉にも成りきれない咳の状態で帰国。

Booking.comで¥2,000の特典が!



戻ってから安静にしていたものの、回復遅く、数日待っても咳が治まらないので、病院へ。

「マイコプラズマ調べますね」なんて言われ、
ああ、そういえばそんな恐ろしい病気もあったなあ、などと、軽い考えていた自分を反省。

数分後には結果が出て、瞬時にマイコプラズマの疑いは晴れましたが、
診察の結果というと「急性喘息」ですって。
ぜんそくに「急性」があったのか、ケホケホと、えづきそうな咳を繰り返しながら、
抗生物質他、諸々の薬をもらい、撤収。

時折、ハゲシク顔を出す咳に抗いながら、取材してきた原稿と闘っておりました。
で、ひと月もたたないうちに、次の旅へ向かうのですから、メデタイというか、オバカですね。

IMG_4672.jpg

まあ、PCあればできる仕事なので、ソウルで静かなカフェでも見つけ、日々原稿とニラメッコしましょ、
という感じで、仕事のデータだけはしっかり抱え、赤い電車で成田空港へ向かうわけです。

2017/11/15 13:50/16:45 7C1105 NRT/ICN
2017/11/21 14:50/17:15 7C1104 ICN/NRT

こんな感じのフラント・アレンジ、RTが空いておらず、今回は7日間に。

なにせ今年の頭に購入済みのプロモーション・チケットですから対応策なし、
変更、取り消しはFSCのチケット以上に高い手数料を取られますからね。
こうなると惰性に近いバチアタリ状態で旅に出ている、旅人としての姿勢はどうなのだろう。

前回、入れ忘れた文庫本は早めに用意、重ねてメレルのニューシューズを再購入。

ブライス、ザイオンの国立公園、ラスベガスでは「ザ・ストリップ」からダウンタウン、セドナ、
そしてSFの街とオークランドのスタジアムをカメラ担いで歩き回ったので、
愛用のメレルはすっかりヘタってしまってお役御免、合間には長時間運転もあったしね。

馴染みのブランド、馴染みの靴を買い替え、サイズも履き心地もわかっているので、
躊躇なく、某熱帯雨林でクリック一発、これでソウルの街歩きも万全でしょう。

IMG_4677.jpg

引き続き、安宿探訪も継続中、今回は弘大(ホンデ)辺りで見知らぬ宿を掘り下げつつ、
リピートできるようないい宿が見つかればいいな、とこちらもクリック一発で決定。

ニューシューズで見知らぬ路地をうろつきましょ、という感じでいってきます!


追記;
チェジュ・エア1105便は定刻より10分ほど早く仁川に到着、
それが祟ってか、沖のコンコース停めに。
スカイシャトルでターミナルビルへの移動メンドクサイ、これじゃ早く着いたイミナシ。
入国時の混雑は17時時点で待ち行列8ウネウネぐらい、20分ほどで外に出られましたぜ。

15, NOV. 2017 @ NRT


『海外航空券』、『海外航空券+ホテル』に使える3000円引きクーポン!
Blog Ranking ≪旅行部門≫ をチェック!★
ポチっと ≪海外一人旅ランキング≫ をチェック!★
読み終わったら ≪海外旅行ランキング≫ をチェック!★
blogramランキング参加中!

[MERRELL] JUNGLE MOC ピューター

MERRELL WOMENS JUNGLE MOC

[メレル] ジャングル グローブ

[MERRELL] ジャングルモックメッシュ




nice!(15)  コメント(6) 

かえります! from Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_1671.JPG

水曜のソウルです、いつものようにノベノベしておりますが、明日はもう帰国日。

週末釜山、ということで釜山に滞在、
滞在中は友人にクルマでアッチコッチ連れ回してもらいました。
いつものことですがナニ観光するでもなく、ナニ買うでもなく、アッチを覗き、コッチを眺めの日々。
友人が仕事に行った月曜は自力で知らない通りをブラブラ、見知らぬ路地をウロウロ。

一番の幸いは一人メシでないことですね、友人がいるので救われてます。
「毎月ソウル」で定宿に停泊していたのは、
スタッフなり、ほかの客なり、ご飯相手が誰かいたから、というのがありますね。
旅先のご飯はなにを食べても興味が募りますが、一人メシはやっぱりいただけない、食事だけに。
美味しくても不味くても共有する相手がいないとね、精神衛生によろしくない、早死方面まっしぐら。

よく「韓国って、一人で行ってダイジョウブ?」なんて聞かれますが、
韓国は「おひとり様」ご飯をしやすい国、『キムパプ・チョング』さえ見つければ24時間飢えませんぜ。
ただし観光客に人気の鍋やら焼肉やらは攻めづらいのが実情、
これらは基本、二人前からの注文なので、一人客は断られちゃうんですね、
焼肉に限っていえば日本と異なり、「ご飯もの」でなく「酒のアテ」的存在なので、
二人前頼んだとしても呑みの売り上げが上がずイヤがられちゃう、日本人旅行者はご承知おきを。

久々、「チキン」&「ピザ」で手を汚し、「コノシロの刺身」の翌日には「チュクミとコプチャン」の鍋、
「テジ・クッパプ」はうまい店を狙い撃ち、ブサン、チンチャ・マシソの日々。

IMG_1954.JPG

火曜日朝、出勤の友人より早く宿を発ち、金海空港へ。

8:35のフライトに合わせても『ソミョン』の隣駅『ポムネコル』を7:00に出れば充分。
地下鉄2本とライトレールを乗り継ぎ、キッチリ7:30、空港に着いちゃう。
釜山の空港アクセス、マシソ、あ、意味違うな。

あいにく国内線は使えるラウンジはナシ、だたし出発のゲート前は無料Wi-Fiビシバシ、
韓国に限らず、他の国を訪れると日本の公共Wi-Fiの貧弱さを思い返しますなあ。
もはや無料Wi-Fiは公衆トイレと同じレベル、無料で快適なスピード、電源もあり。
東京オリンピックを前にそのあたりどうにかしないと意味ナイヨ~。

朝一の便だったので、出張族が多いのか、イースターの機内は満席、
55分かかるフライトは5分遅れて金浦空港へ。
この時間にホテルに向かってもチェックインができないので、
コーヒーを買い、到着ロビーでWi-Fi(ここでももちろん無料)繋ぎ、しばしメール・チェック。

その後、5号線沿いに絞って探し当てた安宿に向かうと、道行きに迷いもせず、12時前に着いちゃった。
荷物預けて出かけようか、と思っていたら、「少し待っていたら部屋入れますよ~」とのお声がけ。
無料のアーリー・チェックインに感謝、オフ・シーズンはこんな風に旅がラクに進みます。

滞在駅は『ヤンピョン(楊坪)』、京義中央線の楊平駅とハングル表記が同じなんですね。
今回は『ハプチョン』に『ヤンピョン』とヤヤコシ地名滞在@ソウル。

Booking.comで¥2,000の特典がもらえる!



「2人部屋ドミトリー」という変わった安宿を掘り当てたので、そこにトライ、ホテル名は『Hotel Joker II』。
韓国でよくあるパターンで、ホテルサイドが空き部屋利用の一環として、
一人客用にツインやトリプルを「ドミ扱い」にして売り出しているやつですね、日本語的には「相部屋」。

部屋を空けるとガッツリ普通のツインルーム、ただし先客はナシ、その後も誰も来ることなく、
1800円という価格で初日はツインの部屋を占有完了、ラッキーでした。
これもオフ・シーズンの恩恵ですね、チンチャ・マシソ、あ、使い方違うな。

でもこの部屋、スーツケース広げるようなスペースもないので、
隣に他人が居るとなると距離感としては普通のドミトリー・ベッドよりツライものがあるぞ。
ひとまず占有しているけど出かけて戻ってきたら誰かいるかもしれない、という状態が続くのですね。

「近所にスーパーある?」と到着時の儀式でいつものように尋ねると、

「駅の反対側、10分ぐらい歩いたところに『ロッテマート』が」とのお答え。

あらあ、こんなところにもと思いつつ、荷物を置いたあと、駅の反対側へ向かうと、
バカデカイショッピング・モールがご登場、『urban 4 rest』と名乗ってる。
http://koreafntimes.blogspot.jp/2017/04/lotte-mart-opens-seoul-yangpyeong.html
1階にはオシャレなフード・エリア、地下に巨大スーパーが展開、垂れ幕からするとオープンしたばかり。

IMG_1680.JPG

12時までやっていることが分かったので帰国前日となった今日の夜、宿への帰りしな、
閉店間際に飛び込んで、明日の朝飯と友人への土産など買い漁ってきましたぜ。
ポツリポツリと小雨が落ちるなか、ぶらぶらと宿に帰着し、「毎月ソウル」もエンディング。

街歩きのあと、旅のラストにも出向けるので韓国のスーパーはチンチャ・マシソ、これも使い方違うな。
明日のフライトは15時なので、チェックアウト・タイムまでのんびりするかな。

なーんて、部屋に帰ったら誰かいたりして、なにせ「ドミ」滞在ですからね。

27, SEP. 2017 @ Yangpyeong, Seoul


[Hotel Joker II]をagodaで検索! レビューもあります!

話題の商品がお得に試せる【サンプル百貨店】
Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★
ポチっと≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
読み終わったら≪海外旅行ランキング≫をチェック!★
blogramランキング参加中!
出発前の空港、みなさんはナニして過ごしていますか?
免税店をウロウロ? カフェでセカセカ? 搭乗ゲートでイライラ?
「格安航空券」だろうが「LCC」だろうが、
各空港のある『ビジネスクラス・ラウンジ』でゆっくりビールやワインなんていかが?
【プライオリティ・パス】があればそれが可能、情報詳細は↓コチラをご覧ください。
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2010-03-17

「カードの年会費10,800円は高い!」と思うかもしれませんが、
『ビジネスクラス・ラウンジ』の利用料は1回US$30ほど。
1度の海外旅行で日本出発時に1回、帰国時の空港で1回、往復2回ラウンジを使えるわけですから、
年間2度、海外旅行に出るとすでにモトは取れてしまいます。
空港によっては国内線でもラウンジ利用可能ですから、帰省時や国内旅行でも便利!

そのほかに「トラベルコース」を選べば、年2回の『手荷物宅配サービス』が付帯しますので、
単純計算で1,500円前後x2回分が浮いちゃいます。
国内も海外も旅行にこの1枚 さらに今なら入会時にポイントプレゼント、
初年度はこれだけでも会費を補えるので、試しに使ってみるのもアリです。
カードには最高5,000万円の『海外旅行傷害保険』&『国内旅行傷害保険』が付帯するので、
不安が多い海外旅行でも安心ですね。

実際に利用した各都市空港ラウンジの報告記はこちらのリンクから!
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-05-23 バンコク・スワンナプーム(BKK)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-08-16 マニラ・ニノイ・アキノ(MNL)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-08-20 シンガポール・チャンギ(SIN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2014-05-06 ソウル・インチョン(ICN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2015-09-29 アブダビ・インターナショナル(AUH)
http://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2016-07-21 香港・チェクラップコク(HKG)





nice!(34)  コメント(0) 

いってきます! Fly to Seoul and Pusan [South Korea(Seoul)]

IMG_1427.JPG

木曜日です、成田第3ターミナルにいます、頻度の下がった「毎月ソウル」へ出発します。

7月に続くチェジュ航空の500円プロモーション・チケット第2段。
片道500円のセール、往復x2に両空港使用料を加算すると総額5,280円の旅でゴザイ。

航空券の高い夏の時季はいつものようにおとなしく鳴りを潜めるシーズンです。
暑さを避け、エアコンの効いたカフェで原稿書きつつ、
9月下旬のソウルまで旅はないなあと焦れながら、テニスコートを駆けずり回っていたりしたわけですね。

Booking.comで¥2,000の特典がもらえる!

昨夏はHISの発作的安売りチケットを発見。
AAA(Asia Atrantic Air=チャーター会社とHISが契約)という耳慣れないフライト、
おそらくツアー用に契約したのでしょうが、その席が余ったのか、直行便で2万円(!)。
乗り継ぎがメンドくさかったので、未踏破だったバリ島の初上陸を果たしました。
http://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2016-08-29 バリ島初踏破 by AAA

今夏も終わり頃にまたそいつが出回るかなあ、と手薬煉引いて待ってましたが、
そもそも今年度はHISがAAAとチャーター契約しなかったらしいので、肩透かし。
まあ、AirAsiaなんかもバリに直行便就航しましたしね、チャーターしてまでツアー組む旨味もなし。
で、この就航記念チケットで春先にバリ島再訪を果たしたのは先のブログでお伝えした通り。
http://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2017-05-29 バリ島直行便 by Air Asia。

IMG_1441.JPG

そんなこんなでいつも通りのノンビリな夏を過ごしていたわけですが、8月の下旬になって取材行の依頼が。

バタバタと10月頭からアメリカ現地取材に飛ぶことが決まり、
ドタバタしている間にソウル行きの日程が迫り、
ガタガタと取材の準備をしなければならず、
ジタバタしたまま、ソウルへの準備もろくすぽせぬまま、出発することに。

ソウル行きを変更すればいいじゃないか、というハナシもありますが、
上記の通り、LCCのプロモーション・チケットなので、日程を動かすことができず、
9月下旬の日程でそのまま決行することに。(変更手数料はバカ高なのです)

2017/09/21 13:55/16:35 7C1105 NRT/ICN
2017/09/28 15:05/17:30 7C1104 ICN/NRT

合間に釜山の友人を訪ねる日程を織り込んでいたものだから、
持参する土産など決して忘れてはなりませぬ、と必死で荷物を詰め込んで成田へ向かうと、
忘れものだらけであることに気づいたわけですね、赤い電車の中で。

本を読むために旅をしているか、旅を続けるための本なのかわからないのですが、
いつも「毎月ソウル」には文庫本を5冊放り込んでくるのですね、それを丸ごと忘れた。
さらにカメラのバッテリー充電器、これはまあ、ギリギリ8日間持つかなあ、という感じ。
寒かったり熱かったりの日本のヘンな残暑に欺かれ、サングラス忘れた、釜山は暑いよ、きっと。
TripAdvisorで口コミもチェック!


翻すとナニを持ったんだ、というぐらいワスレモノだらけですが、赤い電車は止まらない。

本は慌てて2タミの本屋で購入、続けて3タミの本屋を覗いたら、
文庫本はこちらの方が充実してますね、空港で本を買うことがないので知らんかった。
3タミでまとめて買えばいいじゃん、っていうぐらい冊数がありました、ここでも補填を完了。
あとはオンラインで読めるサイトもあるので、国内線移動の不安はこれにて解消。

一眼レフはもともとストロボをあまりたかないので、こまめなON/OFFでしのぐしかない。
スイッチを忘れずにね、って、デンコちゃんか。(彼女、最近見ないけど、リストラされたか)
サングラスはもうギブアップ、釜山が暑かったらただ眩しがっておきます。

IMG_1450.JPG

今回も新規の宿を掘り出し、彷徨うソウルが続きます。

まずはハプチョンに狙いを定め、2泊です、陜川じゃないよ、合井(ハプチョン)ね。
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/archive/c2304925468-1 ハプチョン(陜川)
その後、初体験の韓国国内線で釜山へ向かい、友人宅に3泊の居候。
で、ソウルに戻り、あと2泊、という旅程ですね。

ソウルは秋の気配なのか、プサンは残暑キビシイのか、現地からお知らせしますね。

21, SEP. 2017 @ NRT


サプライス、5,000円割引クーポン配布中!!
Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★
ポチっと≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
読み終わったら≪海外旅行ランキング≫をチェック!★
blogramランキング参加中!

バッグとめるベルトでキャスターバッグの移動もラクラク ずり落ち防止 ブラック

スーツケースの持ち手に通せる旅行バッグ 予備バッグで移動がラクに!

Foppery スーツケース上のサブバッグを固定、ずり落ち防止できる!

Andux Space 荷物まとめベルト 3本セットで ランダムカラー

アメリカ安全運輸局認定 TSA 4ダイヤルロック (1.8mワイヤー付)


nice!(20)  コメント(0) 

夏、夏、夏のソウルから from Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_1107.jpg

木曜のソウルです、気がつけば帰国日です。

15:05の便なので、ゆっくり起きて、ゲストハウスを10時にチェックアウト、
2号線で30分の『弘大入口』駅から空港鉄道を拾い、約50分、90分弱の道のりで仁川空港へ。

チェジュ・エアは自動端末で搭乗券を打ち出せるので、すんなりとX-ray検査(手荷物検査)へ。

12時頃でもけっこう行列、やっぱり飽和状態でちょっとムムム、となりましたが、
検査自体が緩くなったのか、10分ほどでサクサク流れ、
4~5人しか並んでない出国検査をスルスル過ぎて、ラウンジへ向かえることに。

今回はラッキーなことに搭乗ゲートが100番台の割り当て、
仁川では100番以降の搭乗ゲートは沖のコンコース、シャトル・トレインで向かうアソコです。

メンドくさい道順なのになぜラッキーかというと、
コンコースだと『KALラウンジ』が使えるのですね、「プライオリティ・パス」で。
ひとまずシャワーを浴び、ランチしてます。

Booking.comで¥2,000の特典がもらえる!



さて、今週のソウル、雨は月曜まで降り続き、到着から5日間、身動き取れない状態が続きました。
う~ん、こんなに雨的首爾なのは初めてだぜい。

降り納めとなった月曜は特にハゲシく、傘を差して歩いても短パンのヒザ上までガシャガシャ、
いつものトップサイダーのデッキシューズも中までグチャグチャ。
宿の戻ると靴の中の水を拭いましたが、連日の雨に中まで乾く暇がなく、
次第に中敷きは剥がれ、足は白くふやけ、中ではなにやら発酵食品的異臭騒ぎが発生している。

合理的なソウルっコを見習い、サンダル履きでうろつけばよかった、と後悔するも、
時すでに遅く、愛用の靴、死亡確認。

こちらでは若い男性会社員やOLさんも身軽にサンダル履きでご出勤。
確かにそれなら足元に不安なしだわさ、オフィスに着いたら足を拭けば済むことだものね。
一方、アジュマはここでも我が道路線、業務用なの?と尋ねたくなるような強靭な長靴で闊歩している。

さすがに東南アジアの国々のように制服で通勤電車に乗る姿は見かけないけど、
厄介な雨対策の合理性は日本よりもこちらが一枚上手かも。

IMG_1123.jpg
雨雲が去った火曜日は爽やかさが広がり、雨で冷やされた心地よい風が吹き抜けていきました。

『新村(シンチョン)』のシングル2泊、『シロアムサウナ』1泊、
『東大門』と『忠武路(チュンムロ)』の間で釜山人とツインに2泊(1泊はシングルユース)、
この日はその滞在先を出て、『トゥクソム』という初物の駅へ移動。
残り2泊をゲストハウスのドミで過ごしてみました、一泊1,000円也。

リュックタイプのキャスターバッグ背負っての移動ですが、うまいぐあいに雨が止むという幸運。
駅から5分の距離なれど、荷物背負って歩くとドップリ汗がにじみ出てくる陽気でした。

2号線『トゥクソム』駅を降り、即席の手書き地図で宿を探し求め、歩く、スマホないからね。
駅前から踏み入るとなにやらオシャレカフェやらオシャレバーやらオシャレキッチンやらが目白押し、
青山あたりの路地裏か、はたまたウラシブって感じのオシャレモード。(写真2)

そんなエリアで滞在先を掘り当て、汗だくで転がり込んだ。




う~ん、久々のドミトリー滞在はやっぱり寛げませんなあ、
宿自体はキレイで快適な施設だったんですけどね、やっぱりドミは落ち着かない。
初日は二段ベッドの上ということもあり、ホトンドの時間をリビングで過ごし、ベッドでは寝るだけに。

なにせベッドの頭の部分にエアコン(家庭用のアレね)が据えつけられている、という状態で。
手を延ばすとそこにはアナタじゃなくて、エアコン。
座るわけにもいかず、横になってPC広げると冷風を吸い込む形に。
寝たら朝には干からびてミイラ化、あるいは寒くて遭難しているんじゃないか、と心配したけど、
宿はフーリーで空きベッドはなく、そこを使わざるを得ない。

幸い、掛け布団に包まっていると風は当たらず、やっぱエアコン・ラブだわあ、と思いつつ、爆睡。

翌朝、ベッドを下段に変えてもらい、一件落着、いくらエアコン好きでも触れる距離にはいたくない。
ベッド移動完了後は、丁寧な英語を話す宿のスタッフに近隣情報を教えてもらい、
夏の熱さを取り戻したソウルの街歩き再開へ。

なんでこの駅を選んだかというと「ソウル・フォレスト」いうのが気になったんですね。
http://parks.seoul.go.kr/template/sub/seoulforest.do ソウル・スッ(ソウルの森・公式)

案内所でもらったパンフによると「NYにはセントラルパーク、ソウルにはソウルスッが」とのこと。
う~ん、一応、環状線内にあるけど、セントラルじゃなくなくない、などと言いながら、公園を歩く。

が、あまりの暑さ、熱さ、アツサで即撤退、ソウルの夏がやる気を出してきたらしい。

IMG_1155.jpg

隣駅『聖水(ソンス)』に「市場やE-martの本店がある」というのでそこを目指し、一駅闊歩。
「ハンドメイド・シューズ」の工芸・職人エリアらしいが、店舗や工場はイマイチ見当たらず。
https://www.konest.com/contents/shop_mise_detail.html?id=6154『聖水・手製靴タウン』コネスト

E-martの前の電光掲示が31℃を示し、逃げ込むように店内へ、やっぱりエアコン・ラブだわ。
その後、「市場がある」というのでワン・ブロックとなるの『トゥット市場』へ。

小さな地元市場はひなびた、というよりもしなびちゃっていました。
市場のパワーを完全にE-martに吸われちゃっている、という感じ、
それもまあソウルらしくてオモシロイ。

こんな感じで知らないエリアを歩いているうちに、旅の時間は過ぎていくのでした。

13, JUL. 2017 @ KAL lounge, ICN

Seoul Forest


NURO 光 今なら30000円キャッシュバック!
Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★
ポチっと≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
読み終わったら≪海外旅行ランキング≫をチェック!★
blogramランキング参加中!
出発前の空港、みなさんはナニして過ごしていますか?
免税店をウロウロ? カフェでセカセカ? 搭乗ゲートでイライラ?
「格安航空券」だろうが「LCC」だろうが、
各空港のある『ビジネスクラス・ラウンジ』でゆっくりビールやワインなんていかが?
【プライオリティ・パス】があればそれが可能、情報詳細は ↓コチラをご覧ください。
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2010-03-17

バッグとめるベルトでキャスターバッグの移動もラクラク ずり落ち防止 ブラック

スーツケースの持ち手に通せる旅行バッグ 予備バッグで移動がラクに!

Foppery スーツケース上のサブバッグを固定、ずり落ち防止できる!

Andux Space 荷物まとめベルト 3本セットで ランダムカラー

アメリカ安全運輸局認定 TSA 4ダイヤルロック (1.8mワイヤー付)


雨、雨、雨、雨のソウルから from Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_0826.jpg

日曜日のソウルです、ひたすら雨です。

到着の木曜からこっち、ずっと雨が降り続いています。
九州を襲った大雨が太平洋高気圧に押されているのか、降りっ放し。

「毎月ソウル」経験してから、こんなに雨が降り続くソウルは初めて。
たいがいは一日寝てると次の日は出かけられるんですけどね。
降ったり止んだりの繰り返し、街歩きの意欲を削がれます。

なにせ写真撮れないのです、雨降っていると。
必然、行動範囲も狭くなり、目新しいものに出会うわけもなく、さらに撮る画が限られちゃう。
確実に取れるのはご飯ばっかしですわ。

そのうちラテ・アートでも撮ってブログを埋め尽くすかもしれない、こんなに雨続きだと。



さて常宿を離れ、彷徨うソウル、となってますが、
まずは新村(シンチョン)で1泊1600円という安っいシングルを見つけ出し、そこで2泊。
いわゆる「コシウォン」をゲストハウス化しているパターンの宿で、これはもう気楽な滞在。

土曜日はそこをチェックアウトし、次のゲストハウスにバゲージだけ預け、『シロアムサウナ』へ。

というのも釜山から元常宿の元スタッフが所用でソウルへ来る、というので待ち合わせ。
「チムチルバンにでも泊まる」というので「じゃあ、いっそ『シロアム』行ってみない?」という流れで、
深夜にソウル駅で待ち合せた後、その足で裏手のサウナへの潜伏を決め込んだわけです。

でき上がったばかりの『ソウルロ』を通って、『シロアム』へ。(写真2)

IMG_0858.jpg

土曜日なので寝る場所確保に苦労するかと思ったのですが、
大潮の様に引いてしまった中国人がいないせいか、寝床を探すのも比較的カンタンでしかも快適な滞在に。
凍廟の『SPAREX』などと比べるとかなりバカデカイサイズなのですね、館内でオドロキ。

暑さと湿度と汗と雨の入り混じったカラダをすっかり洗い流し、日曜日は別の待ち合わせへ。

以前、ソウルで知り合ったSNSの知人と「トッポギ鍋」で有名な『モッシドンナ本店』へ行くことに。
釜山人も巻き込み、そぼ降る雨の中、安国駅から店へ向かう3人なのです。

ランチには遅い時間とあって、すぐにテーブルを確保、
すかさず「海鮮トッポギ鍋3人前!」と頼んだんですが、
店のオババが「一人分チーズにしたほうがいい、ラーメンも入れるのよ」とコリア式強制オススメが。
「軽めのランチ」を目論み、ラーメンは避けて、食後の「モックンパッ」を見越してたんですが、
抗う術もなく、へっへええ、とそれに従い、どっちも頼むことに。

炭水化物(トッポギ)+炭水化物(麺)+炭水化物(飯)のフルコース完成。




ところが、まあ、これがオババのいう通りで、チーズ・トッポギのウマいこと。(写真3)

うまい具合に海鮮と味が混ざることもなくうまみが増してる、やはり年長者のいうことは聞くべきなのね。
トッポギ自体も量が多いわけではないので、汁を吸ったラーメンがパワーを発揮、やるなあ、オババ。
そしてこういうデキゴトで進んでいく韓国が楽しいのです。

〆の「モックンパッ」も平らげ、3人でくっちゃべっていると、またまたオババが「席空けて」って。

IMG_0899.jpg

おいおい、そこも韓国式かい、と思っていたら、店の外には行列が・・・。
えええ、なんでこの時間にこの待ち人数、とおののきつつ、
オババにすんませんすんません、あなた様が正しゅうゴザイマス~、と言いながら、
手際よく会計を済ませ、店を後にしたのでした。

他愛のないランチでしたが、釜山人も巻き込み、韓国らしいひと時、そして一幕も二幕も。

でもって、この雨はいつ止むのでしょうか。

9,JUN.2017 @ SEL


ソウルロ7017
http://japanese.visitseoul.net/attractions/All-about-Seoullo-7017-JP_/21511?curPage=1


話題の商品がお得に試せる【サンプル百貨店】
Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★
ポチっと≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
読み終わったら≪海外旅行ランキング≫をチェック!★
blogramランキング参加中!





いってきます! Fly to Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_0766.jpg

成田です、第3ターミナルにいます。

怒涛のプロモーション・チケット・ラッシュで出たり入ったりドタバタが続いてます。
5月末には往復9,900円のエアアジア・チケット(総額1,9万円)でバリ島へ、
http://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2017-05-29 いってきます!バリ

6月中旬にはサプライスのセールでゲットした中華国際航空(総額2,5万円)でシンガポールへ、
http://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2017-06-15 いってきます!シンガポール

そして今回7月は片道500円(総額5,280円)でソウルへ。
と出かけなかった上半期の憂さを晴らすように飛びまくってます。

海外旅行、といっても3回のチケット総額が5万円と、ちょっと笑っちゃう金額だけど。

おかげで6月5~15日、27~7月6日の期間しか日本にいないわけで、
家賃はなのために払っているのでしょう、まつたく、このシトは。
旅している間、家賃払わないで済むシステム、ダレか考えてくれないかい。

サプライス、期間限定3,000円クーポン配布中!


さて、すっかり滞っていた「毎月ソウル」は今回が2017年初乗り込み、ようやく始動デス。
前回、「退陣騒ぎ」で沸く光化門広場に乗り込んだ12月以来なので、
「毎月ソウル」ならぬ「半年ソウル」、ムムム、これだと6ヶ月ソウルにいるみたいだけど。
http://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2016-12-04 退陣デモ下のソウル

以前にも記しましたが、今年は「正月セール」でデモノがありませんでしたからね、
安いソウル便ゲットならずで足が遠のき、反面「毎月インドネシア」現象に。
最近もどういうわけか総じてソウル便の価格が高い傾向にありますね、
なので貴重な「プロモーション・セール」は大切に。

ここからは今年頭に取ったチェジュ航空の「片道500円プロモーション」チケット3連発、
まずは第1弾「7月」の発射で「毎月ソウル」復活です、この後も9,11月と隔月だけど。

IMG_0772.jpg

フライトはこんな感じ。

2017/07/06 13:55/16:35 7C1105 NRT/ICN
2017/07/13 15:05/17:30 7C1104 ICN/NRT

片道500円x2に空港使用料4,280円が付帯して、総額5,280円のソウル行き。

前日に台風をやり過ごし、遅めの朝に赤い電車で2,5時間かけ、成田空港へ。
ソウルまでのフライトもほぼ2,5時間なのだから笑っちゃう。
シンプルに運賃だけだと電車の方が高けぇんじゃあ、オヌシ~。

前回から常宿と慣れ親しんだ新設洞エリアに別れを告げ、新しいエリアを彷徨っているわけですが、
今回はアゴダのサイトで2千円弱のシングル・ルームを掘り当てたので、まずは新村に潜むかと。

どうしても「安さ」を優先すると前回「恵化」、今回「新村」と学生街になっちゃいますね、
ついでに物価も食費も安く食べ物屋も多いので、長逗留には好アシストです、はい。

agodaで「Sinchon Livingtel」を検索、料金をチェック!


13:55というハンパな時間帯なので、弾3ターミナルの手荷物検査場も空いていて、スカスカ、
出国審査も1ヶ所開いているだけのノンビリムード。

残念ながら第3ターミナルには自動化ゲートがないので、
某ランドの様に「手に押してくれませんか」と頼むわけにもいかず、
出国スタンプで残り少ないページを消費し、泣きながらゲートに向かうのでした。

涙を拭くにも3タミは使えるラウンジもないので、奥歯を噛みしめて搭乗に向かうだけですね。

第3ターミナルの出発はタラップからのボーディングですが、バス搭乗ではなく、
ターミナル・ビルからプレハブ校舎の屋根付き廊下みたいな半外ルートを辿り、タラップ搭乗。

IMG_0804.jpg

機内は3+3の座席、最後尾32列まで満席(!)、若い韓国人がホトンドで、アジュマは少なめ。
すでに夏休みなのでしょうね、日本に遊びに行った大学生、といった風情が多を占めてました。
アジアの国々は6~8月は長い夏休み、韓国でも6月下旬の期末試験が終わると夏休みに入りますからね。
やたらとバカデカイぬいぐるみを抱えた若者が多いのが目に留まりました。

週末から4日間連続テニスで絞ってきたので、たっぷりソウルでダラけたいと思ってます。
おそらくソウルも熱いことでしょうけど、我が強い味方「きっついエアコン」が待ち受けてますからね。
街歩きに疲れたらチムチルバンでプカプカ浮いていることにしようかな。

いつものように行かなくてはならない所も食べなければならないものの存在はナシ、
いつものソウル、いつもの街歩きが待っています。

6,JUN.2017 @NRT Terminal 3


海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>
Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★
ポチっと≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
読み終わったら≪海外旅行ランキング≫をチェック!★
blogramランキング参加中!

旅行用小物売れ筋ランキング1位 立体型睡眠アイマスク 軽量・究極の柔らかシルク質感 (フリーサイズ)

旅行用小物売れ筋ランキング2位 【Amazon.co.jp限定】 掃除機不要! 衣類圧縮袋 M・L 各5枚 10枚組

旅行用小物売れ筋ランキング3位 Luxebell・ベルト式吊り下げデジタルスケール LCC、宅配便に便利!

旅行用小物売れ筋ランキング4位 海外旅行用変換プラグ 150国通用 USB充電ポート付き(US / UK / EU / AU)

旅行用小物売れ筋ランキング5位 米アマゾン人気 ネックピロー 機内でラクチン インフレータブルクッション




寒さ緩めの学生街から from Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_8236.jpg

ソウルです、いつものように気づけば帰国日です。

今回はめずらしく午後便での帰国なので、出発日ものんびり。
といっても正午には仁川空港に向かい、いつものように「プライオリティ・パス」でラウンジにて、
遅めのランチを食べつつ、おんたいむソウルのUPLOADです。

今回の滞在のメインイベント=『クワンファムン(光化門)』のデモを滞在の中日に体感してしまったので、
その後はなんか脱力感というか、惰性感というか、拍子抜けで過ごしてました。
あるいは光化門広場を埋め尽くすソウル市民のパワーにあてられたのかもしれないですね。

前述しましたが、今回はいつもの定宿を離れ、『梨泰院(イテウォン)』、『恵化(ヘファ)』に滞在してみました。

『イテウォン』は昼間は寝てる街、さながらシャッター商店街のようで、ネオンは切られ、
店先には虚しくペットボトルが転がっていて、ちょっと寂れた印象すら感じさせる。
それが夜になると地下鉄駅は次々人を吐き出し、店のテーブルには若者がとりつき、
路上を行き交う外国人が増え、方々から音楽が鳴り響く。
夜光虫のように光り出し、夜行性の獣のようにうろつきだす、そんな活気にあふれておりました。

そうなると一人身の旅人はツライですなあ、優しいのは立ち寄ったケバブ屋さんぐらい。

そんな一人旅の男たちがホステルには詰まってますので、リビングにいると誰かしらのカオがあったりします。
ホステルやゲストハウスはこういう点では気休めにはなりますね、ホテルより。

イテウォン辺りだと宿泊客の「チャイナ率」もものすごく減り、
フランス語訛りの強い英語を話すアルジェリア人とか、
アメリカ人というよりテキサス人というほうが伝わるようなヤツとか、他国籍が入れ代わり立ち代わり。

そういえばイテウォンのホステルはスタッフも英語を話す韓国人だったなあ、
安宿だと「ワーキング・ホリデイ」で働くチャイニーズ(台湾、香港、本土・・・)が多いんですけどね、
彼らは韓国人学生だったのかな。

IMG_8257.jpg
日曜には『ヘファ』へお引越し。

こちらは東大門の北にある学生街、『ヘファ』というより『テハンノ(大学路)』といったほうが通りがいいかも。
宿はあえてネット最安値、ドミトリー1泊900円しない宿を選んでみると古めの老舗ホステルがご登場。
それでも広くて清潔でした、チェックインしたのが日曜だったため、さいわいMIXのドミもそれほど混んでおらず。

前日まで宿探しに悩み、チムチルバンでカラダをほぐすなんてのもありかなあ、と思ったり。
結果、繰り返しの出入りと荷物のことを考えると、ドミのほうが便利かなあ、という結論に至ったわけで。

「ヘファ」は以前の定宿からも近いんで、ご飯食べに足を延ばしたり、
ブラブラしたりの経験もあったのですが、あらためて掘り下げて歩き回ると、まあ、物価が安い。
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2015-04-07 駱山公園

ジワジワと物価上昇を続けるソウルの中でもやはり学生の街ということもあって、とくに食べ物が安い。
コンビニのコーヒーで「500w」ってのがありましたよ、ビツクリ。
新村、弘大あたりと似ている感じかな、宿代が安いのも頷けます。
冬の暖かい日差しの中、財布にも暖かい街、というのは大げさか。

アメリカンドッグ80gx10 【国内製造/レンジ温OK】

ホットックミックス 400g 特製もち米入り

5本入り×2パック ※冷凍保存※

冷凍 手作りホットク(300g|60gx5枚入)


商店街を歩いているとカフェ・スタイルの小さな店にちょっとした行列が。

おやっ、と思って眺めるとどうやら「アメリカンドッグ(韓国ではなんというか知らない=読めない)」の専門店。
垂れ幕に「1,000w」って書いてあり、その下に「チーズ入り」1,500wって書いてある。
え、読めないくせに「書いてある」とはなんだ? って?
女のコグループが頼んでいたのを耳にしたのだよ、フフフ、読めなくても聞き取りはできるのだ、ふふふ。

ソウルといったらこれだよな、と毎回食べてるオトコが身を乗り出しましたが、どうにも「揚げ」待ち行列中。

この街にはしばらくいるのさ、また寄らせてもらうぜ、と風来坊を気取り、後回しにしたところ、
駅の近くに出店が出ていて、その中に人を集めている「アメリカンドッグ」屋台を発見。

こっちは並んでなかったのでテントに割って入り、「はな、じゅせよ(一個、チョウダイ)」と声に出した。

揚げたてをもらい、ケチャップ、マスタードを自分でぶっかけ、齧りつくとアチアチのモチモチ。
最近のは衣がモチモチなのかな? あるいは学生街バージョン? 専門家の方、教えてくらはい。
重ねてマスタート、ケチャップの横にきな粉のような、ピーナツを刻んだようなナゾの粉が皿に置かれてる。
女のコはそれをまぶした上でケチャップをかけている、指でつまんでみたら甘みの薄い砂糖のようだけど、
いまいち正体がつかめない、やっぱし専門家の方、教えてくらはい。

エネルギーを充填して、東大門へ徒歩で南下することに。

真っ直ぐ歩いて行くと鍾路6街の屋台街、Doota方面から『タッカンマリ通り』へ入っていくあのあたりへぶつかる。
12月だというのに冷え込みが緩く、風もないため、歩き続けていると汗ばんでくる陽気。
さらに突き進み、友達のベイビーに靴下の土産を、と思いましたが、『新平和市場』は改装中らしく、肩透かし。
やむなくシャターの前で店開きしていた路上の店で補充完了。

ひたたび南下し、今度は『乙支路(ウルチロ)』を真西に進み、『中部市場』を目指す。

IMG_8302.jpg
狙いは「メルチ(じゃこ)」、ここのものが細かくて柔らかく、おまけに安い。
ご飯にもうどんにもバシバシ常用、あ、そうそう、ペペロンチーノにブチこんでもイケますぜ。

ナニ? 箱ごと買っていけって? アジュマ~、ひと箱はいらないんだ、1,5kgもあるじゃないかあ。
半分だといくら? え、そのまま半額でいいって? 750gでも多いけど、ええい、買っちゃうよ。

いつもの感じでいつものソウルが流れていき、気がつ けば帰国日でゴザイマス。

07, DEC. 2016 @ ICN


恵化駅

ポチっと≪海外旅行ランキング≫をチェック!★

ベルト式吊り下げデジタルスケール お土産の買いすぎも心配なし

PROTAGE スーツケース ラゲッジスケール 40KG LCCもこれで安心

スケール、TSAロック、荷物固定用ベルト、南京錠 タグ、バッグセット

50kgデジタルスケール LCDディスプレイ 温度センサや風袋機能搭載

携帯用小型軽量LED液晶デジタルスケール 中に1m卷尺付き 最大50kg


熱気高まる光化門から from Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_7903.jpg

ソウルです、到着からコッチ、寒くないので拍子抜けしてます。

11月の下旬ぐらいからグッと冷え込んだらしい、という情報を受け、
いちおう、マフラーとグローブをキャスターバッグに放り込んできたのですが、
午後便で仁川空港に着いた夕方から寒くない。

アレ? っと思っていると翌日日中は10℃まで上がり、
コートの前を閉じ、ガツガツ歩いてくると「汗ばむわあ」、By山田花子。
そんでもって今日、日曜まで連日暖かいのです、吹きすさぶ寒風がないのが大きいかな。

ソウルのピリっとした寒さが好きなんですけどね、肩透かし食らった感じ。
それでもいつものとおり、乾燥は激しく、指先カサカサ、静電気バチバチ。

旅行用小物売れ筋ランキング1位

旅行用小物売れ筋ランキング2位

旅行用小物売れ筋ランキング3位

旅行用小物売れ筋ランキング4位

旅行用小物売れ筋ランキング5位


さて今回のメイン・ディッシュ、『クァンファムン(光化門)』のデモ、観に行ってきました。

韓国の友人曰く、先日の「準備できたら退陣してもいいわよ」的記者会見はまさに「火に油」だそうで、
デモはさらに激しさを増しそうでしたが、平日はまったく動きがなく、やはり土曜日にきっちり照準。

夕方の気配がしはじめたころから、大きなスピーカーからアジテーションの声が響き渡り、
『シチョン(市庁)』の駅からバラバラと人が集いはじめます。
1、2号線が通ってますからね、『光化門前駅』よりアクセスしやすいし、
市庁前広場をなめつつ、そのまま光化門広場を目指す、って感じでみな、地下鉄出口から歩いて行きます。

この時点で南大門から『キョンボックン(景福宮)』正面の光化門までの広い通りは通行止め、
路線バスは運航停止、東和免税店は19時で早仕舞いしてました、あ、今年はスケートリンクも中止だそうで。

もうちょっとイデオロギーの圧とか政治臭がするのかな、と思ったら、
なんか「週末イベント」って感じで、子供の手を引いた家族とかカップルが多く、のんびりウォーキング状態。

健康目的のウォーキングと異なるのは各所で配られている抗議のバナーを掲げているところ。

チビッコはもらったバナーをはためかせ、若い女のコは胸前にバナーを掲げながら歩いている。
ただしこちらはハングル読めないので、そのフレーズになんて書いてあるかわからない、というハンディキャップつき。
あの熱い眼差しは「ボーイフレンド募集」と書いてあったのかもしれない。

IMG_7952.jpg
路上のアッチコッチにはオデンやらフランクフルトやらの屋台、出店が出ていて、
合間にはろうそくやLEDを売っている香具師もいる。
商売繁盛一攫千金政権打倒とデモなんだかイベントなんだか、のんびりムード。

陽が落ちてくると人々が手にしたろうそくやLEDが揺らめきはじめ、アジテーションの声も力が入ってくる。

暗さが増すにつれ、光化門広場の中央部(公園部分)には参加者が座りだし、その列が市庁前広場方面に伸びていく。
巨大モニターが臨める脇道にも腰を下ろす人は増え、路上は歩きにくい状態に。

ワールドカップのときは「市庁広場」だけでしたからね、あれを上回る人出です。
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2010-08-10 (ワールドカップ観戦記)
ソウルは時々、こんな風に人を集める。

日本のニュースがいう「抗議集会」「退陣要求デモ」とはちょっとニュアンスが違う「集会」かな。
家族連れ、カップル、老いも若きも不満がある人がやって来たという印象、ただし殺気立った感じはまったくない。
現状に憤っている人たちの「週末集会」、あるいは「週末イベント」、
若いパパに手を引かれたチビッコがスピーカーの声に合わせ、「テジナラ~」って言っている。

それでも完全に陽が落ちると熱が入りはじめ、市民活動家だか政治家からしい人たちが代わる代わる語り掛ける。
あるいは熱が入っているのは彼らだけかもしれない、扇動する先導者に船頭なし。

IMG_7995.jpg
合間に「パククネヌン、テジナラ~!(朴槿恵は退陣せよ!)」のシュプレヒコール、あわせて灯が蠢く。

ハングル分からんけどここだけ理解した、旅人は新しい呪文を覚えた、レベルが1つ上がった。
それと同時にちょっと目頭が熱くなる気分、こういう風に抗議とか政治的意義を唱えたことってないなあ、と。
「ベルリンの壁」にしろ「尊王攘夷」にしろ、こういう市民のエネルギーが国を動かしたのでしょうね。
「げにまっこと、血が滾るぜよ」と急に土佐弁で思いを馳せてみたりする。

「数」というのは「力」であると同時に「恐怖」でもあり「圧」でもある反面「無」でもありますな。

都合のいいことにスピーカーから叫ばれる抗議の声は意味が分からず、韓国の政治にも思い入れはないので、
人波に押されながらこんな風に無責任なことを考えていたりするわけで。

あなたは今までどれぐらい規模の「人」を見たことがありますか。

04, DEC. 2016 @ SEL


光化門広場

blogramランキング参加中!
blogramによるブログ分析

いってきます! Fly to Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_7614.jpg

成田です、久々の第1ターミナル、KALラウンジにいます。

このところ、羽田、2タミ、羽田と第1ターミナルから遠のいており、5月のソウル以来ということに。
「毎月ソウル」も半年ぶり、全然「毎月」じゃなくなってます。
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2016-05-16 5月の「毎月ソウル」

仕事の区切りがついたので、どこかへ飛ぶ算段、2016の「旅納め」デス。
「鎮魂のバンコク」に飛ぶか「憤慨のソウル」に飛ぶか迷いましたが、熱気高まるソウルに決めました。
なんでこの時季で「熱気」かはみなさんもニュースでご承知の通り。

チケットもアレコレ探していると昼便、午後帰りの便が1,6万円と悪くない、さすがロー・シーズン。
T-wayやJejuあたりなら、さらに数千円安いものもありましたが、
JTBで貯まっていたポイントを使うとそれより安上がりに。

さらに時間帯を考えたら金額差は気にならないレベル、早朝に出なくていいし、コーヒーも飲めるし、
僅かながらマイレージも貯まるし、おそらくバゲージはチェックインしないけどお金を取られる心配もないし。
ということで、ポチッと購入。

▼チケット内訳
航空券代金  :16,000円
国内空港使用料: 2,610円
海外空港使用料: 2,610円
航空保険他  :  240円
ポイント利用  :-5,000円
------------------------------------
合計     :16,460円

今回、いつもの常宿を離れ、放浪の身に。
あまり足を運んだことがないエリアに滞在してみようかと目論んでおります。
常宿の親しいマネージャーやスタッフが辞めてしまったこともありますが、ソウルに対して飽和化してきているので、
ここらで違う動きで活性化、って個人的な気分の問題ですけどね。
なにせLCCの普及でソウルと変わらない値段で香港、バリに飛びましたし、
ちょっと足せばバンコクにもシンガにも飛べたりするので、
ソウルへの割安感が薄れてきている気がします、重ねてソウル便は値が下がらない状態が続いているし。

『イテウォン(梨泰院)』の最安値ドミトリーを確保、1泊1000円切ってます、朝食付きで。
到着から数日の宿だけ確保でひとまず出発、というわけです。

2016/11/30 13:30/16:10 OZ103 NRT/ICN
2016/12/07 15:10/17:20 OZ106 ICN/NRT

旅行用品 売れ筋ランキング1位!

旅行用品 売れ筋ランキング2位!

旅行用品 売れ筋ランキング3位!

旅行用品 売れ筋ランキング4位!

旅行用品 売れ筋ランキング5位!

この時期と6月は一年間でもっとも旅行者が少ないロー・シーズン、とはいえ、旅はいろいろな出来事が巻き起こるようで。

いつものように「自動チェックイン・マシン」で「ボーディング・パス」を打ち出し、X-ray検査(手荷物検査)へ。
ここでも待つことなく、出国手続きに降りると、ひと気ナシ、行列ナシ、おお~、ガラガラ。
まあ行列していても「自動化ゲート」で吐き出されるだけなので、関係ないですけどね。

その「自動化ゲート」で発見、スキャナーに黒いパスポートが置いてありました。
あらら、アンタ、自動過ぎ、それは自分で持っていかないと。

「コレ忘れているみたいですよ~」

ゲートの向こうの審査官に声高に伝え、触らずに置きました。
どっかに持って行ったりすると余計ややこしくなりますからね、こういうケースは。
搭乗前にはボーディング・パスとパスポートを提示するので、きっと顔色変えて戻ってくることでしょう、
どうか旅のご無事を。

KALラウンジでメール・チェックしつつ、軽めのランチ。

搭乗時間がはじまった頃にゆっくり搭乗ゲートへ。
やっぱり行列してます、韓国人気短すぎ、日本人それにつられ過ぎ。

それを横目にベンチに腰を下ろし、今度は空港のフリーWi-Fiに繋いで、行列の解消待ち。

ふと気がつくと隣りにジャケットだけが。
あらら、隣りにいた韓国人女性が置いていったみたい、ああ、ゲート入っちゃったよ。

「コレ忘れているみたいですよ~」

さっき言ったよな、この台詞、と思いつつ、
アシアナのスタッフに置いていった女性を指し示しつつ、ダウン・ジャケットを渡した。

やっぱり「空港」ってみんなテンションおかしくなるのかなあ、どうか旅のご無事を。

IMG_7644.jpg
OZ103は今年の正月以来、3-4-3の座席割りは変わらず、いつものように真ん中の通路席を確保。
ロー・シーズン、ということもあってか、機内は6割程度の乗客、当然、隣も空席。

胡坐かきつつ、なんの映画を観ようかな、と思ったらビデオ・システム故障だって。
ムムムとなりましたが、音楽聞きながらの読書タイムも好きな時間だからおかまいなし。

今回、機内食が「ボックス・ランチ」のようになっておりました。

1つの箱にカトラリーとワッフルや水、もう1つの箱に「プルコギご飯」が入っていて、これもムムムという感じ。
紙の箱に入ったゴハンって、どうなのよ。
以前からこの「プルコギご飯」おいしくないけど、紙の箱に直に入っているせいで、確実にマズさ倍増、
どうせならサンドウィッチかバーガーにでもしてくれ。

あまりに悲しいので写真撮っちゃおうかと思ったよ、まあそこまでトチ狂ってないけど。

ところで機内食撮影するの、ってなんでしょうね、旅の記録? SNS病? レコーディング・ダイエット?
みんなが食べているものUPされてもねえ、ファストフードは写真撮らないのに、
機内食とカフェのコーヒーは写真撮ってUPしちゃうのはナニ?
あと旅先で買った土産をベッドに並べて撮影するのもナニ? 逮捕後の押収物じゃないのだから。

IMG_7716.jpg

さらに食事前に配られる飲み物もナシ、食後にコーヒー、お茶、水、オレンジジュースが供されるだけになってました。
アルコールはもちろん、缶の飲み物いっさいナシ。
アシアナは機内で「缶入りの炭酸水」を飲めるのがお気に入りだったんだけど、どうしたアシアナ。

韓国側でチェジュ、ソウル、プサン、イースターにT-wayが加わり、
日本サイドでもバニラ、ピーチ・・・乱立するLCCに食われて、切迫しているのかもしれないですね。
ついでに「ナッツはないの?」って聞けばよかった、ナッツ姫になりそこなったか。

ソウルはだいぶ冷え込んでいるようですが、光化門辺りの「熱さ」を含め、現地情報を上げていきますね。

30, NOV. 2016 @ NRT


サプライス、燃油値下がりセールの3,000円割引クーポン配布は明日まで 
ポチっと≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
出発前の空港、みなさんはナニして過ごしていますか?
免税店をウロウロ? カフェでセカセカ? 搭乗ゲートでイライラ?
「格安航空券」だろうが「LCC」だろうが、
各空港のある『ビジネスクラス・ラウンジ』でゆっくりビールやワインなんていかが?
【プライオリティ・パス】があればそれが可能、情報詳細は↓コチラをご覧ください。
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2010-03-17

「カードの年会費10,800円は高い!」と思うかもしれませんが、
『ビジネスクラス・ラウンジ』の利用料は1回US$30ほど。
1度の海外旅行で日本出発時に1回、帰国時の空港で1回、往復2回ラウンジを使えるわけですから、
年間2度、海外旅行に出るとすでにモトは取れてしまいます。
空港によっては国内線でもラウンジ利用可能ですから、帰省時や国内旅行でも便利!

そのほかに「トラベルコース」を選べば、年2回の『手荷物宅配サービス』が付帯しますので、
単純計算で1,500円前後x2回分が浮いちゃいます。
国内も海外も旅行にこの1枚 さらに今なら入会時にポイントプレゼント、
初年度はこれだけでも会費を補えるので、試しに使ってみるのもアリです。
カードには最高5,000万円の『海外旅行傷害保険』&『国内旅行傷害保険』が付帯するので、
不安が多い海外旅行でも安心ですね。

実際に利用した各都市空港ラウンジの報告記はこちらのリンクから!
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-05-23 バンコク・スワンナプーム(BKK)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-08-16 マニラ・ニノイ・アキノ(MNL)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-08-20 シンガポール・チャンギ(SIN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-10-13 ヒューストン・G・ブッシュ・インターコンチネンタル(IAH)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-11-09 デンバー・インターナショナル(DEN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2014-05-06 ソウル・インチョン(ICN)
http://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2016-07-21 香港・チェクラップコク(HKG)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2015-09-29 アブダビ・インターナショナル(AUH)
FC2 Blog Ranking≪旅行部門≫3位奮闘中!★

フローズン・クレイジー @Seoul -完- [South Korea(Seoul)]

IMG_4867.jpg

―DAY 8―  1月26日火曜

気がつけば帰国日、ボケボケしている間に滞在日は費えていくのだ。
連日の早起き、今朝は4時過ぎに起き出し、5時を過ぎたところで静かにチェックアウト。

IMG_5052.jpg

まだ暗い中、新設洞駅への道のりを歩く、5分ほどだが幸いなことに風がなく、凍てつかずに済んだ。
5:15、1号線の始発でソウル駅へ、そこから5:40の空港鉄道A’REXで仁川空港へ、いつもの道のり。

IMG_5054.jpg

いつものOZ102便は9時出発、自動チェックイン・マシンでボーディング・パスを受け取り、
出国を済ませ、プライオリティ・パスで「アシアナ・ラウンジ」(写真2)、と流れるように朝食タイムへ。

IMG_5063GIF.GIF

ラウンジからの眺めはなんだかすごいことになっていた、やはり仁川辺りだと市内と天候に違いが。
ダイジョウブなの、マイ・フライト? と思いつつ、寒さ慣れしているであろう空港に不安はナシ。



2016年1月の「毎月ソウル」

2016年1月19日~26日 by OZ101&OZ102


-完-




Booking.comで¥2,000の特典がもらえる!
Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★
ポチっと≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
読み終わったら≪海外旅行ランキング≫をチェック!★
blogramランキング参加中!

出発前の空港、みなさんはナニして過ごしていますか?
免税店をウロウロ? カフェでセカセカ? 搭乗ゲートでイライラ?
「格安航空券」だろうが「LCC」だろうが、
各空港のある『ビジネスクラス・ラウンジ』でゆっくりビールやワインなんていかが?
【プライオリティ・パス】があればそれが可能、情報詳細は↓コチラをご覧ください。
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2010-03-17

「カードの年会費10,800円は高い!」と思うかもしれませんが、
『ビジネスクラス・ラウンジ』の利用料は1回US$30ほど。
1度の海外旅行で日本出発時に1回、帰国時の空港で1回、往復2回ラウンジを使えるわけですから、
年間2度、海外旅行に出るとすでにモトは取れてしまいます。
空港によっては国内線でもラウンジ利用可能ですから、帰省時や国内旅行でも便利!

そのほかに「トラベルコース」を選べば、年2回の『手荷物宅配サービス』が付帯しますので、
単純計算で1,500円前後x2回分が浮いちゃいます。
国内も海外も旅行にこの1枚 さらに今なら入会時にポイントプレゼント、
初年度はこれだけでも会費を補えるので、試しに使ってみるのもアリです。
カードには最高5,000万円の『海外旅行傷害保険』&『国内旅行傷害保険』が付帯するので、
不安が多い海外旅行でも安心ですね。


実際に利用した各都市空港ラウンジの報告記はこちらのリンクから!
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-05-23 バンコク・スワンナプーム(BKK)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-08-16 マニラ・ニノイ・アキノ(MNL)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-08-20 シンガポール・チャンギ(SIN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-10-13 ヒューストン・G・ブッシュ・インターコンチネンタル(IAH)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-11-09 デンバー・インターナショナル(DEN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2014-05-06 ソウル・インチョン(ICN)
http://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2016-07-21 香港・チェクラップコク(HKG)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2015-09-29 アブダビ・インターナショナル(AUH)

バッグとめるベルトでキャスターバッグ移動もラクラク ずり落ち防止

スーツケースの持ち手に通せる旅行バッグ 予備バッグで移動がラクに!

Foppery スーツケース上のサブバッグを固定、ずり落ち防止できる!

Andux Space 荷物まとめベルト 3本セットで ランダムカラー

アメリカ安全運輸局認定 TSA 4ダイヤルロック (1.8mワイヤー付)


nice!(21)  コメント(2) 

フットボール・クレイジー @Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_4996.jpg

―DAY 7―  1月25日月曜

生真面目に5時に起き出し、コーヒーを淹れ、TVに噛り付いた。
NFLの「Conference Championship Games」の現地生中継を見るため、というバカさ加減。
いつもは自宅でTV前に陣取るのだが、初売りチケットの日付の都合でソウルに飛んで来てしまったため、
アメリカ現地の試合を韓国で観戦するというマヌケな状況、フットボール・クレイジーここにあり。

IMG_5017.jpg

しばらくご無沙汰していたら、ソウルの公共交通機関ががっつり値上がりしていた。
2015年6月、地下鉄は1350w、市バスは1300w(それぞれT-moneyカード利用で100w割引)に。
地味にバスのほうが安いのでもっぱら利用が増えそう、それにしてもこれって物価高に拍車をかけるよなあ。

IMG_5042.jpg

3時間かかる試合を立て続けに2試合、部屋に篭りきりで気づけばランチタイム。
そんなとき、ドアをノックされ、「Bon Gousse」のまん丸ご飯の差し入れが。(写真1)
このところソウルで流行っているテイクアウトのご飯屋さん、アルミホイルを広げ、スプーンで食べるのだ。

IMG_5032.jpg

夕刻は『恵化(ヘファ)』の『大学路(テハンノ)』エリアで「韓食ブッフェ」へ、ディナー22,500w也。
これまた最近流行っていて、オーガニック野菜を中心にしたメニューが女性人気を集めている。


ポチっと≪海外旅行ランキング≫をチェック!★

[韓国 お土産] バターワッフルクッキー (韓国 お土産 韓国みやげ おみやげ 海外土産)

シートマスク 100枚 マスクパック● MIJIN 送料無料 【オススメ10種 選べる10種】MJCare

【いま話題の韓国料理】レンジでチンする! チーズタッカルビ☆【新発売】【あす楽】【冷凍】

【送料無料】★焼酎グラス2個付★韓国焼酎 360ml×4本セット★お試しセット


nice!(9)  コメント(0) 

ローカル・クレイジー @Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_4899.jpg

―DAY 5―  1月24日日曜

最高気温-10度、最低気温-18度の予報、「今年最高の冷え込み」をあっさり更新。
それでも宿の中ではみな半袖短パンで過ごしている、オンドル・パワー恐るべし。

IMG_4882.jpg

恒例、日曜日は出かけず、部屋でウツウツと過ごしていると、
台湾人スタッフに声を掛けられ、ランチに合流、お手製の餃子鍋(写真1)をみなで囲んだ。

IMG_4879.jpg

夜になり、仕事上がりのスタッフと「カラダ動かそう!」というハナシになり、ボウリング場へ。
新設洞駅前にはこんな小さな穴場があるのです。

IMG_4910.jpg

「-10度」といっても、NFLのフィールド同様に重要なのは「体感気温」。
風がなければさほどではないが、そよ風が駆け抜けていくだけでカミソリで撫でられている気分になる。


FC2 Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★


nice!(11)  コメント(0) 

キムパプ・クレイジー @Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_4926.jpg

―DAY 5―  1月23日土曜

朝からいい天気、放射冷却だろう、冷え込みがキツイ。
ピリッと乾燥した空気がソウルらしくて心地よいが、外歩きを続けているとパンツが凍てついてくる。

IMG_4905.jpg

週末にニギヤカさを増す『トンミョ(東廟)』のガラクタ市(泥棒市・写真3)をブラついた。
バイク乗りの友人と自分用にニットのフェイスマスク(新品)を3枚買うつもりだったが、
「6つで5,000w!」という言葉に乗せられ、多めに買い込んでしまった。

IMG_4909.jpg

「E-mart行くけど買うものある?」と親しいスタッフから電話をもらい、『清渓川店』で合流することに。
そのテナントビルにはソウルで人気上昇中の『パルダ・キムソンセン(正しいキム先生)』が出現していた。
早めの夕飯食おうぜ、ということで買い物後に立ち寄って、キムパプ数種を注文。

IMG_4940.jpg

店内は女性のお客さんが多い、ご飯少なめの具沢山=「野菜多めのヘルシー嗜好」が女性人気の秘訣かな。
でもマヨネーズたっぷしの「チャムチ・キムパプ」がやっぱしうまいんだよなあ。
『キム先生』はちょっと上品過ぎ、『キムパプ・チョング』に行き直そうかな。


blogramランキング参加中!
blogramによるブログ分析

nice!(11)  コメント(0) 

シクタン・クレイジー @Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_4870.jpg

―DAY 4―  1月22日金曜

寒波到来、TVでは「ハルピン-38度、北海道-23度」と伝えている。
ソウルは「今年一番の冷え込み、最低気温は-15度」ですと。

IMG_4876.jpg

昨日のパジョンを食べ過ぎたせいだろうか。
なんだか一日ぐったりしていて、宿でコーヒーを淹れて、のんびりモード。

IMG_4889.jpg

夕食の時間になり、スタッフに誘われ、近所の食堂へ。
こんなところにあったんだ、という感じで新設洞駅前の路地で小さく営業していた。(写真2)
中はほんとに狭く、2人がけのテーブルが2つだけ、2人のアジュマが忙しそうに働いていた。

IMG_4863.jpg

「チェユク・トッパプ(薄切り豚肉ご飯)」(写真1)と「テンジャンチゲ(味噌汁)」(写真4)がそれぞれ5,000w。
アジュマの味か、付け合せの「プチュ・ナムル(ニラのナムル)」が止まらなく旨さ、
「おいしい、おいしい」と遠慮なくお代わりするとアジュマも喜んでくれた。


読み終わったら≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
ブログランキング・にほんブログ村へ

【送料無料】韓国料理 グルメバイキング 12種類からチョイス!

【送料無料】韓国料理3種福袋 初めての方限定解除中★送料無料★

【チーズポッキ(ラーポッキ) 6個】 ★楽天最安値挑戦★

【送料無料】 故郷スープ10点SET ■韓国食品■送料無料


nice!(9)  コメント(0) 

バースデイ・クレイジー @Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_4859.jpg

―DAY 3―  1月21日木曜

キレイに晴れて、気温高め、少し寒さが緩んだ。
冬真っ盛りのソウルは最高気温が氷点下というのが当たり前だが、穏やかな日差しの一日となった。

IMG_4833.jpg

宿のスタッフと近所の食堂でランチタイム。
「誕生日でしょ、ミヨク(わかめ)食べないと~」と言われ、否応なくワカメ・スープの注文に。
韓国ではワカメ=滋養というイメージらしく、ワカメ・スープは受験生の夜食としても人気。

IMG_4853.jpg

「食べたいものあります?」と促され、「うまいバジョン」(日本で言うところのチヂミ)と答えた。
夜は『パジョン通り』で有名な『回基(フェギ)』へ足を向け、人気の居酒屋へ。

IMG_4851.jpg

ドデカイ「ヘムル・パジョン」登場、「Oh! My Birthday Cake!」の一言で大ウケ。
このほかにもジョン(天ぷら・写真1)やらナムルやら酒のアテがいろいろ出てきて、食べきれないほど。
苦しいほど食べつくし、満腹の一日。


ポチっと≪海外旅行ランキング≫をチェック!★

【3枚セットで新発売】選べる!いか入りとイカ入りキムチと桜えび入り

チヂミ粉1kg×10個【1BOX】■ 韓国チヂミ ジョン/韓国風お好み焼き

『ぱんが』チヂミたれ・辛味醤油(200ml)つけだれ ポイントアップ祭

海鮮チヂミ 大判直径約19cm、300g位 韓国食材 チジミ【冷凍、冷蔵可】


nice!(12)  コメント(2) 
前の30件 | - South Korea(Seoul) ブログトップ