So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

Europa Bus Centre @Belfst [Northern Ireland]

IMG_3555.jpg

―DAY4― 9月30日

10時のバスに合わせ、ホステルをチェックアウトした。

今朝も宿の朝食をガッツリ、淹れたてコーヒーをタップリ楽しんだ。
快適からはほど遠いホステルだったが、朝食とコーヒーだけは評価に値する、
とはいえ、ダブリンに戻って来たとしてもこの宿に泊まる気はさらさら失せているのだが。

宿のすぐ前を走る『O'Connell Street(オコンネル・ストリート)』の広い通りに出て、バス停を探した。
ダブリンのメイン・ストリートだけあり、エアポート・バスや市バス、長距離バスの停留所が連なっていて、
目的のベルファスト行きの停留所は皆目どれだかわからない。
バスの時間も迫っているのでウロウロと探し回るのはあまり賢いとは思えず、地元の誰かに尋ねることにした。

IMG_3591.jpg

昨日は日が沈んでも歩き続け、スーパーやデリを物色したが宵闇とともに覆い被さってきた睡魔に足を捉われ、
夕食のメニューよりもベッドを選択してしまった、食欲軍よりも睡魔の支配勢力が勝利した形だ。

前日のイビキの主はチェックアウトしていなかったようで、その睡魔の呪縛も深夜にあっさり解かれてしまう。
前夜同様、ドミトリーのあちこちからフラストレーションの表現である寝返りの音を聞きながらの寝床に。
結局、南回りヨーロッパ入りの寝不足問題はこの宿で完全解消することなく、2回目の朝を迎えていた。

「ベルファスト行きのバス停はドコですか?」キオスク売店の男性店員に尋ねた。

「ああ、ちょっと先にあるよ、ポスト・オフィスの先だよ」

「ありがとう」

すると髭面の彼の口から「どういたしまして」というキレイで正しいイントネーションの日本語が返ってきた。

「え、キレイな日本語! どうして?」

「前に日本に留学していたことがあるんだ。久しぶりに日本語を聞いたし、口にしたよ」

「へえ、それは奇遇だね、ありがとう」

「どういたしまして」

彼の日本語を背にバス停へ向かうとそこには誰もおらず、10分早い時刻だったが、少しばかり不安になった。
目の前の大通りはひどく渋滞していて、その中をさまざまな色合いのバスが客を降ろしては乗せ、去って行く。
バスの前面のLED表示板は「Airport」と書かれているものばかりで、
「Belfast」と表示したバスは一向に現れなかった。

IMG_3603.jpg

10時を10分以上過ぎた頃、同じように不安そうにバスを探している夫婦に話しかけられた。

「ベルファスト行きはここでいいのかな?」

「だと思います。10時前からいるけどやり過ごしてないし、別のドライバーもここだ、っていってたし」

アメリカ人の夫婦だろうか、バカデカイキャスターバッグをそれぞれ2つずつ引っ張っていた。
なんでアメリカ人かって? テンガロン・ハットを被っている旅行者なんてテキサス人しかいないでしょ?

IMG_3851.jpg

そんな会話の中、10:30過ぎに「Belfast」の表示を光らせた長距離バスが当たり前のようにやって来た。

「これはベルファスト行きかい?」

バゲージを積むために降りて来たドライバーにテンガロン・ハットの彼がそう尋ねると、
ドライバーは無言で首を傾け、乗り込むように合図だけするとトランクの荷物を扱いはじめた。
それを素振りを見て、夫婦とともに苦笑い、どうやらバスは市内の渋滞でガッツリ遅れていたようだった。

ダブリン空港でホトンドの客を降ろし、車内はガラ空きになった。
どうやらイビキをかくヤツはいないようで、ドミトリーより快適な眠りに包まれていった。

IMG_3615.jpg

12:45、バスはベルファストの『Europa Bus Centre(ヨーロッパ・バス・センター)』に到着した。
http://www.translink.co.uk/europa/ 公式サイト (写真4)

おんたいむブログで記したが、ここは同じ島にありながら別の国、英国領の「北アイルランド」でござい。
「県境」レベルで「国境」を越えてきたのでパスポートやらなにやらメンドウなことはなかったが、
通貨が「ユーロ」から「ポンド」に切り替わるので、着いた途端に「文無し」状態に陥いるヤヤコシイことに。
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2015-10-02 おんたいむ@ベルファスト

今回、アイルランドにしろ北アイルランドにしろ、街は観光地化されておらず、なにしろ安宿探しに苦労した。
いわゆるエコノミー・ホテル、日本でいうところのビジネスホテル・クラスの手軽な宿が少なく、検索の結果、
街の南側にある『The Queen's University Belfast(クイーンズ大学ベルファスト)』のそばに
なんとか安めのホステルを掘り当てて、そこを予約しておいた。

バス・ターミナルから地下鉄で2つ先が大学の最寄りの『Botanic(ボタニック)』駅だったが、
降りても結局、歩くことになるので、初めから歩いてしまうことにした。
まだ午後の日の高い時刻だったので街の雰囲気を掴みつつ歩いてみたいということと、
カードでチケット購入できるだろうが、手持ちのポンドがないことも地下鉄を敬遠した理由のひとつだった。

IMG_3624.jpg

『ヨーロッパ・バス・センター』から南方面へ向かって歩くと古くてバカデカイ煉瓦造りの建物が見えてきた。

広場では若い学生がビラ配りしながらマイクで声高に叫んでいる。
据えつけられたスピーカーからはアナウンスとともに陽気な音楽が流れ、浮足立った人たちを集めていた。
色とりどりの風船とハデな垂れ幕が重厚な建物の雰囲気にまったくそぐわないのが可笑しかった。

なにかの即売会だろうか、あるいはケイタイかカードの勧誘か、はたまたプロモーション・イベントか。
あどけない顔のティーンネイジャーや制服姿の女子学生が小さな群れで歩き、
高校生に毛が生えたような彼らを見つけてはコジャレた大学生が声をかけている。
ああ、9月だから新入生の歓迎イベントか、ホトンドの国々では新学年は9月からはじまるものね。

IMG_4030.jpg

そんな騒ぎを遠めに大学の建物の裏手に回ると住宅が立ち並ぶ中からすぐにホステルを見つけることができた。

立ち並ぶアパートメントと同じ外観の玄関で呼び鈴を押すとここでも大学生のような男性が顔を出した。

「ようこそ~、どうぞ中へ」

リビングは先客でごった返していた、そこに割って入るのはさながら新入生の気分だ。
幸いそちらではなく向かいの小さな事務部屋でチェックインをすることに。

「カード使えるかな? キャッシュがユーロしかないんだ」

「問題ないですよ、もし両替が必要なら街の中心に行けばできますよ」

IMG_3999.jpg

ネットでブッキングした予約番号を伝え、2泊分の代金19,36ポンド(=4,016円)を決済した。

チェックインの儀礼がはじまる、各種設備や使用時間の説明を受け、Wi-Fiのパスワードを教えてもらうと、
市内地図をもらい、そこに近所のスーパーや両替所などをマークしてもらった。
後半部分は旅先で欠かすことのできない大事な儀式だ。
2階に上がり、ドミトリーのベッドとロッカーを確認するとカメラバッグだけ担ぎ、すぐに下に降りた。

この間にもいろいろなことが起きていた、それでもまずは両替が急務、このままだと金欠で飢え死してしまう。


「Lagan Backpackers」はこの場所↓ ★こちらに宿のレビューあります

るるぶトラベル10周年記念!大感謝祭タイムセール 今すぐ使える最大50,000円割引クーポン配布中
FC2 Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★

[オールインワン] 襟つぶれ・シワ防止 ネクタイ ワイシャツ 収納ケース

バスルームポーチ マジックテープ フック付き 収納バッグ 小物整理

バッグインバッグ トラベル ポーチ 6点 セット 【各種カラー】

BAGSMART トラベルポーチ 化粧ポーチ 吊り下げ バスルームポーチ

【Dolce Mart】ドコにでも吊るせるトラベル バッグ 小物整理 (ブラック)


St. Stephen's Green @Dublin [Ireland]

IMG_3585.jpg

ステンドグラスの輝きに別れを告げ、ニギヤカな『Grafton Street(グラフトン・ストリート)』に戻った。

広い石畳の舗道が伸びるこの通りにはブティックやブランド・ショップが軒を連ね、
その店先の広いスペースでは「バスカーズ」と呼ばれるミュージシャンや大道芸人が点在している。
あるいは弾き語り、あるいはジャグリング、あるいは不動のパフォーマー・・・、
平日昼間というのに2~3軒に一人ぐらいの割合で陣取っており、道行く人を楽しませてくれる。

観光名所にありがちなガツガツした感じはなく、
場所があるからパフォーマンスしている、好きだからプレイしている、というのどかな感じだ。
チップをせがんだり、なにかを売りつけてきたりと険悪なムードはなく、まったくもって穏やかな雰囲気。

IMG_3516.jpg

心地よい生演奏が流れるなか、石畳を南に戻り、『St. Stephen's Green(セントスティーブンス・グリーン)』へ。

公園の入口では観光馬車が出迎えてくれた、
もっとも彼らが出迎えているのは裕福な観光客か熱を上げたカップルだろうが。
その向こうにはトラムの始発駅がある、今回の街歩きではどちらも乗る機会がなさそうだ。(写真3)

「グリーン」と冠するだけあり、緑の濃い公園というより森を整備したような緑の深さが広がっていた。

IMG_3510.jpg

園内を巡る舗装路ではジョギングしている人が多く行き交っている。
陽射しの心地よい芝生では昼寝しているビジネスマンがいて、
その向こうでは小さな子供がサッカーの真似事をしていた。
どこかの国みたいに「芝生に立ち入るべからず」なんてカンバンがあるはずもなく、
公園での「ボール遊び」も禁じられているわけがなかった。

火曜日の昼食前の時間だというのに公園には人影が濃い。
その姿は年配者や家族連ればかりでなく、学生やスーツ姿などバラエティに富んでいる。
休みたいときに休み、働きたいときに働くのがヨーロッパのスタイルなのだ。

芝生で転寝したい誘惑をなんとか振り切り、公園を後にし、また歩き出した。

IMG_3512.jpg

『グラフトン・ストリート』周辺にはギャラリーも多く、気になると店内に歩みを進め、写真や絵画を眺めた。
続いて『国立考古学・歴史博物館』、『国立自然史博物館』をくまなく見学して歩く、
なにせ「国立」にも関わらず入場無料なのだ、あまりすることない「見学」をし「学習」するのも悪くはない。

隣接する『アイルランド国立美術館』まで辿り着き、ざっくりとひと回りした後、
美術館併設のカフェテリアでコーヒーを頼み、腰を下ろすことにした。
さすがに歩き疲れ、足を休ませたくもあったが、それ以上にちょっとした出会いに驚かされ、落ち着きたかったのだ。

「こっち、今片付けるわね」

ぼんやりと空いている席を探しているとテーブルを片付けているウェイトレスにそう声をかけられた。

IMG_3570.jpg

カフェテリアは吹き抜けが高く、天窓からは外の明るい陽光が差し込んでいた。(写真7)
黴臭く辛気臭くもあった「博物館」ではお勉強の時間だったが、ここはただただ感激のひと時、
絵画のコーナーで唐突に「モネ」や「ピカソ」、「フェルメール」に出会い、
予想していなかった驚きで少しばかり頭の奥が痺れたようになっていた。

ある作品を目指し、美術館に足を運び、その出会いの感激に浸ることもあるが、
「いいなあ、この作品」という感じで眺めていて、作品名を確かめるとかの有名な作家でビックリ、
というのはまことにショックがデカイというか、カウンターパンチを食らったようになる。
下準備なく、いい作品に出会ってしまったことで大いに驚かされていた。
まったくヨーロッパってやつは気が抜けない、しかもここも入場無料だぜ。

IMG_3579.jpg

熱いマグを両手で握りしめ、少しばかり呆けていた、ただたんに歩き過ぎでボーっとしただけかもしれないが。

我がバックパッキング・ヒストリーの基点ともいえる「アメリカ一ヶ月間放浪」でシカゴに寄ったのは、
シカゴ美術館でジョルジュ・スーラの『グランド・ジャット島の日曜日の午後』が観たいがためだったなあ。
かつては「ツアー・コンダクター」という仕事に就いていたので、
世界中の美術館で名高い作品のホトンドを眼にすることができたのは本当にシアワセ。
パリの『オランジェリー』やマドリッドの『ソフィア』などツアーの中に繰り込まれてない美術館には、
帰国前の自由時間などにお客さんを連れ、地下鉄に乗って訪れる、なんてこともしていたなあ。

ああ、それにしても美術ファンでもなく、絵画や印象派に傾倒しているわけでもないので、
その筋のファンからすると怒られるかもしれない経験をしているのだなあ、ごめんネごめんネエ。

IMG_3594.jpg

カフェインが脳に刺激を与えたのか、そんな回想から自分を取り戻すと腹が減っていることに気づいた。

向こうのテーブルでビジネス・レディが大ぶりのサラダを食べている、ああ、ランチ食べてないや。
旅先でよくやるのだが、知らない街の知らない通りを歩き続けているとその楽しさで、
「三大欲求」は彼方に吹き飛んでしまい、性欲、睡眠欲はmちろん、食べることすら忘れてしまう。
以前も記したが「ロジウラン」や「マチアルキン」といったインチキ脳内物質が溢れ出すと止まらなくなり、
「ウォークマン」あるいは「ウォーキング・デッド」にでもなっているのかもしれない。

朝、宿を出て以来、5時間近く歩き続けていて、とうにランチタイムは過ぎていた。
カフェテリアに腰を下ろしたことで、「ウォーキング・デッド」状態から抜け出せたようだ。
食べ物が並ぶレーンに戻り、トレイを手に取り、大きなサイズの自家製サンドウィッチを乗せ、レジで尋ねた。

「コーヒー、もう一杯もらえる?」

「勝手に注いでかまわないよ。おかわりはご自由に」

「ありがとう」

マグに熱いコーヒーを注ぎ直し、今度はミルクをたっぷり入れ、席に戻った。

ここダブリンではランチは6~8ユーロ、コーヒーは3~5ユーロ、城や教会の入場料は6ユーロ前後なので、
2015年9月の時点での1ユーロ=139円計算だと物価高の印象は否めない。
テイクアウトの安いコーヒーでも3ユーロ、つまりは400円を超える計算。
1ユーロ=100円ぐらいで換算しておくと物価的にも合点がいく、という感じだ。

IMG_3598.jpg

エネルギーとカフェインの充填を終え、ふたたび美術館を歩き、気に入った作品をもう一度観たあと、外に出て、
お隣の『Trinity College(トリニティ・カレッジ)』のキャンパスを歩いた。(写真8)

少しばかり日が傾き、気温が下がって来ただろうか、それでもダブリンの一日はまだ終わらない。


St. Stephen's Green


blogramランキング参加中!
blogramによるブログ分析

St. Patrick's Cathedral @Dublin [Ireland]

IMG_3521.jpg

『ダブリン城』から南に下り、『St. Patrick's Cathedral(聖パトリック大聖堂)』を目指した。

ダブリンの歴史的建造物は『リフィ川』の南岸に集まっているようで、歩いて回るには都合がよかった。
目に留まる建物の方角を目指し、適当に路地を抜けては時折、宿でもらった地図を広げ、
その建物がナニなのかを照らし合わせると、地図をポケットに押し込み、また歩き続けた。

IMG_3509.jpg

ヨーロッパではどんな小さな町を歩いてもかならず教会と出会うことになる。

有名、無名に関わらず、出会った教会には立ち寄り、足を踏み入れることにしている。
地図にない小さな教会でも色鮮やかなフレスコを抱えている場合もあれば、
眩いばかりのステンド・グラスが煌めいていることもあったりするからだ。

もちろんピカピカ新築の若い教会に肩透かしを食らったり、朽ちてなにもない暗いだけの老教会の場合もある。
極稀に「信者以外お断り」という感じで追い払われることもあったりするが、
大概の場合、扉は開かれていて、異国のアヤシイ旅人でもおかまいなしに入れてくれるところがほとんどだ。

IMG_3527.jpg

生憎、信心深さは欠片ほども持ち合わせていないのだが、静寂に包まれた礼拝堂は嫌いじゃない。

祈りを捧げる信者の傍らにお邪魔し、静寂の時間に包まれていると一人旅で逆立った神経が和らいでいく。
祈る神がいなくても、なにかに祈ってみるのは悪いことじゃないだろう。

IMG_3539.jpg

今回も気を惹かれたのは有名どころの『聖パトリック大聖堂』ではなく、通りすがりの街なかの教会だった。

中に進むと礼拝堂では信者が3人ほど祈りを捧げていた。
左右にはステンド・グラスが昼の光を浴びて鮮やかな色を放っている。
買い物カゴ片手に入口付近で十字だけ切って去っていく信者もいる。
カメラバッグを置き、静かに会衆席に腰を下ろし、席を照らすステンド・グラスにしばらく見とれた。

知らない国の知らない街の知らない教会、旅先ではこんな風に時間が過ぎていく。

IMG_3519.jpg

IMG_3526.jpg

IMG_3529.jpg

IMG_3523.jpg

IMG_3520.jpg

IMG_3518.jpg


ポチっと≪海外旅行ランキング≫をチェック!★





前の3件 | -