So-net無料ブログ作成
検索選択

Derry/Londonderry @Derry [Northern Ireland]

IMG_3860.jpg

―DAY6― 10月2日

今朝もバスに乗っていた、行き先は『デリー』、1時間50分の小旅行の予定だ。

昨日と同じように今朝も安宿にしては気の利いた、というよりすっかり気に入った温かい朝食を食べ、
ミルクをドボドボ注いだインスタント・コーヒーで寛ぎの時間を過ごしたあと、
デイパックに必要なモノだけを詰め込み、キャスターバッグを預け、11時前にチェックアウトした。

IMG_3614.jpg

今日の天気も朝から「ストロング・フォギー」、白い霧がまとわりつき、ジャケットが必要な肌寒さに覆われる。
英国領に入ってから天気もすっかり英国風、そんなところ合わせなくていいのに。
デイパックだけの身軽なスタイルで『ヨーロッパ・バス・センター』に歩いて到着、チケット・ブースに並んだ。

「『ロンドンデリー』に行きたいんだけど。往復だと安くなる?」

「今日往復するの?」

「いや、リターンは明日の土曜日で」

「明日の往復ね、少し安くなるわ。11:30のバスがあるけどそれに乗る? 

「乗ります乗ります。カードで支払います」

マイクを通した声はわかりやすくそう教えてくれた。
片道11,50ポンドのチケットが往復で21,50ポンド、少しばかりの割引料金。

IMG_3853.jpg

昨日はケバブ・サンドで夕食を手軽に済ませ、スーパーなどをヒヤカした後、ピンクの市庁舎を背にて宿へ向かった。

「明日は空いてないですね、土曜と日曜は空いているけど」

宿に着くや否やベッドの空き状況を尋ねたが、その答えは芳しくなかった。

「う~ん、そっかあ、しかたないね、ありがと」

キッチンで熱いコーヒーにミルクを注ぎ、リビングのソファーに沈み込み、PCでホテルを検索したが、
ベルファストでは安宿も少ない上に週末はすでに埋まっているようで、どうやらこの街での宿無しが確定した。

IMG_3854.jpg

地図を広げ、あらためて周辺の街を眺め、掘り下げてみることに。
なにせメインイベントの『ジャイアンツ・コーズウェイ』の奇岩を見終わってしまったので、プランは真っ白、
琴線に触れる街を探し、地図を覗くと『デリー/ロンドンデリー』という地名が目に留まった。

2つの名を持つちょっと変わった街は1972年の「血の日曜日事件」で有名な街だ。

別に歴史に詳しいわけでなく、U2の曲「Sunday Bloody Sunday」(原題)でそのことを知っていただけ。
あの頃は300円でレンタル(!)してきたLPレコードをテープに落としては聴く、ということを繰り返していた。
そのなかにU2の「WAR」があり、このアルバムにシビレてしまい、その後、U2にもどっぷりハマっていった。
U2の中でも特にお気に入りで、CDになっても買い求め、飽きることなく聴き続けていた。

IMG_3857.jpg

きっとこの頃から「アイルランド」という国がトゲのように刺さって気になっていたのだろう。
その後、深く知り合うことになるボストンの探偵が「アイリッシュ系」ということもあり、
この国への想いはトゲから枝ぐらいに大きくなっていく。

残念ながら作家が亡くなったことでボストンの探偵に会い続けることは叶わなくなったが、
今も活動を続けるU2はその背中を見続けていて、事あるごとにトゲの存在がちらついていた。
プロモーションのエア・チケットの行き先に「アイルランド」の文字が浮かび上がり、
彼らの国に飛ぶのは悪くないんじゃないか、というか、そのことがチケット購入の背中を押してくれた。

刺さっていたトゲを抜くのに今までかかってしまったが、どうせならトゲの元の樹木まで辿ってみるのはどうだろう。
昨日訪れた『ジャイアンツ・コーズウェイ』のほんの少し西にある街を地図で確かめながらそう思っていた。

IMG_3855.jpg

「『ロンドンデリー』行きはどの乗り場ですか?」

「乗り場はあっちだよ。その言い方はしないほうがいい、『デリー』で通じるから」

「はあ、ありがとう」

11:30に出発したバスはアナウンスもなく予定より早い13:10にロンドンデリーにバス・ターミナルに到着した。

「ターミナル」というほどのサイズではなく、「駅前のバス・ストップ」という規模にちょっと戸惑った。(写真3)

「ここ『ロンドンデリー』ですよね?」

「そうだ。『デリー』だよ」

予定より早かったので、まだだろうと座っていたので最後に取り残された格好で、
降りるときにはドライバーはすでにおらず、他のバスを待っていた人に尋ねるとそう答えられた。

IMG_3868.jpg

やはりここでも『デリー』と言われ、ぼんやりと違和感が膨んだ。
ターミナルやバスなど公的なものには『ロンドンデリー』と表示されているのになんでだろう、という疑問符とともに。

消化不良の違和感を抱いたまま、ターミナルを後にしたが右も左もわからない。
2時間近く北に向かって走っていただけあり、肌寒さが強くなっていて、感覚的にも不安を煽っていた。

ターミナルの真横に美しい外壁と背の高い塔を持つ建物が威風堂々の佇まいを見せていたので、
まずはそこに立ち寄り、地図をもらうかツーリスト・インフォの場所を教えてもらうことにした。(写真4・6)
通常、街を訪れると荷物を抱えたスタイルで宿探しからはじまることになるが、
いらないものは置いてきたので身軽にいきなり街を闊歩できるので拍子抜けの感じだ。

IMG_3863.jpg

立派な建物で出迎えてくれたのは荘厳なパイプ・オルガンの演奏だった。

豪奢な音が響く中、ロビーで地図をもらい、街の見どころなどを説明してもらうと、
この建物が『Guildhall(ギルドホール)』と呼ばれる街の中心的建物であることがわかった。
ロビーの奥には観桜客向けに街の歴史や展示物が並べられている。

係員に礼を告げ、オルガンの演奏に惹かれ、2階に上がると今度は鮮やかなステンドグラスが出迎えてくれた。

広いホールの奥にパイプ・オルガンが据えつけられ、それを囲うかのようにステンドグラスが広がっている。
昼間の陽光に照らされ、パイプ・オルガンの演奏に支えられ、その輝きは割増しで美しく見えた。

「Sunday Bloody Sunday」を聞きながらくすんだ街を歩く、という目論見はどうやら外れたようだぞ。



格安航空券 [ダイヤ]Surprice SPRING SALE[ダイヤ] 好評につき3,500円引クーポン再登場!!
blogramランキング参加中!
blogramによるブログ分析


Causeway Coast @Belfast [Northern Ireland]

IMG_3785.jpg

日が落ち切った頃、バスは『ベルファスト港』に到着、セキュリティ・ゲートを過ぎ、制限エリアに入っていった。

バカデカイ客船に沿うように停まると、中国人グループを含めたほとんどの客が降りていき、
車内には10名に満たない人数が残されただけで、ガランとした感じになってしまった。

IMG_3721.jpg

『ジャイアンツ・コーズウェイ』からの帰り道はちょっと遠慮して最前席を明け渡し、最後部の席に座った。

最後部は4組ほどのカップルだか、お仲間だか、グループだかに囲まれていて、岩場での感想話が尽きない。
時折話しかけられはしたが、彼らの会話にはところどころ、
「船が待っている」とか「クルーズで」というバカげた単語が挟まるので、
年配者特有のしつこく繰り返される内輪のジョークと思い、あまに会話に身が入らなかった。

なんでクルーズ客が18ポンドのやっすいデイ・ツアーにいるんだ、というクエスチョンマークが消えずに、
途中からは一人文庫本に目を落としていた。

IMG_3692.jpg

「キミはドコの国の人? その本はどうやって読むんだい?」

最後列、5人がけの席で肩を並べていたの男性が無邪気にこちらの手元を覗き込んできた。

「日本からです。アイルランドを巡ろうと10日ほどの短い旅です」

そう答えながら、文庫本を差し出し、文字の追い方と書かれた文章の意味を説明すると、
4組のペアが食いつくようにこちらに向き直った。

IMG_3735.jpg

「日本語かあ、すごいなあ。中国語はよく目にするけど日本の本は初めてだ」
「右に開いていくんだね、この本。それにしてもまったくなにが書いてあるかも想像できないな」
「日本語はキャラクター(文字)が3種類あるのよね、どう使い分けるの?」
「あなたもカンジ・キャラクターを書けるわけでしょ?」

三方から囲まれ、たちまち囲み取材のようになってしまった、
もっとも興味は自分に向けられたものでなく、「日本語」という有名タレントへだが。

文庫本をきっかけに個人的な話しに踏み込むとさきほどのクエスチョンマークのナゾが少しずつ解けてきた。

IMG_3752.jpg

「ぼくたちはクルーズでマンチェスターからやって来て、ここ数日、ベルファストに滞在して、
エクスカージョン・ツアーで今日のこのツアーに参加したんだ」

「明日はエディンバラ入り、対岸のスコットランドへ渡る予定」

「あの中国人の団体さんも同じクルージングからだよ。
もっともあちらさんはロンドンからエディンバラまでのパート参加のようだけどね」

「ほおお。あなたたちは?」

IMG_3759.jpg

「北欧をスタートしたのは2週間ぐらい前かな。残り1週間、この辺を巡って、スタート地点に戻るのさ」

こちらがアレコレ掘り下げていく必要もなく、4組のペアは口々にアレコレ説明してくれた。

彼らはそのクルーズで仲良くなったグループ、さっきまでの話はしつこい冗句ではなかったのだ。
クルーズでベルファストに到着し、「エクスカージョン」としてこのデイ・ツアーに参加したわけで、
どうりで国籍もまちまちの夫婦だかカップルだかのばらばらグループに共通項が見い出せなかったわけだ。

IMG_3781.jpg

そんな話を重ねていると「普段と異なるルートで街へ帰る前に港に寄る」とドライバーがアナウンスした。
もっとも普段を知らないので、そういわれても大人しく席に埋まっているだけだが。

バスはバカでかいクルーズ船の他にはなにもない広い港に入ると、船のそばでクルーズ客だけを降ろした。
中国人の団体さんは2つか3つあったようでそれぞれが引率のガイドが掲げる旗に従って船に戻っていく。
広東語と北京語のグループがいたのでそれぞれ香港チームと大陸チームのツアー・グループだろう。

「では、楽しいクルーズを続けてください」

「君も楽しい旅とセイフ・トリップで」

4組のペアと握手して別れの言葉を交わすと、ドライバーがあらためて車内を確認し、バスは港から動き出した。

今日一日、豪華客船の人たちと同じツアーで巡っていたわけね、そう考えると少しおかしくなってきた。
だって18ポンドのデイ・ツアーだぜ、こちとらドミトリー滞在のバジェット・トラベラーだぜ。

IMG_3825.jpg

夕食が気になりはじめる時間にベルファストの街の中心に戻ってきた。

ドライバーは港に寄ったため、遠回りになり、帰着時間が遅くなったことをマイク越しに詫びていた。
重ねて集合地点であるツアー会社まで戻るが、希望であれば市庁舎前で降りてしまうことも可能だと告げた。

『ヨーロッパ・バス・センター』そばのツアー会社まで行く方が宿への帰り道は短かったが、
街の中心で降りたほうが夕食のアイデアが広がりそうなので、ここで降りてしまうことにした。

「今日一日ありがとう、とても楽しめました」

ドライバーと握手して別れた、掌にチップを潜めてもよかったが、そぐわない感じがしたのでやめておいた。

IMG_3824.jpg

日帰り旅の終わり、出迎えてくれたのはピンクに染まったド派手なベルファスト市庁舎だった。(写真9・10)

「ん?ナニコレ?」と一瞬頭をひねったが、今日から10月、ひょっとして「乳ガン撲滅キャンペーン」かな。

いわゆる「ピンク・リボン運動」、なんでそんなことを知っているかというと、
その運動をNFLが全面的にサポートしているため、現地取材で目にしたこともあり、
また10月のすべての公式戦では選手たちはかならずピンク色のアイテムを身に着けている。

ピンクのシューズ、グローブ、サポーター、タオル・・・この月だけフィールドの選手はピンク色の煌めきともに走るのだ。

IMG_3804.jpg

もっともベルファストでその運動が繰り広げられているかはわからない、
なにせこの街の市バスはド派手なピンク色、「belfast bus」でググってみるとわかりますぜ。
ことによるとただの街のイメージ・カラーなのかもしれない、機会があったら誰かに尋ねてみよう、小さな宿題だな。

さあて、今夜はナニを食べよう、夜はまだ更けないぜ。


FC2 Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★

旅行用小物売れ筋ランキング1位 立体型睡眠アイマスク 軽量・究極の柔らかシルク質感 (フリーサイズ)

旅行用小物売れ筋ランキング2位 【Amazon.co.jp限定】 掃除機不要! 衣類圧縮袋 M・L 各5枚 10枚組

旅行用小物売れ筋ランキング3位 Luxebell・ベルト式吊り下げデジタルスケール LCC、宅配便に便利!

旅行用小物売れ筋ランキング4位 海外旅行用変換プラグ 150国通用 USB充電ポート付き(US / UK / EU / AU)

旅行用小物売れ筋ランキング5位 米アマゾン人気 ネックピロー 機内でラクチン インフレータブルクッション


Giant's Causeway @Belfast [Northern Ireland]

IMG_3670.jpg

長い時間、御預けを食っていた『ジャイアンツ・コーズウェイ』へようやくたどり着いた。

城見て、吊り橋渡って、醸造所寄って、城眺めて、とデイ・ツアーが盛りだくさんであることはありがたいが
太陽は少しばかり西に傾きはじめていて、「おいおい」とツッコミたくなる時間帯の到着だ。

トリガーはエティハドの安売りプロモーションだったが、
予てから『Causeway Coast(コーズウェイ・コースト)』へ行ってみたい、と思っていたこともあり、
ターゲットがアイルランドに定まったわけで、今回の旅の「メイン・イベント」なわけです、ここが。

IMG_3760.jpg

90分の自由散策ということが告げられ、近代的な造りのビジター・センター手前でバスから放たれることに。

『ジャイアンツ・コーズウェイ』自体は入場無料だ。
ただし長い坂を下り、海岸沿いに向かうので、帰りが心配な人は1ポンドを支払えばカートを利用できる。
行きは15分、帰りは登りだが25分あれば充分、メンドウならカートで、とドライバーは説明していた。

ご年配を除き、ツアー・バスの客はゾロゾロと丘を下っていた。
一日一緒にいたのでなんとなく顔見知りになり、坂を下りながら目が合うと声をかけたりと雰囲気は明るい。
こちらはオトコの一人歩きなので、おしゃべりしながら歩いている彼らをごぼう抜き、
歩みを止めることなく海岸を目指し、坂を下ると10分で波打ち際に到着した。

そう、これが観たくてこの国にやって来たんだよ。

IMG_3736.jpg

IMG_3686.jpg

IMG_3689.jpg

IMG_3697.jpg

IMG_3703.jpg

IMG_3748.jpg

IMG_3726.jpg

IMG_3714.jpg


Causeway Coast

航空券予約サイト「Surpr!ce(サプライス)」4/14まで3,000円引きクーポン配布中!
blogramランキング参加中!
blogramによるブログ分析

Carrick-a-Rede @Belfast [Northern Ireland]

IMG_3646.jpg

20分のフリータイムを終え、バスは11:10に『キャリック・ファーガス城』を離れた。

そこは「城」というよりは小さな港の「守り場」か「灯台」のようなこじんまりとした感じで、
雨は上がったものの晴れ切らない空と冴えない色の海が侘しさに拍車をかけていた。

バスは海岸沿いの一般道を走る。

店はモチロン、住居も少ない海岸線はさながら伊豆半島の西海岸沿いを走っているかのような錯覚を受けた。
海岸線の形に合わせてうねった道が対面通行で狭いことがそう思わせたのかもしれないが、
時折、ヒツジやウシが放牧された牧歌的な景色が広がり、アイルランドであることを確認させてくれていた。

IMG_3649.jpg

ツアーはいわゆる「ドライバー・ガイド」、運転しながらインカム・マイクで車窓の景色を紹介してくれる。

かなりのベテランらしく、小気味よいジョークを随所に交え、退屈な車内を大いに盛り上げている。
幸い「米語」ではなく「英語」なので軽めのジョークなどはこちらにもわかりやすかったが、
歴史や地学など学問的用語が混じるとこちらの英語力は及ばなくなり、彼の話しから意識は遠のいた。

「この辺りは高級別荘地、この一軒家は最近、売りに出してますよ、どうです?」
「右手の崖の白い岩石の部分は『ゲーム・オブ・スローン』のロケ地です」
時折、バスのスピードを落としては風景を紹介し、その度にカメラ片手の乗客が片側の窓にへばりついている。

IMG_4008.jpg

昨夜のドミトリーは大いなる安眠に包まれた。

割り当てられたのは2階にある3部屋のうちのひとつで、室内には二段ベッドが5つほど入れられていた。
幸い下段のベッドだったので、床にバッグを広げ、トイレへの出入りもラクに済ませることができた。
それよりも夜通しハナやノドをかき鳴らすミュージシャンがいなかったことがドミでの小さな幸福だった。

気になったのはただ一点、朝方、トイレを済ませ、ベッドに戻ると奇妙な寝言が聞こえてきたことだ。
「Huge Dragon(デカイ竜)」「Hells Dragon(地獄の竜)」・・・夢のなかでゲームでもしているのだろうか、彼の寝言にはやたらと「ドラゴン」を繰り返し、それはもはや迷惑というより笑いを堪えるのが大変だった。

IMG_3662.jpg

快適な眠りだけでなく、快適な朝食も待ち受けていた。

ホステルの朝食となると、ドーナッツやシリアルが乱雑に置かれ、
色だけそれらしいオレンジ・ジュースにコーヒーが添えられていればマシな方、というのが通り相場だ。

ところがここではキッチンに専門のコックさんがいて、朝食目当てで降りてきた客に、
「ブレック・ファストを選べ」と手書きのメニューを差し出してくる。
そこには「ソーセージ&エッグ」や「オムレット」など5種類ほどの朝食のリストが並んでいて、
ヨーロッパらしくその最後には「ベジタリアン」の文字まで踊っているのだ。

IMG_3664.jpg

知らずに降りてきた客は寝起き顔で戸惑う、というシーンに陥っていた、もちろん自分もその一員だ。

こちらの希望を聞いてから作ってくれるそれは、さながらデニーズの朝食プレートよりも豪華でビックリ、
ガッツリシッカリ朝食でとても安宿の朝食には思えなかった。(写真3)

コーヒーがインスタントしかなかったので大いなる減点対象になりそうだったが、
ドデカイ容器に入ったフレッシュミルクを好きなだけ注げたので、採点判断は見合わせることにした。
これなら自宅で飲む「インチキ・カフェ・オ・レ」と同格だし、それ以上に朝食の出来映えが高得点だった。

IMG_3663.jpg

一般道をきっちり2時間走り続け、13:10に『Carrick-a-Rede(キャリック・ア・リード)』に到着した。

ここは切り立った岸壁に渡された『Carrick-a-Rede Rope Bridge(キャリック・ア・リード吊り橋)』が名物、そこからの景観を眺めることができるらしい。(写真4)
https://www.nationaltrust.org.uk/carrick-a-rede Carrick-a-Rede公式サイト

ただし吊り橋の通行料5,9ポンド、ツアー客はドライバーから買うと5ポンドに割引されるらしいが、
橋を渡るだけで1000円を費やす気にはならず、そのお金で駐車場に併設された小さなカフェテリアで、
サンドウィッチとコーヒーを買い、外のテーブルでのどかな風景のランチタイムに浸ることにした。

コーヒーを飲み干し、橋とは反対方向に歩いてみた、ヒネクレモノは人とは違う方向に歩きたがるのだ。

すっきりと空は晴れ上がり、すっかり上着がジャマな陽気に、送迎ドライバーのいったとおりの天候だ。
切り立った岸壁の上からすぐに牧草地が広がり、人の気配を嫌ったヒツジが距離を置き、草を食んでいる。
崖の向こうにはラスリン島が見え、さらに遠方にはスコットランドが望める、海風が心地いい。

IMG_3669.jpg

「そっちに行くとなにかおもしろいものある?」

牧草地の横の歩道を戻っていると擦れ違いにやって来た女性に声をかけられた。(写真6)

「なにもなかったけど。切り立った崖が見下ろせるぐらいかな。誰もいないから気分はいいよ」

「そっか、行ってみるわ。写真、撮ってもらっていい?」

快諾するとスマホを渡された、使い方を尋ね、手際よく写真を撮ると、
彼女はひと気のない情景と写真がとても気に入ったようで、上機嫌をカラダで表現しながら歩いていった。
もう少し撮影していたら、その辺のヒツジを連れ出し、スキップしていたかもしれない。

IMG_3671.jpg

80分の散策時間を終え、15分ほど走ると小さな『Bushmills(ブッシュミルズ)』の町に到着、(写真7)
世界最古のウィスキー製造所である『Bushmills Distillery(ブッシュミルズ蒸留所)』の見学に立ち寄った。
有料で試飲ができるようだったが、アルコールに浸るつもりはなく、ロビーのソファーで文庫本に浸った。
http://www.bushmills.com/distillery/ Bushmills Distillery公式サイト

続いてほど近いところにある『Dunluce Castle(ダンルース城)』を遠景で眺めることに。(写真8)

難攻不落の文字もそのまま落とされたことがない城も時代には敵わず、悲しく朽ち果てていた。
こちらは盛りだくさんの「デイ・ツアー」なのだが、出てこないメイン・ディッシュに少しばかり焦れていた。

16:10、『Giant's Causeway(ジャイアンツ・コーズウェイ)』へ到着、ようやく主菜にありつけるぜ。


航空券予約サイト「Surpr!ce(サプライス)」4/14まで3,000円引きクーポン配布中!
ポチっと≪海外旅行ランキング≫をチェック!★



Carrick Fergus Castle @Belfast [Northern Ireland]

IMG_3638.jpg

―DAY5― 10月1日

朝から満席のツアー・バスに揺られていた。

昨日、チェックインの際に見かけたホワイト・ボードに書かれていた情報が気になっていた。
ディナーにクラブ・ナイト、各種デイツアー・・・宿泊者向けのイベントがアレコレ記されている。
PCを叩き、こちらの予約状況を確認しているスタッフに詳細を尋ねると話はトントン拍子に進んでいった。

「へえ、ディナーにクラビングかあ、楽しそうだね。それとこのツアーって、まだ申し込めるかな?」

「荷物置いてくる間にツアー会社に電話で聞いておきますよ。夕食とクラブは当日の昼でもOKだよ」

こちらの問いかけをメンドくさがるわけでもなく、手馴れた感じで受け答えしてくれた。
ホステル・レベルだとこういうことを煩わしく思うスタッフもいるが、この宿は親切なスタッフが揃っていた。
受話器を取る彼を置いたまま、2階のベッドを確認し、荷物を置いて、また事務室に降りた。

IMG_3998.jpg

「まだ申し込めるみたいですよ、ただこの夕刻には締め切るみたい」

「え、どうしよ。迷っている場合じゃないな、いまブッキングしちゃおう」

「OK~」

受話器を持ったままの彼にそう答えると瞬時に翌日の予定が決まった、
ワンデイ・ツアーの代金18ポンド(≒3,500円)をカード決済、けっこう文無しでも生きていける。

「9:30にピックアップが来るみたい、朝食が8時からだからリビングに居れば声かけますよ」

「ありがと。となるともう一泊プラスしてもいいかな?」

IMG_3613.jpg

着いた時点で2泊分はブッキングしていたが、
2日目、つまり明日をワンデイ・ツアーに費やすとなるとベルファストの街を巡る時間がない。
もう一日ないとこの街を歩く時間は到着した今日のこのあとの時間だけ、ということになってしまう。

「あさって土曜日チェックアウトだよね? う~ん、土曜日の晩は満杯ですよ」

「おお? そうなの?」

「でもまあ、週末の予約は動くので明日また確認してください」

「OK」

そういうとカメラバッグをブラ下げ、街の中心へ向かった。

IMG_3621.jpg

やたらと人が多くわさわさしていて落ち着かなかったダブリンと違い、
ベルファストの街は圧倒的に人が少なく、落ち着いた雰囲気が心地よかった。

市庁舎の真ん前にある観光案内所で教えてもらい、路面店やショッピングモールの中の両替店を見て回ったが、
結果的に観光案内所のレートが一番いいことが判っただけで、フリダシに戻る形で両替し、文無しを解消した。

この時期、対円のポンド・レートは200円弱と高かったので、余っているUSドルを持ってきていた。
US$50=30,21ポンド、これだけあればしばらくは飢えないで済みそうだ。
なにせランチに買ったサンドウィッチが3ポンド(600円!)、まともに計算すると卒倒しそうだったので、
ここでも1ポンド100円ぐらいのアバウト換算で暮らしていくことにした、それでも高いけど。

IMG_3651.jpg

繁華街をブラつき、落ち着いたカフェでコーヒーを飲み、街に馴染んでいく、ダブリンの喧騒は何処へ、だ。

帰り際に教えてもらったスーパーでロースト・チキンを丸ごととホール・ウィートのパンとジュースを買う。
キッチンがしっかりしていたことと連泊を決めたので多めの食糧を買い置くことができるのだ。
ランチはレストラン、夜は宿で自炊、なにせ独り身で夜のレストランというのは少々寂しさが募るのでね。

帰り道の信号待ちで突然話しかけられた。

「チュンゴーレン? チャイニーズ?」

カッチリとしたスーツを着込んだアイルランド紳士の口から出てきたのは紛れもない中国語だったので、
それに合わせるように中国語で「イープンレン(日本人)です」と答えてみた。

IMG_3627.jpg

「これは失礼。買い物袋を提げているし、この辺りは中国人留学生が多く、日本人は少ないので」

「いえ、ただの日本人観光客ですよ」

「実をいうと家内と私は中国語を勉強しているんだが、家内の方が上達が早くてね。
 なので街で中国の人を見かけると話しかけるようにしているんだ、家内に負けないようにね」

「そうだったんですか、日本人ですみません」

「いやいや、この街じゃ、日本の人と話すのも貴重だよ」

なにかの勧誘かと思ったが、単純に中国語会話をしたかったようだった。
それでも外国語を勉強しているからといって街角でいきなり話しかける勇気たるや、すごいバイタリティ。

「では、いい日を」互いにそういって横断歩道で分かれた。

IMG_3645.jpg

ピックアップのバンは約束の時間通りやって来た。

外は霧雨が降っていて肌寒い、おまけに8時というのに外は真っ暗、ダブリンから2時間北上しただけなのに。

「雨は朝だけ、陽が出れば止むのさ」

貸し切りのバンのドライバ-がそういう、どうやらこれがいつものベルファストの天気らしい。

数軒のホテルでピックアップした後、『ヨーロッパ・バス・センター』に近い場所にある
「Allens Tour」という事務所の前で待っていた大型バスに乗り換えることに。
ツアーバスの車内は『ジャイアント・コーズウェイ・ツアー』に参加の人ですでに満席状態、
車内にはポツリポツリと空席がある程度で少しばかり気後れしたが、一番前の席が遠慮がちに空いていた。

「ここ、座っていいのかな?」

「かまわないよ。誰もいないから」

IMG_3626.jpg

ドライバーにそう尋ねると明るい答えが返ってきたので、久々、添乗員気分で最前列の席に腰かけた。

というのも日本のツアーでは海外のツアーバスの一番前の席には座らせないのがオキマリ。
「保険がきかない」という名目で最前の一列は空けてもらい、ガイドやローカルガイド、添乗員が座っていた。
もっともこの名目は眉唾モノ、最前列だけ保険がきかないわけがない、
「ツアコンやガイドは死んでもいい、って会社が言ってるんですよ~」とジョークにしていたけど、
おそらく毎日その席が奪い合いになるのを避けてのことではないかなあ、と思う、正解は調べてないけど。

まあ、自分のツアーは席割りを決めていたし、写真を撮りたい人には最前列の席を使ってもらっていたっけ。
せっかく日本を出ているのに日本のルールや規則に縛りつけるのはイケすかない気がしていたからね。

バスは『Carrick Fergus Castle(キャリック・ファーガス城)』へ、ワンデイ・ツアーのはじまりはじまり。


Carrick Fergus Castle

るるぶトラベル10周年記念!大感謝祭タイムセール 今すぐ使える最大50,000円割引クーポン配布中
読み終わったら≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
ブログランキング・にほんブログ村へ