So-net無料ブログ作成

かえります! from Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_1671.JPG

水曜のソウルです、いつものようにノベノベしておりますが、明日はもう帰国日。

週末釜山、ということで釜山に滞在、
滞在中は友人にクルマでアッチコッチ連れ回してもらいました。
いつものことですがナニ観光するでもなく、ナニ買うでもなく、アッチを覗き、コッチを眺めの日々。
友人が仕事に行った月曜は自力で知らない通りをブラブラ、見知らぬ路地をウロウロ。

一番の幸いは一人メシでないことですね、友人がいるので救われてます。
「毎月ソウル」で定宿に停泊していたのは、
スタッフなり、ほかの客なり、ご飯相手が誰かいたから、というのがありますね。
旅先のご飯はなにを食べても興味が募りますが、一人メシはやっぱりいただけない、食事だけに。
美味しくても不味くても共有する相手がいないとね、精神衛生によろしくない、早死方面まっしぐら。

よく「韓国って、一人で行ってダイジョウブ?」なんて聞かれますが、
韓国は「おひとり様」ご飯をしやすい国、『キムパプ・チョング』さえ見つければ24時間飢えませんぜ。
ただし観光客に人気の鍋やら焼肉やらは攻めづらいのが実情、
これらは基本、二人前からの注文なので、一人客は断られちゃうんですね、
焼肉に限っていえば日本と異なり、「ご飯もの」でなく「酒のアテ」的存在なので、
二人前頼んだとしても呑みの売り上げが上がずイヤがられちゃう、日本人旅行者はご承知おきを。

久々、「チキン」&「ピザ」で手を汚し、「コノシロの刺身」の翌日には「チュクミとコプチャン」の鍋、
「テジ・クッパプ」はうまい店を狙い撃ち、ブサン、チンチャ・マシソの日々。

IMG_1954.JPG

火曜日朝、出勤の友人より早く宿を発ち、金海空港へ。

8:35のフライトに合わせても『ソミョン』の隣駅『ポムネコル』を7:00に出れば充分。
地下鉄2本とライトレールを乗り継ぎ、キッチリ7:30、空港に着いちゃう。
釜山の空港アクセス、マシソ、あ、意味違うな。

あいにく国内線は使えるラウンジはナシ、だたし出発のゲート前は無料Wi-Fiビシバシ、
韓国に限らず、他の国を訪れると日本の公共Wi-Fiの貧弱さを思い返しますなあ。
もはや無料Wi-Fiは公衆トイレと同じレベル、無料で快適なスピード、電源もあり。
東京オリンピックを前にそのあたりどうにかしないと意味ナイヨ~。

朝一の便だったので、出張族が多いのか、イースターの機内は満席、
55分かかるフライトは5分遅れて金浦空港へ。
この時間にホテルに向かってもチェックインができないので、
コーヒーを買い、到着ロビーでWi-Fi(ここでももちろん無料)繋ぎ、しばしメール・チェック。

その後、5号線沿いに絞って探し当てた安宿に向かうと、道行きに迷いもせず、12時前に着いちゃった。
荷物預けて出かけようか、と思っていたら、「少し待っていたら部屋入れますよ~」とのお声がけ。
無料のアーリー・チェックインに感謝、オフ・シーズンはこんな風に旅がラクに進みます。

滞在駅は『ヤンピョン(楊坪)』、京義中央線の楊平駅とハングル表記が同じなんですね。
今回は『ハプチョン』に『ヤンピョン』とヤヤコシ地名滞在@ソウル。

Booking.comで¥2,000の特典がもらえる!



「2人部屋ドミトリー」という変わった安宿を掘り当てたので、そこにトライ、ホテル名は『Hotel Joker II』。
韓国でよくあるパターンで、ホテルサイドが空き部屋利用の一環として、
一人客用にツインやトリプルを「ドミ扱い」にして売り出しているやつですね、日本語的には「相部屋」。

部屋を空けるとガッツリ普通のツインルーム、ただし先客はナシ、その後も誰も来ることなく、
1800円という価格で初日はツインの部屋を占有完了、ラッキーでした。
これもオフ・シーズンの恩恵ですね、チンチャ・マシソ、あ、使い方違うな。

でもこの部屋、スーツケース広げるようなスペースもないので、
隣に他人が居るとなると距離感としては普通のドミトリー・ベッドよりツライものがあるぞ。
ひとまず占有しているけど出かけて戻ってきたら誰かいるかもしれない、という状態が続くのですね。

「近所にスーパーある?」と到着時の儀式でいつものように尋ねると、

「駅の反対側、10分ぐらい歩いたところに『ロッテマート』が」とのお答え。

あらあ、こんなところにもと思いつつ、荷物を置いたあと、駅の反対側へ向かうと、
バカデカイショッピング・モールがご登場、『urban 4 rest』と名乗ってる。
http://koreafntimes.blogspot.jp/2017/04/lotte-mart-opens-seoul-yangpyeong.html
1階にはオシャレなフード・エリア、地下に巨大スーパーが展開、垂れ幕からするとオープンしたばかり。

IMG_1680.JPG

12時までやっていることが分かったので帰国前日となった今日の夜、宿への帰りしな、
閉店間際に飛び込んで、明日の朝飯と友人への土産など買い漁ってきましたぜ。
ポツリポツリと小雨が落ちるなか、ぶらぶらと宿に帰着し、「毎月ソウル」もエンディング。

街歩きのあと、旅のラストにも出向けるので韓国のスーパーはチンチャ・マシソ、これも使い方違うな。
明日のフライトは15時なので、チェックアウト・タイムまでのんびりするかな。

なーんて、部屋に帰ったら誰かいたりして、なにせ「ドミ」滞在ですからね。

27, SEP. 2017 @ Yangpyeong, Seoul


[Hotel Joker II]をagodaで検索! レビューもあります!

話題の商品がお得に試せる【サンプル百貨店】
Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★
ポチっと≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
読み終わったら≪海外旅行ランキング≫をチェック!★
blogramランキング参加中!
出発前の空港、みなさんはナニして過ごしていますか?
免税店をウロウロ? カフェでセカセカ? 搭乗ゲートでイライラ?
「格安航空券」だろうが「LCC」だろうが、
各空港のある『ビジネスクラス・ラウンジ』でゆっくりビールやワインなんていかが?
【プライオリティ・パス】があればそれが可能、情報詳細は↓コチラをご覧ください。
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2010-03-17

「カードの年会費10,800円は高い!」と思うかもしれませんが、
『ビジネスクラス・ラウンジ』の利用料は1回US$30ほど。
1度の海外旅行で日本出発時に1回、帰国時の空港で1回、往復2回ラウンジを使えるわけですから、
年間2度、海外旅行に出るとすでにモトは取れてしまいます。
空港によっては国内線でもラウンジ利用可能ですから、帰省時や国内旅行でも便利!

そのほかに「トラベルコース」を選べば、年2回の『手荷物宅配サービス』が付帯しますので、
単純計算で1,500円前後x2回分が浮いちゃいます。
国内も海外も旅行にこの1枚 さらに今なら入会時にポイントプレゼント、
初年度はこれだけでも会費を補えるので、試しに使ってみるのもアリです。
カードには最高5,000万円の『海外旅行傷害保険』&『国内旅行傷害保険』が付帯するので、
不安が多い海外旅行でも安心ですね。

実際に利用した各都市空港ラウンジの報告記はこちらのリンクから!
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-05-23 バンコク・スワンナプーム(BKK)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-08-16 マニラ・ニノイ・アキノ(MNL)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-08-20 シンガポール・チャンギ(SIN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2014-05-06 ソウル・インチョン(ICN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2015-09-29 アブダビ・インターナショナル(AUH)
http://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2016-07-21 香港・チェクラップコク(HKG)





nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 34

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント