So-net無料ブログ作成

夏、夏、夏のソウルから from Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_1107.jpg

木曜のソウルです、気がつけば帰国日です。

15:05の便なので、ゆっくり起きて、ゲストハウスを10時にチェックアウト、
2号線で30分の『弘大入口』駅から空港鉄道を拾い、約50分、90分弱の道のりで仁川空港へ。

チェジュ・エアは自動端末で搭乗券を打ち出せるので、すんなりとX-ray検査(手荷物検査)へ。

12時頃でもけっこう行列、やっぱり飽和状態でちょっとムムム、となりましたが、
検査自体が緩くなったのか、10分ほどでサクサク流れ、
4~5人しか並んでない出国検査をスルスル過ぎて、ラウンジへ向かえることに。

今回はラッキーなことに搭乗ゲートが100番台の割り当て、
仁川では100番以降の搭乗ゲートは沖のコンコース、シャトル・トレインで向かうアソコです。

メンドくさい道順なのになぜラッキーかというと、
コンコースだと『KALラウンジ』が使えるのですね、「プライオリティ・パス」で。
ひとまずシャワーを浴び、ランチしてます。

Booking.comで¥2,000の特典がもらえる!



さて、今週のソウル、雨は月曜まで降り続き、到着から5日間、身動き取れない状態が続きました。
う~ん、こんなに雨的首爾なのは初めてだぜい。

降り納めとなった月曜は特にハゲシく、傘を差して歩いても短パンのヒザ上までガシャガシャ、
いつものトップサイダーのデッキシューズも中までグチャグチャ。
宿の戻ると靴の中の水を拭いましたが、連日の雨に中まで乾く暇がなく、
次第に中敷きは剥がれ、足は白くふやけ、中ではなにやら発酵食品的異臭騒ぎが発生している。

合理的なソウルっコを見習い、サンダル履きでうろつけばよかった、と後悔するも、
時すでに遅く、愛用の靴、死亡確認。

こちらでは若い男性会社員やOLさんも身軽にサンダル履きでご出勤。
確かにそれなら足元に不安なしだわさ、オフィスに着いたら足を拭けば済むことだものね。
一方、アジュマはここでも我が道路線、業務用なの?と尋ねたくなるような強靭な長靴で闊歩している。

さすがに東南アジアの国々のように制服で通勤電車に乗る姿は見かけないけど、
厄介な雨対策の合理性は日本よりもこちらが一枚上手かも。

IMG_1123.jpg
雨雲が去った火曜日は爽やかさが広がり、雨で冷やされた心地よい風が吹き抜けていきました。

『新村(シンチョン)』のシングル2泊、『シロアムサウナ』1泊、
『東大門』と『忠武路(チュンムロ)』の間で釜山人とツインに2泊(1泊はシングルユース)、
この日はその滞在先を出て、『トゥクソム』という初物の駅へ移動。
残り2泊をゲストハウスのドミで過ごしてみました、一泊1,000円也。

リュックタイプのキャスターバッグ背負っての移動ですが、うまいぐあいに雨が止むという幸運。
駅から5分の距離なれど、荷物背負って歩くとドップリ汗がにじみ出てくる陽気でした。

2号線『トゥクソム』駅を降り、即席の手書き地図で宿を探し求め、歩く、スマホないからね。
駅前から踏み入るとなにやらオシャレカフェやらオシャレバーやらオシャレキッチンやらが目白押し、
青山あたりの路地裏か、はたまたウラシブって感じのオシャレモード。(写真2)

そんなエリアで滞在先を掘り当て、汗だくで転がり込んだ。




う~ん、久々のドミトリー滞在はやっぱり寛げませんなあ、
宿自体はキレイで快適な施設だったんですけどね、やっぱりドミは落ち着かない。
初日は二段ベッドの上ということもあり、ホトンドの時間をリビングで過ごし、ベッドでは寝るだけに。

なにせベッドの頭の部分にエアコン(家庭用のアレね)が据えつけられている、という状態で。
手を延ばすとそこにはアナタじゃなくて、エアコン。
座るわけにもいかず、横になってPC広げると冷風を吸い込む形に。
寝たら朝には干からびてミイラ化、あるいは寒くて遭難しているんじゃないか、と心配したけど、
宿はフーリーで空きベッドはなく、そこを使わざるを得ない。

幸い、掛け布団に包まっていると風は当たらず、やっぱエアコン・ラブだわあ、と思いつつ、爆睡。

翌朝、ベッドを下段に変えてもらい、一件落着、いくらエアコン好きでも触れる距離にはいたくない。
ベッド移動完了後は、丁寧な英語を話す宿のスタッフに近隣情報を教えてもらい、
夏の熱さを取り戻したソウルの街歩き再開へ。

なんでこの駅を選んだかというと「ソウル・フォレスト」いうのが気になったんですね。
http://parks.seoul.go.kr/template/sub/seoulforest.do ソウル・スッ(ソウルの森・公式)

案内所でもらったパンフによると「NYにはセントラルパーク、ソウルにはソウルスッが」とのこと。
う~ん、一応、環状線内にあるけど、セントラルじゃなくなくない、などと言いながら、公園を歩く。

が、あまりの暑さ、熱さ、アツサで即撤退、ソウルの夏がやる気を出してきたらしい。

IMG_1155.jpg

隣駅『聖水(ソンス)』に「市場やE-martの本店がある」というのでそこを目指し、一駅闊歩。
「ハンドメイド・シューズ」の工芸・職人エリアらしいが、店舗や工場はイマイチ見当たらず。
https://www.konest.com/contents/shop_mise_detail.html?id=6154『聖水・手製靴タウン』コネスト

E-martの前の電光掲示が31℃を示し、逃げ込むように店内へ、やっぱりエアコン・ラブだわ。
その後、「市場がある」というのでワン・ブロックとなるの『トゥット市場』へ。

小さな地元市場はひなびた、というよりもしなびちゃっていました。
市場のパワーを完全にE-martに吸われちゃっている、という感じ、
それもまあソウルらしくてオモシロイ。

こんな感じで知らないエリアを歩いているうちに、旅の時間は過ぎていくのでした。

13, JUL. 2017 @ KAL lounge, ICN

Seoul Forest


NURO 光 今なら30000円キャッシュバック!
Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★
ポチっと≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
読み終わったら≪海外旅行ランキング≫をチェック!★
blogramランキング参加中!
出発前の空港、みなさんはナニして過ごしていますか?
免税店をウロウロ? カフェでセカセカ? 搭乗ゲートでイライラ?
「格安航空券」だろうが「LCC」だろうが、
各空港のある『ビジネスクラス・ラウンジ』でゆっくりビールやワインなんていかが?
【プライオリティ・パス】があればそれが可能、情報詳細は ↓コチラをご覧ください。
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2010-03-17

バッグとめるベルトでキャスターバッグの移動もラクラク ずり落ち防止 ブラック

スーツケースの持ち手に通せる旅行バッグ 予備バッグで移動がラクに!

Foppery スーツケース上のサブバッグを固定、ずり落ち防止できる!

Andux Space 荷物まとめベルト 3本セットで ランダムカラー

アメリカ安全運輸局認定 TSA 4ダイヤルロック (1.8mワイヤー付)


雨、雨、雨、雨のソウルから from Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_0826.jpg

日曜日のソウルです、ひたすら雨です。

到着の木曜からこっち、ずっと雨が降り続いています。
九州を襲った大雨が太平洋高気圧に押されているのか、降りっ放し。

「毎月ソウル」経験してから、こんなに雨が降り続くソウルは初めて。
たいがいは一日寝てると次の日は出かけられるんですけどね。
降ったり止んだりの繰り返し、街歩きの意欲を削がれます。

なにせ写真撮れないのです、雨降っていると。
必然、行動範囲も狭くなり、目新しいものに出会うわけもなく、さらに撮る画が限られちゃう。
確実に取れるのはご飯ばっかしですわ。

そのうちラテ・アートでも撮ってブログを埋め尽くすかもしれない、こんなに雨続きだと。



さて常宿を離れ、彷徨うソウル、となってますが、
まずは新村(シンチョン)で1泊1600円という安っいシングルを見つけ出し、そこで2泊。
いわゆる「コシウォン」をゲストハウス化しているパターンの宿で、これはもう気楽な滞在。

土曜日はそこをチェックアウトし、次のゲストハウスにバゲージだけ預け、『シロアムサウナ』へ。

というのも釜山から元常宿の元スタッフが所用でソウルへ来る、というので待ち合わせ。
「チムチルバンにでも泊まる」というので「じゃあ、いっそ『シロアム』行ってみない?」という流れで、
深夜にソウル駅で待ち合せた後、その足で裏手のサウナへの潜伏を決め込んだわけです。

でき上がったばかりの『ソウルロ』を通って、『シロアム』へ。(写真2)

IMG_0858.jpg

土曜日なので寝る場所確保に苦労するかと思ったのですが、
大潮の様に引いてしまった中国人がいないせいか、寝床を探すのも比較的カンタンでしかも快適な滞在に。
凍廟の『SPAREX』などと比べるとかなりバカデカイサイズなのですね、館内でオドロキ。

暑さと湿度と汗と雨の入り混じったカラダをすっかり洗い流し、日曜日は別の待ち合わせへ。

以前、ソウルで知り合ったSNSの知人と「トッポギ鍋」で有名な『モッシドンナ本店』へ行くことに。
釜山人も巻き込み、そぼ降る雨の中、安国駅から店へ向かう3人なのです。

ランチには遅い時間とあって、すぐにテーブルを確保、
すかさず「海鮮トッポギ鍋3人前!」と頼んだんですが、
店のオババが「一人分チーズにしたほうがいい、ラーメンも入れるのよ」とコリア式強制オススメが。
「軽めのランチ」を目論み、ラーメンは避けて、食後の「モックンパッ」を見越してたんですが、
抗う術もなく、へっへええ、とそれに従い、どっちも頼むことに。

炭水化物(トッポギ)+炭水化物(麺)+炭水化物(飯)のフルコース完成。




ところが、まあ、これがオババのいう通りで、チーズ・トッポギのウマいこと。(写真3)

うまい具合に海鮮と味が混ざることもなくうまみが増してる、やはり年長者のいうことは聞くべきなのね。
トッポギ自体も量が多いわけではないので、汁を吸ったラーメンがパワーを発揮、やるなあ、オババ。
そしてこういうデキゴトで進んでいく韓国が楽しいのです。

〆の「モックンパッ」も平らげ、3人でくっちゃべっていると、またまたオババが「席空けて」って。

IMG_0899.jpg

おいおい、そこも韓国式かい、と思っていたら、店の外には行列が・・・。
えええ、なんでこの時間にこの待ち人数、とおののきつつ、
オババにすんませんすんません、あなた様が正しゅうゴザイマス~、と言いながら、
手際よく会計を済ませ、店を後にしたのでした。

他愛のないランチでしたが、釜山人も巻き込み、韓国らしいひと時、そして一幕も二幕も。

でもって、この雨はいつ止むのでしょうか。

9,JUN.2017 @ SEL


ソウルロ7017
http://japanese.visitseoul.net/attractions/All-about-Seoullo-7017-JP_/21511?curPage=1


話題の商品がお得に試せる【サンプル百貨店】
Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★
ポチっと≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
読み終わったら≪海外旅行ランキング≫をチェック!★
blogramランキング参加中!





いってきます! Fly to Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_0766.jpg

成田です、第3ターミナルにいます。

怒涛のプロモーション・チケット・ラッシュで出たり入ったりドタバタが続いてます。
5月末には往復9,900円のエアアジア・チケット(総額1,9万円)でバリ島へ、
http://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2017-05-29 いってきます!バリ

6月中旬にはサプライスのセールでゲットした中華国際航空(総額2,5万円)でシンガポールへ、
http://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2017-06-15 いってきます!シンガポール

そして今回7月は片道500円(総額5,280円)でソウルへ。
と出かけなかった上半期の憂さを晴らすように飛びまくってます。

海外旅行、といっても3回のチケット総額が5万円と、ちょっと笑っちゃう金額だけど。

おかげで6月5~15日、27~7月6日の期間しか日本にいないわけで、
家賃はなのために払っているのでしょう、まつたく、このシトは。
旅している間、家賃払わないで済むシステム、ダレか考えてくれないかい。

サプライス、期間限定3,000円クーポン配布中!


さて、すっかり滞っていた「毎月ソウル」は今回が2017年初乗り込み、ようやく始動デス。
前回、「退陣騒ぎ」で沸く光化門広場に乗り込んだ12月以来なので、
「毎月ソウル」ならぬ「半年ソウル」、ムムム、これだと6ヶ月ソウルにいるみたいだけど。
http://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2016-12-04 退陣デモ下のソウル

以前にも記しましたが、今年は「正月セール」でデモノがありませんでしたからね、
安いソウル便ゲットならずで足が遠のき、反面「毎月インドネシア」現象に。
最近もどういうわけか総じてソウル便の価格が高い傾向にありますね、
なので貴重な「プロモーション・セール」は大切に。

ここからは今年頭に取ったチェジュ航空の「片道500円プロモーション」チケット3連発、
まずは第1弾「7月」の発射で「毎月ソウル」復活です、この後も9,11月と隔月だけど。

IMG_0772.jpg

フライトはこんな感じ。

2017/07/06 13:55/16:35 7C1105 NRT/ICN
2017/07/13 15:05/17:30 7C1104 ICN/NRT

片道500円x2に空港使用料4,280円が付帯して、総額5,280円のソウル行き。

前日に台風をやり過ごし、遅めの朝に赤い電車で2,5時間かけ、成田空港へ。
ソウルまでのフライトもほぼ2,5時間なのだから笑っちゃう。
シンプルに運賃だけだと電車の方が高けぇんじゃあ、オヌシ~。

前回から常宿と慣れ親しんだ新設洞エリアに別れを告げ、新しいエリアを彷徨っているわけですが、
今回はアゴダのサイトで2千円弱のシングル・ルームを掘り当てたので、まずは新村に潜むかと。

どうしても「安さ」を優先すると前回「恵化」、今回「新村」と学生街になっちゃいますね、
ついでに物価も食費も安く食べ物屋も多いので、長逗留には好アシストです、はい。

agodaで「Sinchon Livingtel」を検索、料金をチェック!


13:55というハンパな時間帯なので、弾3ターミナルの手荷物検査場も空いていて、スカスカ、
出国審査も1ヶ所開いているだけのノンビリムード。

残念ながら第3ターミナルには自動化ゲートがないので、
某ランドの様に「手に押してくれませんか」と頼むわけにもいかず、
出国スタンプで残り少ないページを消費し、泣きながらゲートに向かうのでした。

涙を拭くにも3タミは使えるラウンジもないので、奥歯を噛みしめて搭乗に向かうだけですね。

第3ターミナルの出発はタラップからのボーディングですが、バス搭乗ではなく、
ターミナル・ビルからプレハブ校舎の屋根付き廊下みたいな半外ルートを辿り、タラップ搭乗。

IMG_0804.jpg

機内は3+3の座席、最後尾32列まで満席(!)、若い韓国人がホトンドで、アジュマは少なめ。
すでに夏休みなのでしょうね、日本に遊びに行った大学生、といった風情が多を占めてました。
アジアの国々は6~8月は長い夏休み、韓国でも6月下旬の期末試験が終わると夏休みに入りますからね。
やたらとバカデカイぬいぐるみを抱えた若者が多いのが目に留まりました。

週末から4日間連続テニスで絞ってきたので、たっぷりソウルでダラけたいと思ってます。
おそらくソウルも熱いことでしょうけど、我が強い味方「きっついエアコン」が待ち受けてますからね。
街歩きに疲れたらチムチルバンでプカプカ浮いていることにしようかな。

いつものように行かなくてはならない所も食べなければならないものの存在はナシ、
いつものソウル、いつもの街歩きが待っています。

6,JUN.2017 @NRT Terminal 3


海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>
Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★
ポチっと≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
読み終わったら≪海外旅行ランキング≫をチェック!★
blogramランキング参加中!

旅行用小物売れ筋ランキング1位 立体型睡眠アイマスク 軽量・究極の柔らかシルク質感 (フリーサイズ)

旅行用小物売れ筋ランキング2位 【Amazon.co.jp限定】 掃除機不要! 衣類圧縮袋 M・L 各5枚 10枚組

旅行用小物売れ筋ランキング3位 Luxebell・ベルト式吊り下げデジタルスケール LCC、宅配便に便利!

旅行用小物売れ筋ランキング4位 海外旅行用変換プラグ 150国通用 USB充電ポート付き(US / UK / EU / AU)

旅行用小物売れ筋ランキング5位 米アマゾン人気 ネックピロー 機内でラクチン インフレータブルクッション