So-net無料ブログ作成
検索選択

City Hall @Belfast [Northern Ireland (UK)]

IMG_4141.jpg

―DAY9― 10月5日

朝からどっぷりと雨が降っていて、出かける意欲をごっそりと削がれた。

もくもくと宿の朝食を摂り、こつこつと現地情報のブログを更新し、うつうつと午前の時間を過ごした。
世間的にはただでさえ憂鬱な月曜日、それを増幅させるかのように雨が降り続いている。
もっとも憂鬱な気分に陥るのは会社勤めの人のオハナシだろう、
無責任な旅人にはあまり関係のないハナシだったが、旅の足を縛られてしまっているのは確かだった。

IMG_4218.jpg
『Peace Wall(ピース・ウォール)』まで足を延ばそうかと思ったが、雨で計画をくじかれた形。

プロテスタントの「ユニオニスト」とカトリックの「ナショナリスト」の住宅街を分断している壁、
それが『ピース・ウォール』。
旧ユーゴの国(バルカン・エリア)やイスラエルなら異なる宗教同士で、
街なかに隔たりを築いていることはあるが、ここでは同じキリスト教徒が街を分け隔てている。
壁が築かれた経緯はGoogleかWikiにお任せするが、そんな場所がベルファストにはあるのだ。
しかしこの雨では身動きが取れなかった。

旅先には行かなくてはならない場所はないし、食べなくてはならないものなどない、
と記したらこの街に失礼だろうか。

IMG_4085.jpg

午後遅くになってようやく雨が上がり、ベルファストの中心地へ足を延ばすことにした。

距離があり、タクシーで向かわなくてはならない『ピース・ウォール』に向かうには時間帯が遅いため、
矛先を変え、「City Hall Tour」を目指すことに。
観光案内で教えてもらった15:00開始のツアーに間に合うといいのだけれど。

そういえばこの街は「タイタニック号」を送り出した街しても有名だ。
街のあちらこちらに「タイタニック号」にまつわるスポットがあるが、そちらには一切、気を惹かれなかった。

IMG_4109.jpg

決まった時間に無料で催されている「市庁舎見学ツアー」は特に予約を入れるわけでもなく、
正面玄関のホールに希望者がそろうと粛々と歩みを進める形ではじまる。

市職員だかボランティアだかわからないが、ガイド役の男性の後に続いて歩き、
建物の装飾や謂れなどの説明を受けながら、歴史ある市庁舎の廊下を巡っていく。

IMG_4110.jpg

実際に市議会が開かれる議場にも入れてもらえ、議員席に腰かけながら説明に耳を傾ける。
説明後のフォト・セッションでは、各々が議長のイスに腰かけ、ポーズを決めて楽しんでいた。
記念撮影にはバツグンのポジション、あるいはSNSのいいネタだ。

ちなみに一眼レフをブラ下げ、旅していると「写真頼まれ」率がとても高い。

IMG_4130.jpg

ちゃんとしたカメラをぶら下げている信頼感から頼まれるのか、
あるいは頼みやすそうな人畜無害のバカ面に見えるのか、
頼む側になったことがないのでわからないが、ツアー・コンダクター時代から記念撮影はオテノモノだ。

団体さん引き連れ歩いてた頃は、7個も8個もカメラ預かって「ハイ!ポーズ」なんてやってたっけ。

IMG_4122.jpg
記念撮影のコツは「一歩寄ること」。

バックにあれもこれも入れたくなるのが観光地の記念撮影ですが、グッと人物に寄ると雰囲気が出る。
背景のコロッセオだかマーライオンだか寺だか教会だかを全部入れようとすると、
薄味テイストの妙ちくりんな写真になっちまいますぜ。

IMG_4118.jpg

ああ、それにしても「石の国」の歴史ある建物を目の当たりにすると、
「木の国」「紙の国」の民はただただ嘆息するばかりでさーねえ。

おかしいよなあ、「紙」は「石」に勝てるはずなんだけど。


Belfast City Hall

FC2 Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★




nice!(102)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 102

コメント 2

kuwachan

ご訪問ありがとうございました。
確かに「石の国」の歴史ある建物を見るとただただ圧倒されますよね。
by kuwachan (2017-07-26 13:06) 

delfin

>kuwachanさん

ご訪問ありがとうございます。

何百年も同じ形でそこにある、というところにやられちゃいますよね~

by delfin (2017-07-26 23:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0