So-net無料ブログ作成

かえります! from Singapore via Beijing [Singapore]

IMG_5139.jpg

気がつけば帰国日です、いつも通りの書き出し、工夫のない文頭ですみません。

日付変わっての「0:15出発」ですので、正確には帰国は翌日=27日ですが、
26日夜の時点でチャンギに到着、2017年の旅は完結を向かえつつあります。

がつがつと意欲的に観光しても、ぼやぼやと無為に過ごしても、どうして旅の時間というのは早いんでしょ、どこかで徴発されて22時間とかになってんじゃないのかな。

あいかわらずのんべんだらりと過ごしてますが、時折、友人家族に誘われ、オイシイモノ食べに。

「ペッパー・クラブ」に齧りつき、「田鶏のお粥」を頬張り、(なんだかは検索してね)
「スティーム・ボート」を囲み、「ドリアン」に齧りつき・・・。
という感じですが、まあ、ナニカを食べに出かけたり、探し歩いたりはしておらず、
誘われたら乗っかり、なにもなければフラリとホーカーズへ、という感じ。

そんな感じで食生活ものんべんだらり、狙い続けているのは「スイカ・ジュース」ぐらいでしょうか。

IMG_5174.jpg
クリスマス・シーズンとは無縁の住宅エリアで過ごし、時折、フラリと出かけるわけですが、
24日の日曜などは人混みを避けるべく、おとなしく自宅待機していたわけですね。
25日の月曜になって、買いたいものがあるので馴染みの店などに出向いたんですが、どうにも人が多い、

日曜と変わらない人の量に「ムムム」となりながら『Bugis(ブギス)』を歩いたわけですが、
やはりどうにもこうにも人通りが激しい。
ぼんやりした感じでそのままドライフルーツを買いに問屋に出向いたら、なぜか閉まってる。

「あ!」ここで気づきました、日本人。
今日は「クリスマス・デイ」、こちらでは祝日なのですね、すっかり忘れてました。

月曜の祝日が重なり、がっつり3連休なわけです、この国は。

あらららと肩を落とし、やむなく『Sim Lim Square(シムリム・スクエア)』に潜り込み、
PCパーツの漁り歩きにも飽きて外に出ようとしたら、迎えてくれたのは激しいスコール。
ゴロゴロと予告編が聞こえていたのでイヤな予感はしてましたが、もう地面をバシバシ叩く激スコール。
ダメダコリャ、とビル内に戻ると多くが店じまいの雰囲気、これも祝日だからかな。
http://4travel.jp/overseas/area/asia/singapore/singapore/shopping/10440702/ (Sim Lim Square)

降っては止み、止んでは降っての間隙をついて、すぐ隣、懐かしのホーカーズへ駆け込んだ。

なにが懐かしいかというと、かつての職場のすぐそばなのですね、この辺り。
ネクタイ姿で初めてランチを食べたのもこのホーカーズだし、
仕事帰りにガイドやドライバーと飲み食いしていたのもこの界隈。
まあ、今じゃ、すっかりキレイになってますけどね、かつてはけっこう薄汚いエリアだった。
『観音堂』やデパートの『OG』、『シムリムスクエア』などは変わることなく、お元気そうで。
http://singapore.navi.com/miru/26/ (観音堂)
THETA@MRT Orchard 
Christmas day in Orchard #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


スコールもおさまったのでもののついでに足伸ばすかと、MRTで『Orchard(オーチャード)』へ。
シンガポールは毎年来てるけど、オーチャードは何年ぶりだ?(写真3)
駅改札からオーチャード通りに出たら、渋谷スクランブル交差点並みの人混み、ナニ?コレ?

スマホ片手のカメラマン多すぎ、自撮りに記念写真、ハイ!ポーズ! で固まっている人が道を塞ぐ。
その人波をかき分け、縫うように『Somerset(サマセット)』まで早足で歩き抜け、やっとカオスから脱出、
地下鉄駅にたどり着き、やっぱり来るんじゃなかったと猛省しきり。

ドライフルーツのほかには中華系調味料を買い漁るぐらいで、特に買いたい物もなし。
やったことといえば、合間を見て、$7(!)で髪切ったぐらいかな。

特別な夜が特別に過ぎていくわけでもなく平素な一日の如く、2017旅も終わりを迎える。


PS;
のんきに旅も終わりと思っていたら、チャンギ『Dnata Lonuge』にて大きな失策に気づいた。
コーデュロイのGジャンを友人宅のハンガーに忘れた、滞在中はいらないから下げといてもらったんだ。
あ~あ、シャツ1枚で来ちまったい。

乗り継ぎの北京は空港ビル内の滞在だからなんとかしのげるだろうけど、
どうしよ、日本・東京・羽田空港、どうしよ、神奈川・京急・自他への道のり。

天気予報じゃ10度を下回るらしい、幸い到着は昼時だから、あったかい時間帯ではあるけど。
シャツだけじゃあ、どう見たって変な人@トーキョー、半袖シャツの4~5枚でも重ねて着ますかねえ。

27, Dec. 2017@Dnata Longe, Changi A/P


MRT Bugis

『海外航空券』、『海外航空券+ホテル』に使える3000円引きクーポン!
Blog Ranking ≪旅行部門≫ をチェック!★
ポチっと ≪海外一人旅ランキング≫ をチェック!★
読み終わったら ≪海外旅行ランキング≫ をチェック!★
blogramランキング参加中!
出発前の空港、みなさんはナニして過ごしていますか?
免税店をウロウロ? カフェでセカセカ? 搭乗ゲートでイライラ?
「格安航空券」だろうが「LCC」だろうが、
各空港のある『ビジネスクラス・ラウンジ』でゆっくりビールやワインなんていかが?
【プライオリティ・パス】があればそれが可能、情報詳細は↓コチラをご覧ください。
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2010-03-17

「カードの年会費10,800円は高い!」と思うかもしれませんが、
『ビジネスクラス・ラウンジ』の利用料は1回US$30ほど。
1度の海外旅行で日本出発時に1回、帰国時の空港で1回、往復2回ラウンジを使えるわけですから、
年間2度、海外旅行に出るとすでにモトは取れてしまいます。
空港によっては国内線でもラウンジ利用可能ですから、帰省時や国内旅行でも便利!

そのほかに「トラベルコース」を選べば、年2回の『手荷物宅配サービス』が付帯しますので、
単純計算で1,500円前後x2回分が浮いちゃいます。
国内も海外も旅行にこの1枚。ポイントゲットはコチラから さらに今なら入会時にポイントプレゼント、
初年度はこれだけでも会費を補えるので、1年だけ試しに使ってみるのもアリですね。
カードには最高5,000万円の『海外旅行傷害保険』&『国内旅行傷害保険』が付帯するので、
不安が多い海外旅行でも安心。

実際に利用した各都市空港ラウンジの報告記はこちらのリンクから!
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-05-23 バンコク・スワンナプーム(BKK)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-08-16 マニラ・ニノイ・アキノ(MNL)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-08-20 シンガポール・チャンギ(SIN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2014-05-06 ソウル・インチョン(ICN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2015-09-29 アブダビ・インターナショナル(AUH)
http://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2016-07-21 香港・チェクラップコク(HKG)


nice!(21)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

赤道近くのクリスマス from Singapore [Singapore]

IMG_5055.JPG

クリスマス・ウィークエンドながら、のんびりTシャツ、短パンで過ごしてます。

以前暮らしていた街なので、どうしてものべのべしちゃってます。
ドコ行ってもそうじゃねえか、というブログを読まれた方の声が投げつけられている気もしますが。

赤道直下のこの国はクリスマス・シーズンは雨季の入りたて。
地元っこに聞くと「クリスマス=雨のイメージ」という答えがやってきます。
とはいえ、来星からこちら、雨が降ったのは一度だけ。
「一度」と書いたのは「雨」といってもあくまで「スコール」ですからね。

MRT(シンガポールの地下鉄)、ムラサキ色のNE線(ノースイーストライン)の終点、
『Punggol』(地元発音ではボンゴール)にある友人宅に転がり込んでいるのですが、
ほぼ旅行者とは思えない日々の過ごし方。

友人夫妻の3歳と1歳のベイビー・ボーイの子守役、
あるいは不在の際の留守居役、宅配便受け取り役、ともう役回りいろいろ、日常生活満載。
炊事役や洗濯役はお義母さんが賄っているので、そちらは回ってきそうにありませんが。

似たようなタイミングで奥様の妹と叔母が逗留していて、家の中はちょっとした「大家族ものがたり」。
みなでご飯を食べて、みなで買い物に出かけ、みなで参拝に行き・・・とわっさわさしてます。
日頃、孤独死しかけた生活ですからね、たまにはこういうのもアリかな。

IMG_5101.JPG

さて半年ぶりのシンガポール、
前回、訪れたぐらいから「シェア・サイクル」を見かけるようになったんですね、駅前とかで。

アメリカやヨーロッパでは普及していたので、おお~、ようやくアジアにもご登場か、という感じで。
街歩きの旅行者にはけっこう重宝、写真撮るのに適しているのですね、自転車って。
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-11-08 (シェア・サイクル@デンバー)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2014-12-27 (シェア・サイクル@リュブリャーナ)

ここシンガポールでは3社ほどが急速拡大、ドハデな車体がアッチにもコッチにも止まっている。
酷いとビルの中や公衆トイレの前などにも置かれていて、
誰かが使っている途中なのかなと思ったら、そうじゃないようで。
キオスク・スタンドなし、アプリで登録し、GPSで探し出して、乗り出し、乗り捨てが自由なのですね。

この無法というか粗雑というか、放逐の状態がけっこうアグリーというか厄介というか。

きちんと管理することが好きなこの国に似つかわしくないのですね。
ホーカーズだろうが、オフィスビルだろうが、そこいら中にハデな自転車がほかされて(笑)あるわけですね、

まさに「所かまわず」とはこういう時に使う言葉。
中国でもニュースになってましたよね、シェア・サイクル山積み状態、それに近い状態になりつつあるかも。
このままだと管理したがる政府の鉄槌、怒りオヤジのゲンコツが振り下ろされるんじゃないかなあ。



もうひとつは「キックボード」、一年ぐらい前から若者に人気です、あ、子供のやつじゃなくて電動ね。

こいつがこのところご年配にも普及してきている。
日本だとナンバー付けないと(バカみたいな規制地獄)公道を走れませんが、
こちらでは歩道でも車道でもOK、じいちゃんが華麗に駆け抜けていったりするのでコミカルでもあり。
折りたためるのでMRTにも乗り込めますしね、出先で重宝しそう。

電圧も異なるのでけっこうパワー出るんですね。
友人が持っているので時々借りて出かけてますが、けっこう快適。
出発前、すっかり足腰衰弱男になってしまったので、キックボード乗っている場合じゃないんだけど、
ちょっとそこまで「テ・ペン」(なんだかはブログ内を検索してね)買いに~、なんて時はベンリ~。

管理したがる政府なんですけど、こういった部分は自由なんですねえ、
なんでも規制かけたがる政府ってはホント厄介、困りもの、規制緩和ってどこいったんだよ。
どうやら本気で「出国税」取るって、時代に逆行しているよ、バカじゃないのか。

IMG_5010.JPG

この週末はクリスマス・ウィークエンド、オーチャード・ロードはクリスマス・イルミネーション花盛り、毎年コンテストが行われるからね。

教会では頻繁にミサが行われている、少しばかり祈りでも捧げようか、クリスチャンじゃないけれど。

23, Dec. 2017 @Happy Holidays from Singapore!!!


MRT Punggol


Booking.comで¥2,000の特典がもらえる!
Blog Ranking ≪旅行部門≫ をチェック!★
ポチっと ≪海外一人旅ランキング≫ をチェック!★
読み終わったら ≪海外旅行ランキング≫ をチェック!★
blogramランキング参加中!

【旅行用品ランキング 1位】送料無料 フットレスト 二足分けスタイル 進化版 足置き 飛行機用 オフィス 新幹線 車 夜行バス 機内持ち込み可 携帯用

【旅行用品ランキング 2位】マルチ変換プラグ 世界200ヶ国以上対応 USB2ポート付oタイプ cタイプ bf bfタイプ bタイプ USB 変圧機能なし

【旅行用品ランキング 3位】VENEX アイマスク ベネクス リカバリーウェア 睡眠用 安眠 快眠 疲労回復繊維使用 眼精疲労 旅行グッズ

【旅行用品ランキング
 4位】 変換プラグ付き 変圧機能搭載 電源タップ 延長コンセント 220V 230V 240V 海外対応 USB 充電器 大容量4.2A


nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

いってきます! Fly to Singapore via Beijing [Singapore]

IMG_4869.jpg

格安航空券のくせに羽田空港『ANA LOUNGE』にいます。

10月に出向いた「ラスベガス&セドナ取材」の記事が11月を終わっても仕上がらず、
12月に入ったら休暇がてらシンガポールに飛ぼうかな、などという淡い目論見は泡と消えたわけで。

ロー・シーズンでもある12月上旬、
4万円を切っていた格安チケットが日を追うにつれ、値上がっていくのをジリジリと見つめていた。。
値段見ては仕事して、検索しては仕事して・・・、の繰り返し。

今月もPCの前に座り続け、出かけることなく書き続ける日が2週間ほど続き、まさに「缶詰め状態」。
こんな単語を使うとさながら流行作家のようでカッコいいけど、状態としてはほぼ「引き籠り」、
食料調達のスーパーと飲み物仕入れのコンビニに出向くぐらいで「籠城」といっても過言ではなく。
恒例のナイターテニスも全く出向けず、ただただPC前にいるの巻。

久々にテニスに出向くと目も当てられない状態が。
ひと月旅に出ても身についた打ち方は忘れなかったのに、「籠城」で足腰にガタがきたのか、
全然踏み込めず、教会で呪いを解いてもらわないといけないぐらい「攻撃力」がない。
そりゃあ、連日、歩いた最長距離が玄関のポストじゃあ、それは「呪い」じゃなくて「衰弱」だわさ。

ダメダコリャ、とドリフ調に思い立ち、〆切を上げた後、格安航空券を検索しまくるも、
シンガポール行きはすでに4万円後半に値上がっている。
相場よりも高い値段出して行く気も起きず、
あきらめつつ「筋トレでもするか」と再度WEBとニラメッコ、やぱりあきらめ悪い。

IMG_4872.jpg

するとひょっこり「行きはビジネス、帰りはエコノミー」なんて変わったチケットが6万円で売り出されていた。

エアラインはこのところご愛用の「中国国際航空(エア・チャイナ)」、
北京経由とメンドクサイが羽田発で4万円を切り、マイルも貯まるのでシンガポール行きには悪くない。
http://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2017-06-15 (北京経由シンガポール行き)
LCCもあるにはあるが、経由便が多く、LCCの安いチケットのメリットが少ないのでね。

ちなみに同社のシンガポール往復ビジネスクラス・チケットを調べると12万円ほど。(これも安いけど)
片道なら半額の6万円、そこに帰りのエコノミー・チケットがついてくると考えれば、安いんでないかい。

羽田は「プライオリティ・パス」で使えるラウンジもないしね、
「ANA LOUNGE」で朝食を食べられるならありがたい。
重ねて「優先チェックイン」、バゲージも3つぐらい放り込めるだろうし、
友人のベイビーのオムツ(日本製は現地では高いのだ)や離乳食も気軽にチェックインできるよな。
ロング・フライトをフル・フラットで寝て行けるのはデカイしね。

ということで、出発の3日前にポチッとクリック、決めちまった。

フライト・スケジュールはこんな感じ。

12月19日 08:30/11:30 CA184 HND/PEK ビジネスクラス
12月19日 15:35/21:55 CA969 PEK/SIN ビジネスクラス
12月27日 00:15/06:20 CA970 SIN/PEK エコノミークラス
12月27日 08:35/12:50 CA181 PEK/HND エコノミークラス

価格はこちら。

【航空券料金】   50,500円
【国内空港使用料】 2,670円
【その他諸税等】  9,770円
【クーポン割引金額】2,000円
-----------------------------------------
【金額計】     60,940円

IMG_4884.jpg

11月のソウルで2017年の旅は終わりかな、と思ってましたが、
急遽、シンガポール里帰りを捻じ込んじゃいました。
相場よりも割高だけど、+2万円でビジネスクラスなら安上がりだと思われ。

というわけで赤い電車の始発=「羽田直通」でたどり着き、
まだ暗い早朝の『ANA LOUNGE』で朝ごはんのお時間。

クリスマス・イルミネーション華やかな南の国へいってきます!

19, Dec. 2017 @ Haneda ANA Lounge


『海外航空券』、『海外航空券+ホテル』に使える2000円引きクーポン!
Blog Ranking ≪旅行部門≫ をチェック!★
ポチっと ≪海外一人旅ランキング≫ をチェック!★
読み終わったら ≪海外旅行ランキング≫ をチェック!★
blogramランキング参加中!





nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行