So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

ザ・ストリップ便り from Las Vegas [Las Vegas (U.S.)]

IMG_2970.jpg

現地9日、月曜のラス・ベガスです。

痛ましい事件が起きたその翌日にラスベガスに入ったのですが、
失礼な話ですがこちらはそれどこではなく、「遅れ」の泥沼にハマッていきます。

サンフランシスコでの入国審査&乗継便の手荷物検査で恐ろしいほど時間を食い、
12時の便にあっさり乗り遅れ。
おそらく事件の影響でセキュリティレベルが上がっていたのでしょう。
無料で振り替えてくれた便は16時ということで、4時間をサンフランシスコの空港でつぶし、
これでさあベガスへ! と思ったら、この便が乗り込んでから機材チェックで2時間近く出発せず。

結局、ラス・ベガスの空港に着いたのは6時間遅れの20時なりけり。

当初の予定だと14時に到着し、4時間のレンタカー・ドライブで、
カナブの田舎町に暗くなる前の18時頃には着くはずだったのですね、夕食はナニ食べよ、ぐらいの感じで。

結果、20時過ぎに到着し、21時頃、レンタカーを借り出し、
暗闇に包まれた田舎町のハイウェイを4時間ひた走って、カナブの町へ着いたのが午前1時。
残念ながら日付は変わっておりまする。

おまけにこの町はユタ州なので、ネヴァダ州とは1時間の時差があるのですね。
都合の悪いことはいっぱい重なって、しかも段階的にやってきます。

最終的に予約していたモーテルに着いたのは午前2時。
「遅くなる」と連絡していたにも関わらず、宿には誰もおらず、え? クルマで寝るの・・・

なんて到着時のトンデモない件(くだり)があったのですが、
それはクソ(失敬!)長い話なのでまた後日、記します、失敗談を朗々と語ってもねええ。

IMG_2896.jpg

そこからナントカ立て直し、カナブで3日間を過ごし、4日水曜にラス・ベガスに戻り、
そこからは現地観光局の手配でガッツリ視察と取材の日程、スケジュールに沿って動くのですが、
それが今回の事件でことごとく変更、取り消し、返答待ちとまあ、予定通りに進まないこと。

スケジュールはタレントの如く刻まれていたのですが、
あっちがダメならこっちへ行って、こっちがNGならここで、という感じで朝から晩までなかなかに忙しく、
部屋に帰ってくると倒れて寝るだけ、せっかく取っていただいたベラジオの広い部屋も宝の持ち腐れ。

ベガスのホテルってやつはロビーからカジノを通って、部屋に向かう形になっているので、
そのルートが煩わしくてめんどくさい、セグウェイか自転車くれ、って感じの遠さ。
さらに最近人気のメガ・ホテルとなるともうフロントまでシャトルが必要な距離。
ああ、ドアの前にクルマ止められるカナブのモーテルが懐かしい、なんてニワカ郷愁が湧き出てくる。

ベガスのホテルというやつは「すべてカジノで遊んでくださいね」ということで、
部屋にコーヒー・サーバーもな~んにもないのですよ、お湯も沸かせない。
「お湯持ってきて~」って電話したら「$5です」ってチョット殺意芽生える。

昔はカジノで楽しんでもらうため、ブッフェも安かったんですけどね、
メガ・ホテルの出現でブッフェ(ベガスでは『バフェ』と発音)も過当競争、
夕食で$4~50は当たり前、って感じになっちゃいました、『ストリップ』周辺は。

Booking.comで¥2,000の特典がもらえる!


5、6、7日と観光局のスケジュールを消化し、8日日曜に『ダウンタウン』へ居を変え、
今度はローカル・エリアの取材で駆け回っております、ただしスケジュールの縛りからは解放。

さて現地ですが、『ストリップ』で擦れ違うアジア系はコリアンと香港、台湾系という感じ。
恐ろしいぐらい日本人は見かけない、例によって事件の影響で「自粛」でしょうか。

ひとつお伝えしておきますが、事件のあとってセキュリティ・レベルが上がるので安全度は増しますぜ。

明らかにドアマン以外のセキュリティが立っているし、レストラン入口にも配備されている。
エレベーター前ではカギのチェック、パーキングでは通過時にトランク開けさせるような警戒レベル。
同じ場所で似た事件が起こるとも思えず、TVニュースに煽られ、キャンセルチャージ払うのはやめなっせ。

10月の3連休(ちなみに現地も9日は『コロンバスデイ』で祝日)なのに、
日本人観光客は1日1組見かけるか程度なのですよ。
韓国人はヨソ行きオシャレのオババを中心にワサワサ見かけますけどね、なに? この差?

IMG_3468.jpg

え? なに? いつもの路地裏に日本人がいるはずないって?
今回は『ストリップ』のメイン通りを行ったり来たりですぜ、この街の路地裏には搬入口しかないから。

ここ『ダウンタウン』で2泊、その後、もう一度『ストリップ』で1泊し、
その後はクルマを飛ばし、セドナへ向かいます。

3週間の旅はまだ序盤、貧弱体力と蓄積疲労との鬩ぎ合いになってます、カジノ行く元気はない!!


The Strip

サプライス、燃油値下がりセールの3,000円割引クーポン配布は明日まで 
Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★
ポチっと≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
読み終わったら≪海外旅行ランキング≫をチェック!★
blogramランキング参加中!

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

いってきます!Fly to Las Vegas [Las Vegas (U.S.)]

IMG_1993.jpg

2日月曜、午後の成田です、第1ターミナル、KALラウンジにいます。

先日のブログでお伝えしたとおり、
8月下旬に某ガイドブックの現地取材の話しがあり、折衝の末、10月頭から飛ぶことに。
ラス・ベガスへ出向くことになったのですが、折しもNFLのシーズンと重なるので、編集部に頼みこみ、
ベガス取材の後、NFLの試合を2試合、取材させてもらう了承を得ました。



ルート的にはラス・ベガス到着後、そのままクルマで『カナブ』という町へ。
『ザイオン』、『ブライス・キャニオン』といった国立公園を取材、
2泊の後、ベガスに戻り、1週間ほど腰を据えて街を歩き回ります。
その後はまたクルマを駆り、『セドナ』へ南下、ここでも数日の取材、
すべて終えて、『フェニックス』ヘ南下し、国内線で『サン・フランシスコ』へ。
ここからはオークランドへ渡り、NFLの取材予定、というような流れで、約3週間の滞在に。

う~ん、ソウルに1週間行っていて、アメリカに3週間いるんじゃ、家賃がムダでしかないぞ。

フライトはユナイテッド、サン・フランシスコ経由でラス・ベガスへ向かいます。
久々、ユナイテッドというか、アメリカ自体、すっかりご無沙汰になっております。
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-10-13 ミネアポリス&デンバー取材行

ご無沙汰ゆえ、ESTAも切れているので取り直しです。

IMG_2000.jpg

世界的にももっとも成長を遂げているプロ・スポーツ・リーグのNFLなのですが、
未だ日本ではマイナー・スポーツ、
こんなに成長を続けるプロ・リーグはなく、
こんなにTV向きで観戦に向いたスポーツは他にないんですけどね。
こと日本においては「日本人選手」がいないとまったくといっていいほどメディア露出がありません。

かつて夏のトレーニング・キャンプ取材でヘッドコーチに尋ねたことがあります、
「ニホンジン選手はフィジカル的に活躍できますか」と。

「スピード、タフネスなどアメリカの選手と変わりはない。
 プレーの理解力も高く、チャンスはいくらでもある」との答えが。

「ただし彼らは英語力に問題を抱えている。
 プロでは『おれを使え』ぐらいの意欲と会話力がないと生きていけない」

ニホンジン記者(わたしね)の問いかけですから、多少の社交辞令はあるかもしれませんが、
同じスピード、同じ能力の選手がいたとすると最後はそういうことになるようで。

野球やサッカーは会話も要らないですからね、
コミュケーション・スポーツのフットボールは日本人選手にはなかなか難しいようで。

IMG_2084.jpg

先のブログの通り、21~28日でソウル&プサンの旅が入っておりましたが、
こいつはLCCの安チケットなので、日程をズラすことも縮めることもできず、そのまま敢行。

28日の夜に帰国し、29、30、1日と過ごしただけでふたたび成田へ、と相成っております。

久々の長旅、果たしてどうなることやら。



追記;
みなさんご承知の通り、現地では痛ましい事件が起きました。
kちらはがっつりフライトだったので、現地に着くまで状況がわからない状態。
ラス・ベガスではレンタカー・ピックだけで、そのあと4時間の長距離ドライブに入ってしまったので、
宿に入って、日本からのメールで知ることに。

この事件も大変なことですが、
入国後の乗り継ぎ、フライト・ディレイによる深夜のチェックインなど、
当人には上記事件にも負けない災難がタップリ降りかかります。

災難詳細、危機回避法は後日、ブログで記していきますね。

追記2;
痛ましい事件がありましたが、ラス・ベガスは至って平常。
反面、セキュリティ・チェックなどがキビシくなっているので通常よりも安全な状態です。
それでも日本の方をあまり見かけないので、お得意の「自粛」でしょうか。
街はいたって平常、過度な対応を見せるのはおそらく日本人だけかと。




Booking.comで¥2,000の特典がもらえる!
Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★
ポチっと≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
読み終わったら≪海外旅行ランキング≫をチェック!★
blogramランキング参加中!

WK2 足らくらく フットレスト 足置き むくみ防止 GRAY 大きいサイズ

米アマゾン人気 ネックピロー 機内でラクチン インフレータブルクッション

ドクターショール フライトソックス M 男女兼用 足のむくみやムレ防止

Dream Therapy エアーネックピロー 洗えるカバー アイマスク 収納ポーチ付

SUREFIRE(シュアファイア) イヤーマフ ソニックデフェンダー プラス


nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

かえります! from Seoul [South Korea(Seoul)]

IMG_1671.JPG

水曜のソウルです、いつものようにノベノベしておりますが、明日はもう帰国日。

週末釜山、ということで釜山に滞在、
滞在中は友人にクルマでアッチコッチ連れ回してもらいました。
いつものことですがナニ観光するでもなく、ナニ買うでもなく、アッチを覗き、コッチを眺めの日々。
友人が仕事に行った月曜は自力で知らない通りをブラブラ、見知らぬ路地をウロウロ。

一番の幸いは一人メシでないことですね、友人がいるので救われてます。
「毎月ソウル」で定宿に停泊していたのは、
スタッフなり、ほかの客なり、ご飯相手が誰かいたから、というのがありますね。
旅先のご飯はなにを食べても興味が募りますが、一人メシはやっぱりいただけない、食事だけに。
美味しくても不味くても共有する相手がいないとね、精神衛生によろしくない、早死方面まっしぐら。

よく「韓国って、一人で行ってダイジョウブ?」なんて聞かれますが、
韓国は「おひとり様」ご飯をしやすい国、『キムパプ・チョング』さえ見つければ24時間飢えませんぜ。
ただし観光客に人気の鍋やら焼肉やらは攻めづらいのが実情、
これらは基本、二人前からの注文なので、一人客は断られちゃうんですね、
焼肉に限っていえば日本と異なり、「ご飯もの」でなく「酒のアテ」的存在なので、
二人前頼んだとしても呑みの売り上げが上がずイヤがられちゃう、日本人旅行者はご承知おきを。

久々、「チキン」&「ピザ」で手を汚し、「コノシロの刺身」の翌日には「チュクミとコプチャン」の鍋、
「テジ・クッパプ」はうまい店を狙い撃ち、ブサン、チンチャ・マシソの日々。

IMG_1954.JPG

火曜日朝、出勤の友人より早く宿を発ち、金海空港へ。

8:35のフライトに合わせても『ソミョン』の隣駅『ポムネコル』を7:00に出れば充分。
地下鉄2本とライトレールを乗り継ぎ、キッチリ7:30、空港に着いちゃう。
釜山の空港アクセス、マシソ、あ、意味違うな。

あいにく国内線は使えるラウンジはナシ、だたし出発のゲート前は無料Wi-Fiビシバシ、
韓国に限らず、他の国を訪れると日本の公共Wi-Fiの貧弱さを思い返しますなあ。
もはや無料Wi-Fiは公衆トイレと同じレベル、無料で快適なスピード、電源もあり。
東京オリンピックを前にそのあたりどうにかしないと意味ナイヨ~。

朝一の便だったので、出張族が多いのか、イースターの機内は満席、
55分かかるフライトは5分遅れて金浦空港へ。
この時間にホテルに向かってもチェックインができないので、
コーヒーを買い、到着ロビーでWi-Fi(ここでももちろん無料)繋ぎ、しばしメール・チェック。

その後、5号線沿いに絞って探し当てた安宿に向かうと、道行きに迷いもせず、12時前に着いちゃった。
荷物預けて出かけようか、と思っていたら、「少し待っていたら部屋入れますよ~」とのお声がけ。
無料のアーリー・チェックインに感謝、オフ・シーズンはこんな風に旅がラクに進みます。

滞在駅は『ヤンピョン(楊坪)』、京義中央線の楊平駅とハングル表記が同じなんですね。
今回は『ハプチョン』に『ヤンピョン』とヤヤコシ地名滞在@ソウル。

Booking.comで¥2,000の特典がもらえる!



「2人部屋ドミトリー」という変わった安宿を掘り当てたので、そこにトライ、ホテル名は『Hotel Joker II』。
韓国でよくあるパターンで、ホテルサイドが空き部屋利用の一環として、
一人客用にツインやトリプルを「ドミ扱い」にして売り出しているやつですね、日本語的には「相部屋」。

部屋を空けるとガッツリ普通のツインルーム、ただし先客はナシ、その後も誰も来ることなく、
1800円という価格で初日はツインの部屋を占有完了、ラッキーでした。
これもオフ・シーズンの恩恵ですね、チンチャ・マシソ、あ、使い方違うな。

でもこの部屋、スーツケース広げるようなスペースもないので、
隣に他人が居るとなると距離感としては普通のドミトリー・ベッドよりツライものがあるぞ。
ひとまず占有しているけど出かけて戻ってきたら誰かいるかもしれない、という状態が続くのですね。

「近所にスーパーある?」と到着時の儀式でいつものように尋ねると、

「駅の反対側、10分ぐらい歩いたところに『ロッテマート』が」とのお答え。

あらあ、こんなところにもと思いつつ、荷物を置いたあと、駅の反対側へ向かうと、
バカデカイショッピング・モールがご登場、『urban 4 rest』と名乗ってる。
http://koreafntimes.blogspot.jp/2017/04/lotte-mart-opens-seoul-yangpyeong.html
1階にはオシャレなフード・エリア、地下に巨大スーパーが展開、垂れ幕からするとオープンしたばかり。

IMG_1680.JPG

12時までやっていることが分かったので帰国前日となった今日の夜、宿への帰りしな、
閉店間際に飛び込んで、明日の朝飯と友人への土産など買い漁ってきましたぜ。
ポツリポツリと小雨が落ちるなか、ぶらぶらと宿に帰着し、「毎月ソウル」もエンディング。

街歩きのあと、旅のラストにも出向けるので韓国のスーパーはチンチャ・マシソ、これも使い方違うな。
明日のフライトは15時なので、チェックアウト・タイムまでのんびりするかな。

なーんて、部屋に帰ったら誰かいたりして、なにせ「ドミ」滞在ですからね。


[Hotel Joker II]をagodaで検索! レビューもあります!

話題の商品がお得に試せる【サンプル百貨店】
Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★
ポチっと≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
読み終わったら≪海外旅行ランキング≫をチェック!★
blogramランキング参加中!
出発前の空港、みなさんはナニして過ごしていますか?
免税店をウロウロ? カフェでセカセカ? 搭乗ゲートでイライラ?
「格安航空券」だろうが「LCC」だろうが、
各空港のある『ビジネスクラス・ラウンジ』でゆっくりビールやワインなんていかが?
【プライオリティ・パス】があればそれが可能、情報詳細は↓コチラをご覧ください。
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2010-03-17

「カードの年会費10,800円は高い!」と思うかもしれませんが、
『ビジネスクラス・ラウンジ』の利用料は1回US$30ほど。
1度の海外旅行で日本出発時に1回、帰国時の空港で1回、往復2回ラウンジを使えるわけですから、
年間2度、海外旅行に出るとすでにモトは取れてしまいます。
空港によっては国内線でもラウンジ利用可能ですから、帰省時や国内旅行でも便利!

そのほかに「トラベルコース」を選べば、年2回の『手荷物宅配サービス』が付帯しますので、
単純計算で1,500円前後x2回分が浮いちゃいます。
国内も海外も旅行にこの1枚 さらに今なら入会時にポイントプレゼント、
初年度はこれだけでも会費を補えるので、試しに使ってみるのもアリです。
カードには最高5,000万円の『海外旅行傷害保険』&『国内旅行傷害保険』が付帯するので、
不安が多い海外旅行でも安心ですね。

実際に利用した各都市空港ラウンジの報告記はこちらのリンクから!
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-05-23 バンコク・スワンナプーム(BKK)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-08-16 マニラ・ニノイ・アキノ(MNL)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-08-20 シンガポール・チャンギ(SIN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2014-05-06 ソウル・インチョン(ICN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2015-09-29 アブダビ・インターナショナル(AUH)
http://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2016-07-21 香港・チェクラップコク(HKG)





nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | -