So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

Dublin Airport @Dublin -完- [Northern Ireland (UK)]

IMG_4037.jpg

―DAY10&11― 10月6・7日

いつものように気づけば帰国日だ。

ダブリン発の9:05のフライトに合わせ、
チェックアウトは前日に済ませ、まだ寝入っているホステルを後にし、夜明け前のバス・ターミナルへ。
ベルファストの『ヨーロッパ・バスターミナル』から空港リムジンに乗り込んだ。

IMG_4035.jpg
実はこの2つの街はバスで1時間半ほどの距離、
ダブリンからベルファストへやってくる際、バスが空港に立ち寄ることがわかっていた。

出発空港はあくまで『ダブリン国際空港』、
しかしダブリンのドミトリーが酷かったことやほかにいい宿を見出せなかったこと、
通貨をユーロに戻さなければならないこと、などを考え合わせると
(ベルファストは北アイルランド=英連邦の一部なので使用通貨は「ポンド」)
北の町々を巡った後、ダブリンに戻る気分にならず、ベルファストから発とうと決めていた。

IMG_4031.jpg

さすがにヘンな時間帯なのでバスはガラ空きだった。
寝過ごすと空港を過ぎ、ダブリンの街まで連れ去られてしまうので、少しばかり緊張して座っていた。

昨日は市庁舎「見学ツアー」の後、空港行きのバス・チケットを買い求め、
残ったポンドを使うべく、デリカテッセンで「チキンマサラ」と「マッシュルーム」を買い求め、
宿での夕食メニューに定めた。
さらに残ったコインは小さなバゲットが10個入った袋(50ペンス!)と、
朝飯代わりにするシリアルバーでキレイに使い切ってみせた。

気持ちよくポンドがなくなったのはいいが、帰国前夜にすでに文無しが確定だ。

IMG_4219.jpg

キッチンでカンタンな調理をし、ダイニングで夕食をパクついているといきなり話しかけられた。

「コリアかい?」

「いや、違うよ、ジャパニーズだ」

「ごめん、日本人はあまり見かけないから、この辺りに多い韓国人かと思ったんだ」

酔っぱらっているかのようにやたらとテンションの高い男はチェコ人だと自己紹介しながらそう謝った。
休暇でロンドンからやってきたばかりで気分が盛り上がっているらしい。

IMG_4160.jpg

日本人とわかるとあれやこれや、もはや恒例化しつつある「マンガ」関連の質問攻めにあった。

ユーロ・エリアでも「マンガ」は当たり前のメディアになっていて、書店の一角をキッチリ占めている。
モチロン吹き出しは現地の言葉に翻訳されて。
そんな環境なのでこちらが日本人とわかると「ドラゴンボール」「ナルト」「スラムダンク」など、
ひたすら掘り下げられることになる。
どういうわけかジャンプ系のネタが強いのが特徴だ。

テンションが高くメンドくさい彼の話をうまくあしらいながら、アイルランド戦がはじまるリビングへ。

ここ数日、一緒にTV観戦している馴染みの顔がそれぞれの場所を陣取り、プレイに魅入った。
好プレイで湧き、惜しいプレイで嘆息する、スポーツばかりはファンと一緒に観るのがもっとも楽しい。
そんな風にアイルランド滞在ラストの夜は更けていった。

IMG_4098.jpg

バスは一時間半かからずにダブリン空港に到着した。

明けきっていない空の下、ターミナル2のチェックイン・カウンターへ進んだ。(写真7)

注;2017年1月からエティハドはターミナル1へ移行している。
  ダブリン空港のターミナル1と2は写真右手の連絡通路で徒歩移動が可能です。
https://www.dublinairport.com/latest-news/detail/etihad-moves-to-terminal-1
(ダブリン空港公式サイト)

IMG_4221.jpg
ボーディング・パスをもらい、出国へ、審査はさらりと済んだが、X-ray検査が異常にキビシイ。
ベルトを外し、靴を脱ぎ、カバンもすべて開けて見せろという、しかも一人一人チェックが厳重だ。
いろいろな国で手荷物検査w施されているが、ここまで厳しくチェックする国は初めてだ、
次回訪問時はあらかじめ裸になっておくといいかもしれない。
アイルランドという土地柄か、あるいは昨今のヨーロッパ諸国が過敏になっているのかも。

フライトはこんな感じ。

10月06日TUE EY042 DUB 09:05/AUH 19:50
10月06日TUE EY878 AUH 22:05/NRT 13:15+1

アブダビで2時間ほど乗り継ぎ、翌日昼に成田着、南回りは長い道のりだ。

IMG_4222.jpg

いつものように「プライオリティ・パス」を利用して、ラウンジへ。
ダブリン空港ではどちらのターミナルでも『EXECUTIVE LOUNGE』を利用可能だ。(写真8)
ターミナル2の『EXECUTIVE LOUNGE』はやや小ぶりなサイズ、朝一なので幸いにも空いていた。

ラウンジで朝食代わりのフルーツに齧りつく、こんな風にアイルランドの旅は終わった。


追記;
この後、EY042便は出発が40分遅れ、結果、アブダビの空港には55分遅れの20:45に到着。
乗継のEY878便は22:05、搭乗開始(通常30分前)まで小一時間しかなかったが、
『AL REEM LOUNGE』ラウンジでシャワー浴びて、リフレッシュ、成田へのロング・フライトに備えた。
皮肉にも成田へのEY878便は予定より30分早く到着した。



9月のアイルランド紀行

2015年9月27日~10月7日 by EY871/EY041&EY042/EY878


-完-



サプライス、燃油値下がりセールの3,000円割引クーポン配布は明日まで 
Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★
ポチっと≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
読み終わったら≪海外旅行ランキング≫をチェック!★
blogramランキング参加中!
出発前の空港、みなさんはナニして過ごしていますか?
免税店をウロウロ? カフェでセカセカ? 搭乗ゲートでイライラ?
「格安航空券」だろうが「LCC」だろうがおかまいなしに、
空港の『ビジネスクラス・ラウンジ』でゆっくりビールやワインなんていかが?
【プライオリティ・パス】があればそれが可能、情報詳細は↓コチラをご覧ください。
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2010-03-17

「カードの年会費10,800円は高いよお!」と思うかもしれません。
ですが、有料の『ビジネス系ラウンジ』の利用料は1回US$30前後、
日本出発時に1回、帰国時の空港で1回、往復2回ラウンジを使えるわけですから、
年間2度(=4回)、海外旅行に出るとすでにモトは取れてしまいます。
空港によっては国内線でもラウンジ利用可能ですから、帰省時や国内旅行にも便利!

そのほかに「トラベルコース」を選べば、年2回の『手荷物宅配サービス』が付帯しますので、
単純計算で1,500円前後x2回分が浮くことになりますよ~!
国内も海外も旅行にこの1枚 さらに今なら入会時に「楽天ポイント」のプレゼントもあり、
初年度はこれだけでも会費を補えるので、試しに使ってみるのもアリです。
カードには最高5,000万円の『海外旅行傷害保険』&『国内旅行傷害保険』が付帯するので、
不安が多い海外旅行でも安心ですね。

実際に利用した各都市空港ラウンジの報告記はこちらのリンクから!
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-05-23 バンコク・スワンナプーム(BKK)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-08-16 マニラ・ニノイ・アキノ(MNL)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-08-20 シンガポール・チャンギ(SIN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-10-13 ヒューストン・インターコンチネンタル(IAH)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2013-11-09 デンバー・インターナショナル(DEN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2014-05-06 ソウル・インチョン(ICN)
http://delfin2.blog.so-net.ne.jp/2015-09-29 アブダビ・インターナショナル(AUH)
http://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2016-07-21 香港・チェクラップコク(HKG)

WK2 足らくらく フットレスト 足置き むくみ防止 大きいサイズ

アマゾン人気 ネックピロー 機内でラクチン インフレータブルクッション

ドクターショール フライトソックス M 男女兼用 足のむくみやムレ防止

Dream Therapy エアーネックピロー カバー アイマスク 収納ポーチ付

SUREFIRE(シュアファイア) イヤーマフ ソニックデフェンダー プラス




nice!(74)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

City Hall Tour @Belfast [Northern Ireland (UK)]

IMG_4189.jpg

おそらく「見学ツアー」に参加した人たちのほとんどがマッサージ・サロンに駆け込んだかもしれない。

ベルファスト市庁舎の内部では最初から最後までこちらを圧倒する状態が続いた。
美しい装飾が施された天井や柱部分を見上げ続けるため、首は60度の角度で固定されたまま、
欧米人には少ないはずの肩凝りを訴える人が続出していた。
感心が増すばかりの説明を聞き続けるため、顎は無重力状態でひどく負担がかかったまま、
ホトンドの人が涎を拭くのに忙しそうだった。

その例に当てはまらない人たちはシャッターを切り過ぎて親指が肥大化した、と訴え、
そんな楽しい雰囲気で「庁舎内連れ回しの刑」は40分ほどで完結した。

IMG_4097.jpg
それにしても北アイルランド、ベルファストという一都市にこんなに豪奢な市庁舎があるなんて。
嬉しい発見、ちょっとした掘り出し物、歩いているとこういう発見もあるのだ。

『ピース・ウォール』への道のりは挫かれたが、
『シティ・ホール』の予想外の驚き、思わぬ出会い、いいタイミングで上がってくれた雨に感謝した。

IMG_4132.jpg

アイルランド戦の約束を思い出し、夕食の買い出しをしながら宿への道を辿った。
宿の近くまで来たところで、地元教会から生演奏の音が漏れ聞こえてきた。(写真9)

その音に導かれるように教会内部に歩みを進めると小さなバンドがリハーサルの演奏をしていた。

「来週、地元のイベントがあるからね、それの練習さ」

片隅にいたスタッフがそう教えてくれる。
重ねて写真を頼むと「かまわないよ」と快く答えをもらった。

礼拝席に腰を下ろし、しばらく生演奏のひと時、旅先にはこんな風におもしろいことが転がっている。

IMG_4151.jpg

IMG_4147.jpg

IMG_4154.jpg

IMG_4187.jpg

IMG_4106.jpg

IMG_4014.jpg

IMG_4012.jpg


blogramランキング参加中!
blogramによるブログ分析

nice!(77)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

City Hall @Belfast [Northern Ireland (UK)]

IMG_4141.jpg

―DAY9― 10月5日

朝からどっぷりと雨が降っていて、出かける意欲をごっそりと削がれた。

もくもくと宿の朝食を摂り、こつこつと現地情報のブログを更新し、うつうつと午前の時間を過ごした。
世間的にはただでさえ憂鬱な月曜日、それを増幅させるかのように雨が降り続いている。
もっとも憂鬱な気分に陥るのは会社勤めの人のオハナシだろう、
無責任な旅人にはあまり関係のないハナシだったが、旅の足を縛られてしまっているのは確かだった。

IMG_4218.jpg
『Peace Wall(ピース・ウォール)』まで足を延ばそうかと思ったが、雨で計画をくじかれた形。

プロテスタントの「ユニオニスト」とカトリックの「ナショナリスト」の住宅街を分断している壁、
それが『ピース・ウォール』。
旧ユーゴの国(バルカン・エリア)やイスラエルなら異なる宗教同士で、
街なかに隔たりを築いていることはあるが、ここでは同じキリスト教徒が街を分け隔てている。
壁が築かれた経緯はGoogleかWikiにお任せするが、そんな場所がベルファストにはあるのだ。
しかしこの雨では身動きが取れなかった。

旅先には行かなくてはならない場所はないし、食べなくてはならないものなどない、
と記したらこの街に失礼だろうか。

IMG_4085.jpg

午後遅くになってようやく雨が上がり、ベルファストの中心地へ足を延ばすことにした。

距離があり、タクシーで向かわなくてはならない『ピース・ウォール』に向かうには時間帯が遅いため、
矛先を変え、「City Hall Tour」を目指すことに。
観光案内で教えてもらった15:00開始のツアーに間に合うといいのだけれど。

そういえばこの街は「タイタニック号」を送り出した街しても有名だ。
街のあちらこちらに「タイタニック号」にまつわるスポットがあるが、そちらには一切、気を惹かれなかった。

IMG_4109.jpg

決まった時間に無料で催されている「市庁舎見学ツアー」は特に予約を入れるわけでもなく、
正面玄関のホールに希望者がそろうと粛々と歩みを進める形ではじまる。

市職員だかボランティアだかわからないが、ガイド役の男性の後に続いて歩き、
建物の装飾や謂れなどの説明を受けながら、歴史ある市庁舎の廊下を巡っていく。

IMG_4110.jpg

実際に市議会が開かれる議場にも入れてもらえ、議員席に腰かけながら説明に耳を傾ける。
説明後のフォト・セッションでは、各々が議長のイスに腰かけ、ポーズを決めて楽しんでいた。
記念撮影にはバツグンのポジション、あるいはSNSのいいネタだ。

ちなみに一眼レフをブラ下げ、旅していると「写真頼まれ」率がとても高い。

IMG_4130.jpg

ちゃんとしたカメラをぶら下げている信頼感から頼まれるのか、
あるいは頼みやすそうな人畜無害のバカ面に見えるのか、
頼む側になったことがないのでわからないが、ツアー・コンダクター時代から記念撮影はオテノモノだ。

団体さん引き連れ歩いてた頃は、7個も8個もカメラ預かって「ハイ!ポーズ」なんてやってたっけ。

IMG_4122.jpg
記念撮影のコツは「一歩寄ること」。

バックにあれもこれも入れたくなるのが観光地の記念撮影ですが、グッと人物に寄ると雰囲気が出る。
背景のコロッセオだかマーライオンだか寺だか教会だかを全部入れようとすると、
薄味テイストの妙ちくりんな写真になっちまいますぜ。

IMG_4118.jpg

ああ、それにしても「石の国」の歴史ある建物を目の当たりにすると、
「木の国」「紙の国」の民はただただ嘆息するばかりでさーねえ。

おかしいよなあ、「紙」は「石」に勝てるはずなんだけど。


Belfast City Hall

FC2 Blog Ranking≪旅行部門≫をチェック!★




nice!(102)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | -