So-net無料ブログ作成
検索選択

いってきます! Fly to Singapore via Beijing [Singapore]

IMG_9666.jpg

早朝の羽田です、出発です。

赤い電車の始発は「羽田空港直通」というシロモノで乗り換えなしで空港に横づけ。
こいつだと6時前の到着と8:30の出発には少し早いのですが、
乗り換えなしの直通、朝のラッシュに当たらずに済む、ということで、
おとなしく早めに空港入りし、コーヒーなどを飲んでおります、おかげでたんまり寝不足だけど。



6月5日にバリ島から帰着すると、こちらを待ち受けていたように入梅の報せが。
ところが雨は少なく、熱い陽気が続き、おかまいなしにテニスに興じていると、
汗をかいた肌から日焼けの皮がペリペリと。

バリ島では1週間の「レンタルバイク生活」、
半ソデ短パンでスクーターを借り出し、太陽などおかまいなしだったんですが、
さすがに『ジャティルイ』の棚田を目指した一日で両腕部分がたっぷり日焼けしました。
焼けるの覚悟でTシャツのソデをめくり、ノースリーブの日向くん状態(古い)にしていたんですが、
やはり半ソデでは半ソデ、ソデからの部分だけ微妙に部分焼け。

IMG_9681.jpg

週末のテニスも半ソデ短パンなので、ヒジから先はすでに黒く、ここはさらに色濃くなっただけ、
大腿や脹脛(読める?)も日頃テニスでさらしているので、こちらもたいして焼けず。
半ソデの裾っていうんですか、ヒラヒラ部分の内側は白かったわけですね、そこから上がガッツリ焼け。

痛くなるほどではなかったので、放っておいたんですが、
帰国後、数日経つと、二の腕だけペリペリ剥けてきたんです、これが。

テニスのシャツやTシャツのソデがちょうどひらひら当たるところで、
日焼けの皮を刺激していくわけです、こすれるわけです、そこだけ。
すると赤くなっていた肌がたちまちベロベロ剥けはじめる始末、
びみょ~にソデが当たるので、むず痒いったらありゃしない、で、そこだけ皮が捲れていくという…。
結果、ソデの切れ目から醜い日焼け跡をチラつかせながら、次の旅に出向くというアリサマでさあ。

IMG_9748.jpg
恒例の「毎年シンガ」、昨年に続き、格安だった「エア・チャイナ」、北京経由で里帰りです。

「チャイナ・エア(CI)」じゃないよ、それは「中華航空」=台湾の会社。
乗ったのは「エア・チャイナ(CA)」、中国国際航空=中華人民共和国の会社、ハゲしくややこしい。

今回のチケットはHISの系列会社「サプライス」の正月セールで買ったもの。

航空券料金     15,000円
国内空港使用料   2,670円
諸税・サーチャージ等 9,540円
キャッシュバック -2,000円
クーポン割引金額 -3,000円
==============
合計 22,210円



額面1,5万、空港使用料とサーチャージが1万チョット、
そこに「中国国際航空」のキャッシュバック・キャンペーン、「サプライス」のクーポンが乗っかり、
シンガポール往復2,2万円也でゴザイマス。

確か昨年は同じフライトを4万円で買った気がする、それでも安いけど。
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2016-06-17 毎年シンガ-2016-

先日までなかなか旅立たなかった2017年ですが、
バリの「エアアジア」プロモ・チケットを皮切りに怒涛のプロモーション・ラッシュ、
やっすいやっすいチケットの旅の応酬、
シンガのあとは「チェジュ・エア」500円プロモ3連発、なんてのがありますぜ。

IMG_9715.jpg

今年前半で鬱屈した分を吐き出すかのように10日置いての旅立ち、旅がドンドン迫って来ます。

「アイルランド紀行」も途中のまま、ブログ更新はあいかわらず滞っており、心苦しい状態ですが、
あきれずにおつきあいのほどを。
現地オンタイムの情報を上げていきますので、ご容赦のほどを。
と書きつつもシンガポールでは「マー様」に会うこともなく、「サンズ」プールに浸ることもなく、
ローカルの「ホーカーズ」をうろつくぐらいしかしないのでしょうけど。

トランジットの北京国際空港のラウンジにて、ランチしながら、そんなことを綴っているわけです。

15,JUN.2017 @PEK



話題の商品がお得に試せる【サンプル百貨店】
Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★
ポチっと≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
読み終わったら≪海外旅行ランキング≫をチェック!★
blogramランキング参加中!
出発前の空港、みなさんはナニして過ごしていますか?
免税店をウロウロ? カフェでセカセカ? 搭乗ゲートでイライラ?
「格安航空券」だろうが「LCC」だろうが、
各空港のある『ビジネスクラス・ラウンジ』でゆっくりビールやワインなんていかが?
【プライオリティ・パス】があればそれが可能、情報詳細は↓コチラをご覧ください。
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2010-03-17

「カードの年会費10,800円は高い!」と思うかもしれませんが、
『ビジネスクラス・ラウンジ』の利用料は1回US$30ほど。
1度の海外旅行で日本出発時に1回、帰国時の空港で1回、往復2回ラウンジを使えるわけですから、
年間2度、海外旅行に出るとすでにモトは取れてしまいます。
空港によっては国内線でもラウンジ利用可能ですから、帰省時や国内旅行でも便利!

そのほかに「トラベルコース」を選べば、年2回の『手荷物宅配サービス』が付帯しますので、
単純計算で1,500円前後x2回分が浮いちゃいます。
国内も海外も旅行にこの1枚 さらに今なら入会時にポイントプレゼント、
初年度はこれだけでも会費を補えるので、試しに使ってみるのもアリです。
カードには最高5,000万円の『海外旅行傷害保険』&『国内旅行傷害保険』が付帯するので、
不安が多い海外旅行でも安心ですね。

実際に利用した各都市空港ラウンジの報告記はこちらのリンクから!
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-05-23 バンコク・スワンナプーム(BKK)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-08-16 マニラ・ニノイ・アキノ(MNL)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-08-20 シンガポール・チャンギ(SIN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-10-13 ヒューストン・G・ブッシュ・インターコンチネンタル(IAH)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-11-09 デンバー・インターナショナル(DEN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2014-05-06 ソウル・インチョン(ICN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2015-09-29 アブダビ・インターナショナル(AUH)
http://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2016-07-21 香港・チェクラップコク(HKG)







nice!(38)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 38

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL: